2008_10
23
(Thu)00:00

これでも頑張った!

今日はちょっと、友達と遊びに行って来ました♪
ちょっと疲れて眠いです。

さてさて、皆さん、昨日お伝えしたあのお話、もう実はすでにUPしてあります!!
よーし、探し当ててやるぞ! という方もいらっしゃるとは思いますが、私はすぐにでも自慢したくて、ここにリンクを張らせてもらいます。でも先に、まずはどういう経緯でこうなったのかを説明したいと思います♪

管理人さんとの出会いから始めると長くなるので省略しますが、他の誰よりも長いお付き合いです。私の中では。まだお話を創ることなど考えてもいなかった時期から、ですからね! その管理人さんと、私は、とある賭けをした。聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、ここから先は誰にもどこにも言ったことがないです。賭けに負けた私は、管理人さんから、以下のようなリクエストを授かりました。

  「これがきっと最後の恋です」という一文で終わる、成人シャルルとマリナの恋話。

マリナ視点希望ということで、私はマリナがシャルルに恋をしている姿を思い浮かべた。想いを伝えることに必死なマリナと、皆さんがご存じの、あの、サディスティックなシャルルが生まれたのです。まあ、一部、マリナ視点ではないところもあるのですが……(苦笑)。確認のため、久しぶりに読み返した自分の文章に、私は衝撃を受けた!! 自分で言うのもおかしな話ですが、今はあそこまでのものは書けません! 最後の方はちょっとグダグダなのですが、乙女心ってそんなもんよね、と勝手に良い方へ解釈する。まあぁ、それを除けば、今まで書いてきた中でもランク上に相当する出来だと思います。自分のお話を追い越せるようにいつも頑張っていますが、なかなか出来ませんからねぇ(溜息)。

そして、なにより素敵なのは、管理人さんが、私のお話を上回る程の表示の仕方をしてくれたことでしょう!!
あれを見た時、私は溜息が出ました……。惚れますよ。
管理人さんのお話にも惚れるのですが、ああいう風に素敵な表示にして下さったその心意気に惚れます。もう、大好きですわっ!!!


ああ、いつの間にか長々と時間を使ってしまいました。失礼しました。
それでは、公開記念に少しだけお話をUPさせて、それから素敵サイトさまの方へ案内したいと思います。続きをクリック!

※ リンクを貼り直しました。今まで気付きませんですみません(汗)。




 ――友達以上の存在になりたくて、その腕の中から離れた。


     * この星降る夜に、願いを。 ~番外1~ *


 ずっとずっと好きになりたかった。
 好きになりたかった時に好きになれず、好きになった時には、彼はもう目の前にはいなかった。
 もう遅いとも思ったけれど、何もせず、何も伝えずに終止符を打つなんて、こんな虚しいことはない。だから、あたしが行けばいいと思った。彼の前に立つまでに、随分時間がかかってしまったけれど。

「行けよ」
 最初にそう言ったのは和矢だった。
「……でも、あたし、どうしたらいいかわからないの」
 そうつぶやいたら急に視界がぼやけた。何がこんなにも悲しいのか、何がこんなにも苦しいのか、不安定に揺れる心の着地点を、私は見つけられずにいた。
 心の中に彼がいたとしても、和矢と離れることは体の半分を失うのと同じことだった。和矢と、離れたくなかった。でも、彼のところへと向かう気持ちを止めることも、出来そうにない。そこからあふれ出た言葉だった。
「あいつのところに行って、会って話してくるといい。シャルルのことだから、忙しいとか言って逃げるかもしれないけど、マリナ、お前ならきっと大丈夫だ」
 切ないほど真っ直ぐな眼差しで見つめてくる漆黒の瞳は、失うものなど何もないという強い輝きを放っていた。
「あいつが何と言おうが、負けちゃダメだぜ。これはおまえへの試練だ。もし本気でシャルルのことを想っているんだったら、おまえはこれに耐えなければいけない。証明しに行ってこい。オレのことは考えるな。おまえは、お前の幸せのことだけを考えろ」
 たまらなくなって抱きついたあたしの背中を優しく撫で続けながら、和矢は、あたしが落ち着くまでそこにいてくれた。和矢を幸せにしてあげられる相手があたしではないことを悲しく思いながら、あたしはその優しさに甘えていた。

 たとえ遠く離れていたって、彼と連絡が取れない訳じゃない。想いとそれが届くまでのタイム・ラグさえ、問題視しなければ。日本にいても決して不可能ではないのだ。でも、その前に、自分の気持ちだけは、彼の前で伝えたかった。

 今なら、ちゃんと言えることが出来る。
 シャルルのことが好きなのだということを……。






お話をまだ読んでない方には、序章として。読まれた方にはおまけとして。
まだ読まれていない方に一応忠告です。マリナ視点なので、私のお話について回る面白い部分も入っています。が、全体的には少々暗めなお話です。先日のSSとはまるで雰囲気が違うと思います。ご了承下さい。ついでに……長いので、お時間のある時にゆっくり読んで下さいませ。


それでは、お話が置いてある場所はここです!
     いってらっしゃいませ。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは♪行って参りました~!

 和ぎさまのサド☆シャルル♪、早速読んでまいりました~!!
 んーもうっ、シャルルの情熱を秘めた冷血ぶりには、ノックアウトっ!頭はクラクラ、鼻血ぶーですっ♪←バカ
 いつもマリナちゃんに焦れている様子の気の毒しい?(笑)シャルルですが、こちらのマリナちゃんにはさすがに少しばかり同情してしまいました~。でも、その冷たさがゾクゾクくるんですよねぇ~~♪♪マリナちゃんに対する態度も言葉も危うくて…も~メロメロです。でも、やっぱり最後にはマリナちゃんラブってとこが、またイイんですっ…。
 和ぎさま、贅沢は言いませんっ!(←ホントか?笑)。SSでも十分です(←ホントにホントか!?笑)。どうかサド☆シャルル、またお願いしますっ♪(ぺこりっ)   BY まみぃ

2008/10/24 (Fri) 14:41 | まみぃ #PYZVlMCI | URL | 編集 | 返信

遅くなりました★

早速行って読んでいただき、ありがとうございますv
あ、ノックアウトされました……(笑)? そう言っていただけるととてもうれしいです。いつだってそうですが、UPするまでドキドキなんですもの!

さて、そろそろ鼻血は止まった頃と思います。いかがでしょう?
マリナは全く焦らしているつもりはないので、シャルルは溜息ばかりですね。でも今回は、全く手加減なしのシャルルでお届けしましたから、大いにマリナを同情してやって下さい! 滅多にないことです!! でも、まみぃさんは、その冷たさがいいのね(笑)?

きっと、昔の想い人が突然現れて動揺し、全然余裕がなくなっているのではないかと……。だから常にあんな危うい感じなのではないでしょうか。あれでも抑えているんですよ♪

2008/10/28 (Tue) 01:52 | 和ぎ #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

なるようになるなる。

ついさきほど、このBLOGからリンクを貼らせていただいてる「空模様」さまのコメントを読ませていただいて、すごく面映ゆい気分になりま...

2008.10.24 (Fri) 17:51 | つれづれBLOG