空模様

思いついたままをぽつぽつ綴ります。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

Father's Day ―オーロラの彼方へ―

6月の第3日曜日は「Father's Day」である。

ああ、母の日に比べれば、大分後れをとっていることからお分かりいただけるかもしれませんが、私は、父をそれ程慕ってはいません。永遠に思春期の娘の気持ちを通す気ではありませんが、どーしても、どーーしても、距離を置いてしまうのです。まあ、長い目で見て、父が死ぬ時までには間に合えばいいな、とは思います。何が起こるか、分かりませんが……。

そんなこんなで、あまり語ることもないので(あれっ)、今日は父と息子にまつわる感動的なお話を紹介したいと思います!

オーロラの彼方へオーロラの彼方へ
(2007/07/06)
デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼル 他

商品詳細を見る

オーロラがNYの空に輝いたある日、主人公は古い無線機から懐かしい父の声を耳にした。それは、30年前の父が死ぬ前日のもの。消防士だった父と、看護婦だった母と仲良く暮らしていた頃。彼は父の死を止めようと、無線で繋がった父に話しかける。
ここまではSFっぽいお話ですが、後半は一変してサスペンスになる。時間を超えて、ふたりはある殺人犯を追うのです。それは、ふたりにとっての大切な人を救うため。

ひとつの出来事が終わったと安心していたら、突然手に汗握るようなストーリーになります。ドキドキ感や、ハラハラ感、ホロリと涙してしまうようなお話が詰め込まれたのが、「オーロラの彼方へ」なのです。


このお話は、ひとりで観てはいけない。
信頼できる誰かと共に観て下さい。


…………なんてことは、いいません。


が、是非、じっくりとご覧になっていただきたいお話だと思います。
次第に深まっていく父子の絆。そして、最後の交信。
この親子の絆は切れることはないんだろうな、と思わせてくれました。





私が不在の間にも訪れて下さった皆様、ありがとうございます。
忙しいと言いながら、栄養補給に余念がありませんでした。……つまり、漫画ばっかり読みふけっていたのです……。すみません。いずれ、ここに来て下さった皆様にありがとうの気持ちをお届けできれば、と思います。


スポンサーサイト
【 2006/06/18 】 映像・音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL