2008_03
04
(Tue)23:28

スターダスト

何度も言った気がするけれど、でもやっぱり何度も言うわ!
私は、ファンタジーが大大大大好きだ――――!!!!!!

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディションスターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/02/20)
ジェイソン・フレミング、ルパート・エヴェレット 他

商品詳細を見る

ということで、今日も映画の紹介をしたいと思います♪ ふふふ。

人間界の壁の向こう側は魔法の世界。その壁の向こう側に、ある日、流れ星が落ちた。主人公は恋心を抱く(恋人がいる)相手に、あの流れ星をプレゼントしようと、壁の番人(ヨボヨボのじいさんなのにやたら強い!)をどうにか倒そうとするが、軽く追い払われる。主人公は父から出生の秘密を聞かされ、母から送られた魔法のろうそくに火を付けた。持った人の思う所へと飛んで生けるろうそくは、壁を越え、「流れ星」が落ちた処へ主人公を連れて行く。そこにいたのは、大きい宝石を胸元に下げたひとりの女性。彼女が「流れ星」だというので主人公は(凄く)無理矢理彼女を連れて村へと帰ろうとする。

ところが、彼女が首から下げていた宝石は王位継承権を得ることが出来るもの。我先にと宝石を取ろうとするふたりの王子が彼女の後を追いかけていた。宝石を得られずに命を落としてしまえば、その時の姿のまま世に残り、誰かが宝石を得られるまであの世には行けず、ずっと継承者を見守ることになるという呪い(?)付き。
そして彼女の「輝く心臓」を狙っている魔女もひそかに彼女の行方を追っていた。彼女の心臓の力で若返り、力を得るために。屋敷に残っているふたりの姉妹に占いをさせて居場所をついに突き止める魔女。

彼女とふたりで魔法のろうそくを手に取り、「故郷を思うんだ!」と主人公が助けた……までは良かったのだが、それぞれ別々に故郷を思ったことで、中間である雲の上に来てしまった。そこに通りかかったのは、残忍だと恐れられている空飛ぶ海賊に捕らえられてしまう。主人公はキャプテンによって空飛ぶ船の上から突き落されてしまう。が、キャプテンの秘密の部屋にいたのは、服装や髪形を変えてスマートになった主人公だった。仲良くなった彼に町の近くまで乗せてもらうことになった主人公は、その間、海賊達と楽しく過ごす。

村の近くに降ろされた主人公と彼女は、本当に「流れ星」である彼女を連れ村に戻るのかと互いに悩み始める。

美しいが残忍な魔女、王位を得ようと奮闘する王子、実はとんでもない秘密を隠し持っている(!?)キャプテン、主人公の秘密、母の行方、村にいる憧れの彼女と「流れ星」の彼女、幽霊となってそっと宝石の行方を見守る元・王子達。これが実に巧みに1本の映画の中にうまく収まっている。どこのどのシーンを取っても面白く、ハラハラし、ドキドキするのだ。冴えない男だった主人公が、この冒険が終わるころには、外も中もすっかりかっこいい男性へと変わっていく。「彼女」のために。

とても面白いファンタジーでかなりおススメしたいのだが、惜しむらくは、壁の内側と外側との関係がいまいち分かりにくかった……という点。や、私の頭が付いていけないのかもしれない。が、その問題点があったとしても、この映画は本当にいい映画だと思う。原作があるので、世界観がいまいちよく分からなかったという私みたいな人は、後から原作を読んでみるのもいいかも。

魔女役の人がすっごく美人さんで、美しすぎて怖かったです。えっと、画像の右側に移っている方ですね。力を使ってしまうと老いて行くのですが、その変わって行く様が本当にすごい。失礼な話ですが、どれが役をやっている方(ミシェル・ライファー)の素顔なのか分からなかったっ!!
それからキャプテンね。画像の左側にいるロバート・デ・ニーロが、もう、最高でした。あのキャプテンを演じられるのは、彼しかいない!! 船員たちと仲良くやってればいいな、と思いました(笑)。

もう、本当にネタを全てバラしてしまいたいくらい面白い映画なのですが、大分ネタをばらしているような気にさせられる長い記事を書いたので、大人しくこの辺で止めておきます。是非是非、DVDを購入して観てみて下さいませ!!!

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック