2009-04-28(Tue)

いい加減読書に打ち込め。

……創作、出来ませんでした。ううっ。

さて、今日は、本屋さんをはしごしていました。図書館(本屋に非ず)→ちょっと遠い本屋→比較的近い本屋。小説の発売日がもうよく分からなくなってきました。発売日を確認して買っているのに……。何故早く発売されているのか(汗)。いや、いいことなんですけれどね、発売を心待ちにしている読者的には。でも、でも、やっぱり、「何日何だよっ!?」って思ってしまうんですよ。心が狭いですな。

とはいえ、私は本を溜めている身。本を発売されたといって買っても、読むまでにはタイム・ラグが生じます。読みかけのものも合わせ、今未読状態の本が、なんと……16冊になりました。うあー…こりゃあひでぇーわ。消化しないといけませんな。GMは読書しようかな……(汗)。またシリーズを増やしてしまったし、読書読書の日を過ごさなければ!

ああ、でも、まだ小説を1冊残っているんでした。これは上の本屋さんになかったのです。品切れか!?
遠出覚悟で買い揃えなければ!!!


明日は、お馴染みのSさんと遊びのお約束。
これからの予定も聞き出しつつ、遊び倒したいと思います(おいっ)。


※ 加筆 ※

「ちょっと遠い本屋」はここ最近の私の行きつけです。文庫に立ち読み禁止的なビニールはしていないし、ビニールの袋にも入れないという点において、非常に理想的だったからです(いえ、文庫の立ち読みなんてするつもりはありません。読むの遅いですから)。他店では、文庫にカバーをしてくれても、さらにビニール袋で入れてくれるという過剰とも思える包装をしてくれるのです。もちろん、文庫にも立ち読み禁止ビニールありで。私は常々、「そんなのはいらん! もっと環境を考えろ」などと思っていたのです(一方的な暴言をお許し下さい)。

――さて、そのお馴染みの本屋さんで、「本にカバーをお付けしますか?」と聞かれました。
いつもの私なら、「はい」と答えるのですが、その時の私は何故か「いいえ」と答えてしまいました。すると、おなじみの店員さんにちょっぴり驚かれてしまいました。

………私、そこまで馴染まれていましたか………。
知らなかった。

けれど、「いいえ」と答えたことによって、もうひとつ新しいことを知ることが出来ました。それは、袋に入れられることになるにしても、それは紙袋であるということ。紙袋は良いですよ。ビニールよりかは、断然。ビニールは帰っても捨てるしかないですが、紙袋だと裏側をメモ用紙に使えます。実用的。まだまだ綺麗なビニールを捨てる心苦しさったらないですもの。ああ、やっぱり、私はちょっと遠くても、あの馴染みの本屋さんに通います。

でも、もう少し駐車場を何とかしてほしい。
自転車を止める時に車に轢かれそうになる……(冷汗)。駐輪場も確保して欲しいのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!