空模様

思いついたままをぽつぽつ綴ります。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

あなたの気持ち、沈めます!

呼ばれてないけど飛び出します、じゃじゃじゃじゃ~ん★

えぇ……はいっ、父の方で登場してみました。
何ら意味はありません。

たまには違った雰囲気を出してみたかっただけです。ハイ。


各方面でのうれしいコメント、どうもありがとうございますっ
どんな顔をして今日のブログを書こうか迷うくらいにうれしかったです。うん、顔は観れないことは分かっているけれどね。気分だよ、ワトソン君。

昨日は本当にうっかりしていまして、ここにもお話を載せるつもりが……あの記事のあの部分を書くまで忘れてしまっていました。あそこで投げ出した私を責めないで下さってありがとうございます。うん、それどころじゃなかったっていう、見方もあるよね。色んなところでやらかして来ましたから。


んでは、今日のタイトル通り、今日の記念お話は恐らく皆さん気持ちを沈めてしまうやもしれませんが、それでも良いよ~という方は、続きをクリックしてお読み下さい★
(それって、記念話としてはどうなんでしょうね……?)




       自己嫌悪の夜に、おやすみを。

1.

 持ち前の性格で、徐々に周りから攻められる。息苦しい。
 未だ充分不思議に彩られた彼女の生き生きとした茶色の瞳は、ある一瞬、その眼を細くして眩しいものでも見るようにこちらを見る。内から出る光は彼女を包み、自身を輝かせる。それこそが彼女の生きている証。

 馬鹿だバカだとは、思っていた。
 正直、あそこまで馬鹿だとは思ってもみなかった。


 ツンとした空気の中を硬質な音を響かせ、彼は長い廊下を行く。小さな明かりと記憶を頼りに暗い道の先にある部屋へと向かうが、古い壁紙や隅に広がる闇に吸い込まれて昼間の賑やかさは眠りについているため、彼の足音以外、聞こえてくるものはなかった。
 冷たい夜に光る星は故に美しく、あの吸い込まれそうな青の空に浮かぶ。
 けれど、投げかけてくる光に見向きもしないで、彼は闇に眼を向けて前を歩き続けている。それは確実に部屋に着くため。流れる時間が長く感じようが、孤独に感じようが、彼はそれを止めるつもりはなかった。背中を真っ直ぐに伸ばし、いつものように歩くだけだ。
 朝と夜に必ず受ける彼女からの挨拶の攻撃も、今晩はないだろう。今日はゆっくり眠れる。今日の酷い気分を道連れに、眠りに落ちることが出来る。共に落ちるなら、これ以上傷つくことなく深く眠ることが出来るだろうと、彼は息をつく。
 ひんやりと冷たいノブを回すと、カチャリと小さな音を立て、ドアが空気を震わせて開いた。
 出て行った時のまま時を止めた部屋の時間が、そっと動き出す。
 パチンとテーブルランプを灯せば、淡いオレンジ色の光が辺りを照らす。
 ――何故かふと気になって長椅子の傍に行って眼を凝らせば、そこにわずかな光を帯びて浮かび上がる、マリナの姿があった。彼女は背もたれにだらしなくもたれかかるようにして眼を瞑り、膝掛けだけ掛けた姿のまま、冷たい夜の中にひとりでいた。濃密な空気を身に纏って、ひとりでいた。
 闇に溶けるように風景と一体化して、人物として捉えられない。形だけのもの。
 呼吸のひとつもしてよさそうなほど静かだというのに、それさえ聞こえない。人形のように。
 肌だけが白く闇の中に浮き上がっている様は、まるで蝋人形のようだった。






実は、続きます……(汗)。
でも、後1回で終わります。



                           次ページ →

スポンサーサイト
【 2008/11/28 】 【物語】 | TB(0) | CM(2)
和ぎさま、おはようございます~♪
 和ぎさま、2日続けてのお話のアップ、お疲れ様ですっ!そしてありがとうございます~♪(歓喜っ♪)

 わくわくっ☆。続くんですねっ、続くんですね!思わずこのページ内でキョロキョロと探してしまいました~焦。
 楽しみにお待ちしておりマス♪←『気持ちを沈めてしまうやもしれません』という和ぎさまの忠告は無視(笑)。  BY まみぃ
【 2008/11/29 】 編集
うふふ…っ。
ありがとうございます。
ただひたすら皆さんに楽しんでもらうために頑張りました……っ!! よろこんでもらえればうれしいです♪

思った以上に長くなってしまいましたので、一旦切ることになりました。すると、あーら不思議、かなり気になる所で切れることになってしまいました★ 続きは探してもないですよ(笑)。後から付けますけれどっ。

【 2008/12/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL