スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いか、痛くないか? 

昨日のことである。私は少々慌てながら歯医者さんへ向かった(携帯を置いて行ったために、時間が分からなくて困った)。マイペースな私が急いでいるのだから、それは相当差し迫った状況だと思って下さい。ああ、それなのにっ! お金を下ろそうとATM機に寄ったら、おば様方の列!! しかも、1人ひとりが長い! こんなところでタイムロスしてる場合じゃないのに――!! しかし、普段ならそんなに人気のないこの場所。何でその時に限って列まで出来る状況になっていたのやら……。神様のいじわる~。

だがしかし、何とか無事に待たされることなく治療することが出来ました。良かった良かった……って、言える状況でもなかったです。薬を換える前に歯石を取ってもらったところまでは、確かに「良かった」。でも、先生がやって来て、虫歯のある歯をコンコンと叩いて、「これ、痛い?」と聞いたところから、事態はちょっと一変。「? @%&*(いいえ)」言葉にならない言葉で伝えると、先生は、「あれっ、おかしいな~」首を傾げひと言。

――え、痛くないとおかしいんですか!?

そして、被せてあった詰め物をグイッと取って、先生はまたコンコン……。「これはどう?」「#$+¥!!」「痛いでしょ」コンコンコン……。

痛いって言ってるのに叩かないで下さいっ!! しかも、さっきよりも少し叩き方が強いです!!
先生、分かっててやってるんですか? サドですか!? 私、痛いのは嫌いなんですよっ!

実際はそんなに痛くもなかったのですが、何というか……ただでさえ、歯を叩かれるって変な感じがするのに、そこに鈍い痛みが加わると何とも言えな気持ちになるんですよ。その後には、穴にブラシを入れて何やら磨いているみたいなのですが、それもとても不思議な違和感を伴います。思い出すとぞぞぞっとするのですが、治療中は頭の中を無に近い状態にしています。

そうして治療も終わり、会計と次の予定を決める時。治療室からあの「星に願いを」が聞こえて来て、笑ってしまった。今誰か、麻酔をかけられているんだわと思うと、ちょっとおかしい。治療中の方が、「えっ!?」ってビックリしている様子を想像すると2度笑えます。

小さい頃からの行き付けであるその歯医者さんには、当然、昔ながらの馴染の方がいらっしゃいます。「元気だった?」とか、「こんなに素敵なお嬢さんになって…」とか話していましたが、「妹さんは元気?」には「私が妹です」と答えておきました。昔馴染みの方にはよく間違えられます。「ああ、そうだったっけ!? ○○ちゃんがお姉ちゃんだったっけ!」小さい頃はよくふたりで一緒に行動していましたからね。年子だし、背丈もそんなに変わらなかった姉妹でしたから、別にいいんですけれどね、妹としては。すごい生意気だったし★

――それにしても、行く度になにか起こる歯医者さんという場所。
あと何回通わなければ行けないのかな……。嫌ではないけれど、お金のことを考えると悩んでしまう私でした。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://soramoyounagi.blog59.fc2.com/tb.php/978-765cdd04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。