空模様

思いついたままをぽつぽつ綴ります。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

予定の半分!


――こんにちは、皆さん!

昨日の記事も読んでいない方もいるかもしれませんが、今日はもう記事を書いています。夜にもいつも通り何かしら書くつもりですが、今日の1本目はかなり早い時間にお知らせをお届けいたしたいと思います☆

① Happy Birthday to Me !!!!!
ついに来ちゃったよ、誕生日! さあさあ、皆さんも私と共に祝ってやって下さい♪♪
――ということで、色々やってます。

② HPを更新しました~♪
またもや(笑)模様替えをし、『gallery』にここしばらく滞っていたTOP絵等を収納いたしました。
画質が悪い、絵が気に入らない等が気になる方は見ない方が良いです。眼をやられます。

③ お話をUPしますよ~♪
先日のS・シャルルの続編です。
前回よりもさらに甘さ控えめですが、読んで下さるとうれしいです。


この自分の誕生日すらお祭にしてしまう人をどう思いますか(笑)?
まったく、損なのか得なのか分かりませんね。

今日は1週間以上も前から気にしていたよりも、良いお天気。ちょっと風は強いですが、晴れないよりはマシ。素敵な誕生日になればよいなぁ~♪ と思ってワクワク過ごしたいと思います。

――取りあえず、この幸せを皆さんにひとつ。
お話を読んでやってもいいよ! と言って下さる方は、続きをクリック!!




№34

 そのまま、その日の長かった授業を終えると、マリナは足早に目的地へと向かった。いつにもまして歩幅が大きいのは、腹が立って仕様がないからだ。ずんずんと飾り気のない長い廊下を進んで、とある部屋で足を止める。ノックした直後にもうドアを開け、中にいる人物に向かって彼女は叫んでいた。
「ちょっと聞いてよ、ロジェ!!」
 いきなり訪ねてきたにもかかわらず、ロジェはさして驚きもせずに笑顔で彼女を迎え入れた。彼の予想では、もう少し時間が経ってから来るはずだったのだが、彼女の様子を見る限り、その予想を超える何かが彼女の身に降りかかったのだろう。
「どうしたのさ。シャルルの授業はそんなに厳しかったの?」
 彼の前の席に座ると、彼女は「それもあるんだけど」と言ってテーブルを叩いた。
「今日、シャルルから確かめられそうになったわ、あたしの気持ちを!」
 カフェがカップの中で揺れて波紋を描き、転がっていたマジックが数センチ浮かび上がった。どういうことかとロジェが尋ねれば、マリナはきっと興奮しながら自分の言い分と愚痴を気がすむまで言い続けるだろう。それはとてもウンザリするようなことだったが、それでもロジェは真摯に尋ねた。
「それは一体、どういうこと?」


 ――そうして全ての話を聞き終えると、ロジェは溜息をつく代わりに感想を言った。「言えばよかったじゃないか」と。女の子の愚痴は聞くもの。意見は求めていないものがほとんどだから、聞いて上げるだけで大抵の女の子は満足する。けれど、それはマリナとシャルルとの今後に関係することだったので、ロジェはあえて彼なりの意見を述べることにした。
「確かに君の言う通り、復誦しても、その程度だったのかと言われるかもしれない。けれど、それでも言えばよかったと、オレは思うな。相手が相当嫌ってる奴でもない限り、好きだって言われてうれしくない奴なんていないだろう? それに……」
「それに、なに?」
 言いかけた言葉の先を促されたが、ロジェは「なんでもない」と言って首を振った。ひょっとしたらシャルルも言って欲しかったのではないか――という勝手な憶測は、シャルル相手にすべきではない。何より、マリナが一番混乱することになるだろう。そう思って、ロジェは話を進めた。
「とにかく、復誦せずに伝えればいいんだよ」
 訝しい顔をするマリナの耳に、ロジェは自分の案をひとつ囁いた。


 翌日、変わりのない態度で授業を終えたマリナから一通の手紙をもらったシャルルは、部屋に戻ると早速封を切った。ローズピンクの便箋には、昨日彼女に強要した言葉が大きな文字で書かれていた。その後には、追伸も付けられている。
 ――その追伸通り、確かに復誦はしていない。けれど、これでは言ったも同然ではないかと、苦笑いが漏れた。そして、問題の言葉を切り返して伝えてきたことに、忌々しさと面白さが込み上げてくる。実に愉快なラブレターだ。
 シャルルは机の一番上の引き出しを開け、その奥に手紙を置いた。引き出しを押し戻すと、手紙は闇に吸い込まれて行くように視界から消えてなくなった。






「好き」と伝わるまでにはまだ遠い。


スポンサーサイト
【 2009/07/30 】 【物語】 | TB(0) | CM(2)
こんにちは♪
 和ぎさま、お邪魔しま~すっ☆
 和ぎさまのステキな返信に導かれてやって来ました~♪(笑)、まみぃですっ!

 きゃあっ♪♪
 シャルルったら…破り捨てずにとって置くところをみると、やっぱりぃ~ふふっ♪♪
 マリナちゃんに手紙を突き返さず受け取ったことだけでも、ニンマリとしてしまいます~♪
 私もロジェと同じく、シャルルは復誦して欲しかったのだと思いまーすっ!!
 ううっ、マリナちゃんも健気で、可愛いっす!涙。
 S・シャルルらしい甘さ漂う素敵なお話をどうもありがとうございました~♪♪

 おっと、和ぎさま!!
 7/30。お誕生日、おめでとうございます~☆☆
 自らのお誕生日にS・シャルルでお祝いしてしまう和ぎさまが、私は大好きでありまーす♪♪笑
 これからも応援しておりますからネv!!
 S・シャルルも甘・シャルルも楽しみにお待ちしております☆
 そして、例の“さくらんぼ~”の続きの方も♪(←チクリッ☆笑)  By まみぃ
 
 
【 2009/07/31 】 編集
ありがとうございます~vv
こんばんは、まみぃさん。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!

ステキな返信? はて、何のことかしら……。嘘です。宣伝しました(笑)!
いやいやいや、弱みになると思って取っておいたのかもしれませんよ!? なんせ、S・シャルルだから(苦笑)。証拠になるものはきちんと残しておくと思います。
――とはいえ、これは私の勝手な推察ですけれど★

復誦して欲しかったとしても、また復誦したとしても、このシャルルはおくびにも出さないでしょうねぇ。
それどころか、本当にマリナに酷い言葉を言って去って行ってしまいそうですよ。ううっ。本当に、こちらのマリナは健気のひと言です。
今度は、図太い精神のマリナ対S・シャルルでも書こうかな……。負けるがいい、シャルル(えっ)。

7月30日、誕生日でした。お祝いの言葉、ありがとうございます~~♪♪♪
普通は、何かしらもらうものですが、私はその逆。自ら騒いで盛り上げる方が好きです(笑)。
こんな私でよろしければ、どうぞ、末長くお付き合い下さいませ☆

………え、ええっ! もちろん、「さくらんぼ~」も年内には終わらせてみせますとも!!!!
今創っているものが終わったら、即、取り掛かりたいと思います! ハイ!!

【 2009/08/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL