やっぱりキラキラ…。

1日30分読書は、いい具合に進んでいます。
やっぱり、少しでも読み進めるだけでも全然違いますね。読まないよりも格段に。歩みは遅いですが、着実なる一歩を歩んでおります。ハイ。自分のお話の方はあんまり順調とは言えませんが……(汗)。もう少ししたら、ちょっとひと段落つくので、その時に頑張ってみようかと思います。うん、後ちょっとだ!! がんばれ、私!


では、今日は早々に「伯妖」の感想をつらつらと述べてみたいと思います~。
多少長くなっているかもしれませんが、その辺、どうぞご了承下さいませ!
興味のない方は、今日はこれでさようならです。



あのお人(妖精)が初っ端から登場した後の伯爵家は、のどかだ~。のどかに見えるよ、伯爵!
エドガーがリディアに迫っていようと、もはや伯爵家ではそれが日常茶飯事な雰囲気が、のどかに感じます。伯爵は、常にリディアの1番のなりたいのね……。たとえ妖精相手だろうと!! 手袋を外して手を握るシーンの時は、ホント、どーしようかと思った(おまえがかいっ)。外さなくても充分な刺激だと思うのよ、リディアには。

そして話は変わって、ダンスのレッスン。
……先生がお姉系なのはナゼ……。あれ、原作でもあんな感じだったっけ!? あれっ?
しかし、レイヴンはおいしい役所ですね~。女の子の方から倒れこんで来てくれるものね。足踏まれたりするけれど。そしてきっと、(エドガー命令で)危険なことから守ろうとしてくれるというのだから、相互関係的にもバッチリでしょう。レイヴンは何とも思っていないことを除けば。

あ、そういえば、名前だけ登場しましたね、「プリンス」。
ふーむ。やっぱりプリンスが関係して来るのかぁ。プリンスなしでも、簡単な設定(ユリシス)だけで、一応アニメは行けるかなーとか思っていたので(おい)、予想が外れました。どこまで行くのでしょうね、アニメは。または、オリジナルな設定にして終わるのか……。謎は深まるばかりです。

しかし、エドガーは本当に女性好きなのね。「美人」と聞いてキラーンて(笑)。問題はそこにあるらしいです。人間じゃなくてもいいのか! ……まあ、冗談半分だろうけど。でも、リディアじゃなくてもきっとハラハラするシーン。危うい冗談を平気で言ったりする人ですからねぇ。確かに、イマイチ信じられない類の方ではあります(笑)。ええ、この時点だったら、ね。

今回のニコは、凄い格好をしていましたね! いえ、タキシードは似合ってましたよ(笑)。そうじゃなくて、偽物にすり替えられたという石を覗き込むニコの恰好が凄いんですよ!! ものすごい乗り出して見てるっ!! すごいよ、ニコ。戻る時は、どうやって戻ったんだ、っていう問題が残ります。


――そうして、遂にパーティー。

仲良しなリディア・レイヴンが見られたり、妖精話に花を咲かせるリディア・ポールの、ある意味お似合いなふたりが見られたりと、このパーティーの前半はかなり楽しい雰囲気。他の女性と踊るエドガーは相変わらずキラキラしているし、ニコも何だかんだでパーティーを楽しんでいる。

が、そんな中、軽やかに登場する、オレ様・ケルピー!
ニコの慌て方が面白かったです♪ そして、リディアの後ろに張り付いているニコが、カワイイっ!!
相当、ケルピーが苦手らしい(笑)。普段は紳士を気取っているのに、こういう時には逃げ腰になるニコが可愛くてたまりません。後から出てくるニコとエドガーのやり取りも好きですが、やっぱり、レイヴンとの関係が早く見たいです。

えー、話がそれましたが(笑)、リディアとケルピーの間に割って入るポール、以外と男らしいです。そう、たとえ、指輪をはめられてしまったとしても………。ふふふっ、ポール、お嫁さ―――ん♪♪ ショックを受けるケルピーの顔には、笑ってしまいました。それ程に衝撃だったのよね。うんうん、分かるよ。ケルピーはケルピーで、リディアしか眼中にないものね。

しかし、当の彼女からは、肘鉄を食らわされるし、名前まで偽装させられるし……で、女は強いよね!
結局、月をバックにキラキラと伯爵並に輝きながらかえって行くケルピー。出番は短かったね。でも、次からはどんどん顔を出すことになるでしょう。


その後は落ち着きを取り戻し、エドガー念願の(笑)、リディアとのダンスです。

このシーンは、平素の何倍もきらめいているシーンでしたね!
が、輝いておきながら、動かないんだよ!! ほぼ静止画状態です(苦笑)。 まあ、大変そうだから仕方ないかな、とは思うけれど、その画が長いのは問題だと思うんだよ。「銀○かいっ!」とか、そういうノリで突っ込むには、ふたりの雰囲気が邪魔をする。なんとも突っ込み辛いシーンでした……。

そして場面は、夜の庭へ……。
話しながら散歩するという雰囲気ですが、話している内容がヒドイ(?)よね。エドガー、ポールは偏屈ですか……? ああ、どうしても他の男に眼を留めて欲しくないのね。ポールが聞いたら泣きそうな話を、平気でしています。

昔を思い出してしまったリディア。背を向けて、エドガーの追跡から逃れようとします。私はこの時、こう思いました。男でも女でも、背を向けられたら終わりだよね、と。エドガー、かわいそうに。背を向けられてしまっては、何も言えなくなってしまいます。拒絶を表しているからでしょうか。とにかく、逃げ去ってしまったリディアを追いかけることも出来ず、佇む伯爵に、執事(トムキンス)さんがさり気なくフォロー。……って、それ、フォローになってるの!? わからんっ。


そんな感じで、5話は終わりましたが、毎週気になることがあります。
終わりの静止画と、その言葉。
私はこのふたつを、いつも注目しているのですが、今回はケルピーでしたね。ポールじゃないんだね(笑)。来週は出て来るといいね。しかし、私の予想よりも、ポールはカッコイイ描かれ方をしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございますっ♪

 やっぱり私、伯妖ネタ喰いつきました~(笑)。
 毎度お邪魔してます、まみぃです(汗)。

 ああ~っ、分かります、分かりますっ!!和ぎさまっ、私もあの麗しいウットリできるハズのダンスシーン、『これは明らかに手抜きだろーっ!動けぇ~っ(怒っ)』と思いました(笑)。静止画にするには、あまりにも長いですよぉ~ブツブツ…。
 あと私はエドガーがリディアの手を握ったシーンの後、ぶどうを齧るシーン、あれはちょっと…妙に艶かしくてドキドキしましたっ(恥)。なんか…刺激的じゃなかったですか?それって、私だけ?(←バカ)

 ケルピー、カッコ良かった…。うんうん、エドガーとリディアとの仲を存分にかき回しておしまいっ(←あれ?)
 確かに私もポールは私の妄想より数倍素敵でした。これもアニメ、ならでは??
 レイヴンとリディアとのダンスシーン、実はとても羨ましかったです~。私のことも眼中になくて全然構いませんっ!ああっ、リードしてもらいたいっとトキメいた私(恥…)。あ、でも、私なんかが足を踏んづけたり倒れ込んだりしたら…間違いなく彼はスルリと避けますね、きっと(涙)。でも、いいのよ、いいのよっ♪♪(←只今、妄想中。)

 私も興奮して(笑)長々とコメントをしてしまいましたが(す、すみませんっ)、実は仕事関係の学会発表が明日でして、こんなに妄想ワールドに浸ってる場合じゃないのですが…(笑)。学会などナメきっているであろうシャルルに助けを求めたいぃ(でもきっと『自分でどうにかするんだな』と冷めた視線を浴びそうですが…涙)。先ほど同僚に『オイオイ、余裕だな。そろそろ練習せんかーいっ!』と一喝されましたので(笑)、今日はこの辺で…。
 かなり読みごたえのある楽しい感想をありがとうございました♪。これからも楽しみにしておりますネ☆   BY まみぃ


 

大丈夫だったでしょうか(苦笑)。

食いついてやって下さいまし~☆
今回は割と早かったでしょう。えっへん!

あのシーンを見た時には、我が眼をちょっとだけ疑いましたね。そこを静止画にしてはいかんだろう、と。しかも、長かったからですからね。ふたりの雰囲気が良いだけに、凄く惜しまれます。くっ…!

いーえ! まみぃさんだけではありませんわっっ!! 私、あえてそこには突っ込まずにいたのですが、あのシーンには、思わずドキドキしてしまいましたよ。ぎゃーって(心の中で)叫びましたもの! エドガー…。何してくれるんでしょうね、あの伯爵さまは……。

私もよろこんで、ケルピーを応援いたします♪ ふふふ。うっかり指輪をはめられたポールは、画家というには体格が良すぎるような気もしますが(笑)、アニメスタッフによる粋な計らいということで。原作以上に活躍してくれるかもしれませんね!

私は、レイヴンも踊れるのだということに驚きましたが、そつなくこなしていましたね。身長的にもきっとピッタリだったのでしょう。いいですよね~。物凄い反射神経で避けられてしまうでしょうけれどねぇ……(涙)。


シャルルはきっと、冷たくも厳しい目で学会を見ている(聞いている)でしょうねぇ。容赦なさそうです。

発表会の方は大丈夫だったのでしょうか。こんな感想を読んでいていいの……?? と思いました(笑)。が、よし、頑張るかと元気を出してもらえればうれしいです。

こちらこそ、お忙しい中、コメントをありがとうございました!

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!