2008-06-23(Mon)

改めまして、ありがとうございます♪

60000hit ありがとうございますv

踏んだ方は、6月一杯までにお知らせ下さいませ。
皆さんには本当に心からの感謝をお送りいたします!! お忙しい時もあるでしょうが一時でも見に来て下さっている方、やっと一息ついて見に来て下さっている方、毎日見に来て下さっている方、みんなみんな、ありがとうございます

お絵かき ←先日の絵をちょっと直してみましたよ(笑)。

まだまだ物足りない感じなのでこれからまた付け足しますが、キリ番とは関係ない私のお遊びです。いつもよりも水彩っぽい感じが出ていればいいのですが……どうかな。難しいな。元はこんな絵でした★



№15

「さあ、覚悟するんだな。オレはあいつらみたいに君に甘くはないよ」
「…………」
 ジリジリと下がるマリナを、シャルルはその歩数分ゆっくりと詰めた。余裕のために浮かんだ笑みを隠そうともせずにさらし、彼女の口をキュッと真一文字に結びつける。薄闇の中で見るその笑みは、どんな妖艶な美女でさえ敵わぬような怪しい美しさを持っていた。けれど、マリナの心は凍ったように固まって、声を上げることすら出来ないでいる。
「恐い?」
 艶笑と共に発せられた言葉は、甘く響いて闇に溶ける前にマリナの聴覚に滑り込んできたけれど、それはマリナの心を余計に騒つかせるだけで、彼女はシャルルがわざとそう言っているのだと確信する。
 後退りしていたマリナの足が何かにぶつかって、その歩みを止められざるを得なくなった。後ろに回っていた掌に、ひんやりと冷たい壁の感覚がして、後がないことに気付く。
「なんだ、もう逃げないのか? つまらないな」
 勝手にそんなことを言って、溜息をつく。マリナはムッとして眉をひそめたけれど、横を向いたシャルルには届かなかったようで、彼女は悔し紛れに舌を出した。その時ちょうどくるりと向き直ったシャルルに気付かれ、マリナは慌てて舌を引っ込める。
 笑って誤魔化そうとするマリナを、彼は肩に担ぎ上げた。まるで荷物を扱うみたいに軽々しく。
「覚悟は出来ているだろうな。行くぞ」
 抗議の声など全く無視をして歩き始めたシャルルの背に拳をぶつけながら、マリナはなおも声を上げて叫び続けたけれど、その声は長い廊下に彼等の姿が遠くなっていくにつれて小さくなり、やがて重厚なドアの向こうにその姿を消してしまうと、後はただだ静寂だけが残ったのだった。






ある意味、ラブラブです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!