空模様

思いついたままをぽつぽつ綴ります。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

バトンに答えてみたけれど、これって創作。


こんにちは。美女丸創作のために、壁紙を夜の桜並木にしてみました。私の気分よ、盛り上がれぇ――――っ!!!!!!!!

只今、13行! イエーイ☆ ……え、進んでますよ。これでも。と言っても、後で修正したりするので翌日には1/4くらい消すかもしれませんけれど……。創っている合間に色々調べていましたので、あまり進んでないように見えます。普通はきっと、『調べる→ストーリー創り→創作』となるのですが、私は時間がないとほぼ同時進行という強行に出ます。

今回調べたのは、山梨県の花見、オレンジデー、オレンジ(花言葉等)について、です。その前は、「嫁に来ないか」(歌:新沼謙治 作詞:安久悠)の歌詞と動画を探していました。

私は自分で調べたことでもほとんど無に返すお話を創ってしまうので、あまり参考になりませんが、UPするまで上記の単語で想像を膨らませてお待ち下さいませ。



   ☆★☆ 100000hit ありがとうございます ☆★☆

踏んで下さった方は、どうぞ遠慮なくリクエストして下さい!!
申し出ないようであれば、99999番の方、もしくは100001番の方にリクエスト権を移してしまいます★
お早めに挙手をどうぞ……。





では、創作風になってしまったバトンを覗いてみたい方は続きをクリックして下さい♪


短文作りバトン

Q1 愛
A1 他人を「愛」することなんて、もう二度と出来ないと思っていた。
Q2 夢
A2 それははかなく消えて行ってしまう「夢」のよう。
Q3 道端
A3 「道端」にポイッと捨てられた紙屑のような軽さしかない。
Q4 一人
A4 けれど、ある日、隣に立っている「一人」の人物に気付いたのだ。
Q5 猫
A5 彼女は「猫」のように気紛れで、コロコロとよく表情を変える。
Q6 疑
A6 そのくせ人を「疑」うとことはない。いつも、後ろから付いて来ていた。
Q7 消
A7 それすらも軽く見ていると、彼女は突然姿を「消」してしまった。
Q8 発見
A8 何かあったのではないかとすぐに引き返して探していると、……ああ、ようやく「発見」した。
Q9 音
A9 抱きしめると、彼女の心臓がドクンドクンと「音」を立てている。
Q10 温度
A10 触れている個所から「温度」が伝わってくる。
Q11 風邪
A11 その温度があまりにも高いから、「風邪」でも引いたのではないかと尋ねると、
Q12 僕
A12 彼女はペシリと「僕」の頬を叩いた。
Q13 君
A13 そんなに強く抱きしめられれば誰だって高くなるのだと、「君」は顔を赤くして言うけれど、
Q14 恋
A14 僕にはそれが「恋」をしているからだと、言っているように聞こえた。
Q15 別
A15 愛と恋は「別」物だけれど、恋の延長線上に愛が見える。君の向こうに、愛が見える。


誰をイメージしたか分かった方、この回答をお持ち帰りして下さい(え)。

短文作りだって言ってんのに、こんなお話創ってしまって、申し訳ありません……。
でも、楽しかったです。ちょっと苦戦したところもありますが、楽しかった楽しかった。うん。

スポンサーサイト
【 2009/04/16 】 バトン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL