久しぶりにやってみました!

久しぶりに、自分の恋愛頭脳はどんなものなのかと、やってみました!
ちょっと長いので、覚悟してご覧下さいませ~。一番下の方には、私との相性もチェックできるというURLを載せますので、試してみたい方はどうぞ!!




恋愛観分析結果  総合判断:最適 恋愛観レベル:聖人(14段階中2番目)

………幾度かやったことがありますが、「聖人」が出たのは初めてです……っ!! もう、逆に弱腰になってしまいます。超小心者ですから!

総合コメント 和ぎさんの恋愛観は、それはもう絶妙なバランス感覚を保っています。和ぎさんはよく恋愛相談を受けませんか?和ぎさんに相談すればまるでイチローのように高い確率でヒット(素晴しいアドバイスや名言)が返ってくることが期待されます。ただ、だからといって和ぎさんの恋愛がいつもうまくいくのかは別問題。妥当な考え方が時として相手をがっかりさせるものです。


最近、恋愛相談を受けたことはありません。私もそうですが、周りがそんな雰囲気じゃないんですもん。しかし、私は優しいので(!?)、面と向かってその友人に厳しいことは言えませんよ。そうそう、恋愛観と実際に恋愛をするのとは違いますからね。恋愛に常識が通じないこともあります。程度の問題がありとはいえ、「恋は盲目」は的を射ていると思っています。


――さて、ここからは長くなるので、閉じておきます。
もっと詳しく覗いてみたいと思って下さった方のみ、続きをクリックしてご覧下さいね。


人生における恋愛: 最適
非常にバランスが良いでしょう。恋愛に固執せず、重くもなく軽くもなく、人生を広い視野から捉えています。得てして和ぎさんのような感覚のほうが、恋愛最重視の人よりも上手に付き合っていけるものです


私、恋愛一直線は嫌いですから。それで自分を見失ってしまうのはイヤ。ほどほどが一番いいですね。また、恋愛重視の人もあまり好きじゃありません。近くにいたら、私きっと、放置して立ち去ってしまうと思います(汗)。そこまでしないまでも、冷めた態度を取っているように見えてしまうこと請け合いです。

社会における恋愛: 最適
ちょうど良いバランスを保っています。社会的な体裁も保ちつつ、その一方で彼氏彼女とは上手に夢のある世界をつくりあげていくことができます。人を好きになると社会的に壊れてしまう人が多い中、和ぎさんは全方面に上手にやっていける資質をもっていると言えるでしょう


人生とどう違うのかよく分かりませんが、己もきちんと保ちたいと思ってます。でも、全方面に上手にやって行くのって、結構大変じゃないでしょうか。……私、物臭なのでその辺は全く自信ありませんよ(汗)。

自己犠牲の精神: 最適
前のめりの恋愛でもなく、かといって損得勘定に走るわけでもなく、バランスの良いスタンスを保っています。何もかも捧げる人の痛々しさや男女間に損得勘定を持ち込む醜さを把握しているからこそのバランスでしょう。これからもメリハリのある恋愛を心掛けてください


……何となく、鈴影さんを思い出しますよね。どちらに傾かなくて「最適」でも、『イケナイ』感情になるのは何故なんでしょうね。あんまりうれしくない。いいじゃない、捧げても。いいじゃない、損得勘定があっても。捧げるほど愛し・愛されたということは素晴らしいじゃない。互いが得になるなら、相手が出来ないから自分が出来ることをして上げるという関係だったら素敵じゃない。……自分がどうかはまた別の話でしょうか?? 論点、ズレてる???

ルックス: 
和ぎさんは、やや内面重視の傾向があります。決して好みのルックスでなくても、いつのまにか優しさや頼りがいにほだされていることが多いのではないでしょうか?付き合う前には、これでいいのかと多少悩むのかもしれません。しかし長期的には悪くない結果が残るタイプと言えるでしょう


そうですよ、たとえ天才美人所長が好きだからと言っても、決して外見で好きになったのではないのですよっ!!! (と言っても、相手が相手なので説得力に欠けますね) ちなみに、前回は、外見重視寄りでした………。

財力: 最適
和ぎさんは非常にバランスのとれた考え方をしていると言えるでしょう。お金があることで得られる喜び、減らせる苦労の範囲をよくわきまえているのではないでしょうか。あとは和ぎさんのパートナーにも共通認識をもってもらえば、お金に関する不満やトラブルなどはなさそうです


私はケチですが、時に暴走して散財しますからねっ。友人に驚かれるほど使いますから!! 金銭感覚って人それぞれだと思うので、これはなかなか難しいと思います。

安定と刺激: 
安定と刺激をなかなかバランス良く求めています。やや落ち着いた付き合いを望んでいるようですが、決して所帯じみてしまうことを望んではいないようです。また浮気に走るよりはひとりのパートナーとの付き合いの中に刺激を見出すことを望んでいるのでしょう。その工夫が一番難しいのですが…


やはり、適度に刺激は必要だと思います。喧嘩をすることは更新していることだと、何かで読みました。でもこれは、両人が常に冷静で、本当に思っていることを吐き出し、理解し合うことが必要だと思いますね。後できちんと「ゴメンね」と言える喧嘩だと素敵。……ちなみに……男性の方が実は感情的な話し合いになってしまう(だったかな?)のだと、この間、N○Kでやっていましたね。脳による違いだそうです。

駆け引き: 
とても駆け引き重視に偏っています。和ぎさんは相手に気持ちをぶつけるよりも、主導権を握ることにいつのまにか終始して、いつのまにか恋愛を終えたりしていませんか?気持ちでぶつかっていくことは疲れますが、相手を操作するだけの付き合いはただの調教です


…………なんてコメントすればいいの…………?? 「日本人だからさ、てへっ★」って言っても許されるでしょうか。だーかーらー、感情表現が苦手なんだってば~~。余計な時に顔に出やすいという何とも損な人間です。正直、主導権なんざ、どーでもいい。気紛れなので、時々握らせてくれれば文句なんか言いません(おいっ)!

許容と束縛: 最適
とてもバランスの良い価値観を保っています。放任と束縛、どちらに寄るわけでもなく、一般的な感覚にマッチする線引きができていると言えます。和ぎさんは、鈍感や無関心ではなく包容力があり、また束縛ではなく相手を惹きつけることで距離感を上手に保てるタイプでしょう


あ、これは素直にうれしいかも……。後半の言葉使いが素敵だわ。無関心ではなく包容力を。束縛ではなく魅力を、ということですかね。でも私、呆れるほど鈍感なんですけれど……(汗)。ほ、包容力下さいっ!!!!

将来への意識: 
将来にわたって物事を捉えがちで、どことなく今を楽しめないでいませんか?それは和ぎさんの彼氏彼女にも伝播し、ちょっと退屈な感覚を味わわせることもあるでしょう。しかしバランスは及第点。そんなあなたをきっと理解してくれるはずです


えっと、私の信条は、「今を楽しむこと」なんですけれど……。楽しければいい、快楽主義者(?)なんですけれど……。恋愛においては違うということでしょうかね。でもバランスは及第点なんだ? それは良かった。後は相手次第ですね。


★全世代から見た私は…… 【恋愛観支持率】 100%  【恋愛スタイル】 中期低テンション恋愛型

何なんでしょ、中期低テンション恋愛型って(笑)!! まあ、確かに、私の恋愛におけるテンションは低そうですけれどもっ。




さてさて、そんな私と相性チェックしたいという方はこちらから!
結構長い質問に答えていただくことになりますので、お時間がある時にどうぞ。
(ケータイからもアクセス可能、だそうですよ♪)

     →→ 相性チェック ←←

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!