2008_11
23
(Sun)23:23

敵と味方の中間。

昨日は、再びバカなことをやってしまいました。

入浴中の出来事なのですが、髪を洗っていても何故か泡立たない。2回目も泡立たない。
あっれー? おかしいなぁ。コレ、シャンプーだよね??

――いいえ、ソレは リ ン ス です。

リンスでした……
2回目で気付くこのウトさ!! もう、己を呪いたい。
そりゃあな、泡立つはずもないですよ。だってリンスだもん。いえいえ、きちんと見れば分かる容器に入っているんですよ。だのに、この間違い……。考え事しながら何かやってると他に思考がいかなくなる、私の悪い癖。ホントに全然学習能力がないんだから!!


☆ 拍手を下さったKさん。

再びありがとうございます!! ホントにねぇ、あんな粗い画像で申し訳ないです。
うーん。ほんわかしているというか……ボケっとしてますね。普段の私は。カッコいい絵を描きたくても、技量がないのであそこで止まっています。でも、描くのは好きなので、無駄に撒き散らして行きます★
ををっ、カウントダウンに気付いて下さいました?? 本当にあと少ししかないので、私は今バタバタしていますが、楽しみにして下さい!!!


さてさて、大変遅くなりましたが、例によって例の如く、伯妖の感想に参りたいと思います!
今日も長くなると思いますが、ご了承いただけたら幸いです。では、興味のない方はここでさようならです。また明日~♪



7話~~!!!!!!

なんというか、もう、色んなことに敏感に反応してしまいました。なんて恐ろしいアニメなのっ!!


いきなりリディアがケルピーのいるところへ訪ねて行くシーンから始まりましたが、ケルピーの、「おまえの方からくるなんて珍しい……」という言葉に何故かドキドキしちゃったい! もう、私、ワケわかんねーよ。ナゼそこでドキドキするのか……。しかも、初っ端から。だがしかし、もっと突っ込みたくなるようなことが次々と展開されていく伯妖アニメ。ケルピーが出てくると、ドキドキさが増すな、うん。

まあ、そこで何が起こったかというと、リディアがケルピーに向かって眼を瞑って顔を差し出すという、一見何でもないシーンなのですけれど。何故そこで眼を瞑るのか、リディア!! しかもちょっと頬を染めてたよね? そうして戻ってきたリディアに向かって、ニコが、「ケルピーくさい」と言う。ケルピーくさいリディア……! ――いや、きっと、血のせいだと思うんだけれども、思わずニヤリと笑ってしまうでしょ。

教授のことをニコに頼むリディアですが、ニコと教授は酒飲み友達なんですか? と問いたくなった。なかなか面白そうな場面を想像して……v ニコに励まされる教授がなんだか可愛いじゃありませんか。なに、その、哀愁に満ちた飲み会は(笑)。その中にエドガーも混ざってたら面白かっただろうね!

続いて……あの、ドキドキに満ちたシーンですが……あーあ、エドガー、おしいっ!!
のひと言に尽きますね。おしい。おしいよ、エドガー。もう少し遅く眼を覚ましていたら良かったのに。起きたとしても、もう少し眼を閉じていれば良かったのに。てか、目覚めるの早いなー。そこはもう少しゆっくりでも良かったな。もっとドキドキさせろよっ(リディアを)。

しかし、この時のふたりの雰囲気は、冬眠から目覚めたシャルルと起こしに来たマリナに似てるな~。
と、何故かマリナシリーズを思い出していました。――あれっ、作文!?

そして、そして、ついに、ついにやって来ましたよ、この瞬間がっ!!! レイヴンが「ニコさん」って言いましたよーvV しかも、心配している節があるのです。あぁ、いいよね、「ニコさん」。彼の「さん」付けの意味をエドガーが問うシーンもあれば良かったのに!! ニコが伯爵相手に喋るまでの過程もとっても面白かったのに! それを全部すっ飛ばして、伯爵はもうすっかりニコと仲良しですよ。ニコを釣る方法をすっかり熟知してらっしゃる。しかも、漫才のようなテンポのいいかけ合い……。エドガーの都合のいい思い込みに、ニコは呆れているというものですけれど、和んでしまいました。エドガーの都合のいい思い込み、バンザイ。

やることが決まったら、そこからは伯爵のターン!
エドガーが皆を巻き込み、快進撃を繰り広げます。しかし、何故にポールは指輪をはめたままでいたのか……。そして、妖精界でのことになりますが、伯爵、宝剣持ってた?? あれ、宝剣どこいったよ。確か、持ったまま消えたよね? あれ!? うーん、後で確認しに行こう……。

※ 確認してきました。宝剣はレイヴンに預けていましたね★


ケルピー………………。
彼については、何も言えません。フォロー出来ねぇーよ。


しかし、ニコと結託したら誰でも最強だなあと思った。フォローもすかさずやってもらえるし、急かす役所もきちんと忘れてはいない。そして、それをすかさず利用してしまう伯爵は天晴れです。「ああ」ってニコ、リディアのことはエドガーに任せてしまってもいいのか!? え、公認?? そんな、微妙にいい加減なニコが好きです(笑)。しかし、未だにリディアの心は、父>エドガー。 お父様の為に戻って来ました!!

が、あの戻る時のシーンは切なくなってしまいました。
ケルピーは本当に一途だなー……(しんみり)。

しかし、しかし、だがしかし、戻ってきたら戻ってきたで、やっぱりエドガーとリディアだなぁと思うのです。なんだよ、あのカップル手前の二人組はっ!! エドガーの方が一枚上手(今回2回目)だったかと思ったら、誤魔化して逃げるリディア。うーん、それはそれでバンザイ!! 仲良いな、ちくそー。


って思ってたら、急に暗い雰囲気。
アーミ――ン!!!!! うをっ、もうすでにシルキーになってましたか。確定済みでしたか。
え、当たり前ですか、展開的に。予測してなかったので、普通に驚いちゃったよ。

そうそう、ちょっとここからは独り言になりますが、ケルピー×アーミンを支持している方はいないかと、軽く調べてみましたが、同盟やサーチ等で確認できませんでした。…………え、何だよ、私だけかよ。いや、もっといてもいいと思うんだけど。え、マジですか。いやいやいや、私の調べ方が足りないんだ。うん、きっとそうだよ。どっかにひっそりといるはずだって! エドガー×アーミンはあるのに、ケルピーはないのかよっ! こうなりゃあ、マジで応援するぞ、コノヤロー。

そんなことを思ったりした訳ですが、楽しく観させてもらいました。
次回も楽しみです♪

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは!

 和ぎさま♪、今回も伯妖の素敵な感想をどうもありがとうございますっ☆。
 感想というより、解説みたいですネ!す、素晴らしいっ♪長文だあ~~、バンザイっ!!(笑)

 いえいえ和ぎさま、ケルピーにドキドキする気持ちっ、ああ~分かりますっ!なにせ彼はその美しさで人を魅了する水棲馬ですからねぇ(笑)、当たり前ですヨ☆。リディアも乙女ですもんね、うん、ケルピーの顔のドアップはかなり刺激的だったはず!?(い、いいなあ…笑)
 私もあのベッドシーン(←いや、意味が違う、笑)には思わずどきどき…。原作で知っていても映像効果ってスゴいですよね~。あ、エドガー起きちゃった(笑)。シャルルとマリナに見えましたか…♪♪あ、想像して私も思わずニンマリ~。
 伯爵の華麗にしてカッコいいアジトに乗り込むシーンっ、もうゾクゾクしました~!!不敵に微笑む姿はまるでシャルルのよう…あれっ?私も便乗~笑。
 伯爵のプロポーズ…ああっ、いまだエコーがああっ。私だったら一も二もなく、もちろん即答ですっ☆。ケルピー、読んでる分にはさほどではなかったのですが、別れのシーンではちょっぴりホロリ。和ぎさま、ケルピー×アーミン、充分アリだと思いますヨ。原作でも二人だけのシーン、結構ありますよね。うん、二人ともぜひ幸せになって欲しいっ☆。
 次回あたりから本格的にアーミンとシリウスの登場でしょうか。楽しみです♪観るど~~!!マンガの単行本も買うど~~!!  BY  まみぃ
 
 

 

2008/11/24 (Mon) 15:17 | まみぃ #PYZVlMCI | URL | 編集 | 返信

遅くなりました…★

ただ単に感想を述べるだけだったら何が何やらなので、このような形になっています。それにしても、話が止まらないですっ!!

……もう、私は彼(ケルピー)をどう扱ったらいいのか分からなくなりそうでした。と同時に、リディアは何故そんなに近付いても平気(?)なのかと考えた結果、ケルピーには酷な結果を出しました。つまり、リディアは、ケルピーをあくまでも「妖精」としか思っていないのだと。や、ケルピーにしたら、どうでもいいことかもしれませんけれど……。

――さて。私は、まみぃさんの「ベットシーン」発言に思わず笑ってしまいました☆ 確かに、ある意味ベットシーンでした(笑)。間違ってない。ただ、もう少し寄って、至近距離まで行ったところで目覚めて欲しかったなぁと思います。
うふふ。はい、シャルルとマリナに見えましたv 何というか、ふたりの雰囲気が似ているな、と。妙に優しいリディアとか、まだ頭がちゃんと働いていなくてぼんやりしているエドガーとかが。原作ではそんなこと、全然思わなかったんですけれどねぇ。これも映像効果でしょうか(笑)。

あれは、観ていてもカッコイイ!! と思わせる場面でしたねぇ~v あっという間に一網打尽にしてしまうところが観ていてスカッとします。シャルルだったら、理路整然と己の弁を述べながら、あの団体の欠点等を述べ、皆を怒らせて反感を買っていそうです。でも、それが正論だから、結局シャルルには何も言えなくなる(笑)。
(負けずに想像してみました★)

必死に口説いていましたね~♪♪ どれだけリディアを手元に置いておきたいんだ、伯爵!! って熱くなりました。
私も原作では何とも思わなかったのに、あのケルピーとお別れのシーンは……。何であんな、今生の別れみたいな雰囲気を作るの~!? と切なくなりながら思いました。ついて行くよ、彼はっ!

でしょでしょう!? ケルピー×アーミンって大人っぽい雰囲気が漂うふたりで似合いでしょう!?!? アーミンには是非とも幸せになって欲しい一心で応援したいと思います!

どこで何が出てくるか分からないドキドキ感が原作を読んでいても楽しめるところですね。
よし、観るぞ~~!!!!!

2008/11/27 (Thu) 17:35 | 和ぎ #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック