家族・親族 ドライブ日記 ②

私の住んでいる所は比較的海に近い方で、山へ山へと進むのは実に久しぶりのことでした。さすがに麓の方では、もう紅葉が始まっていて、これはドライブへの期待し甲斐もあるな、と思いました。その時はすでに車の中は暖かくなっていて、寒さへの疑いが隅の方へ追いやられていたんでしょうね。それはもう、完全なる誤解でした。だって、もの凄く、寒かったんだもん。

見慣れた町中を進む時も、紅葉盛りの麓の町中を進む時も、うねうねとカーブして進む山道の時でさえ、膝の上にモモを乗せながら、私は本を手放さなかった!! うん、活字中毒バンザイ★ あ。ちなみに、犬と一緒に出掛ける時は、私は必ず助手席に乗ります。膝の上にモモを乗せて、ね。


狭い山道を地元の方の冬の心配をしながら(余計なお世話だ)、ゲートへと向かいました。思った通り紅葉が美しく、いまいちな天候と寒ささえなければ、いい気分でドライブ気分を楽しめたでしょう。でも、そこにはいくつもの滝があり、周りの紅葉と共に写真に収めておきたいほどでしたよ。ただ、私の腕では、とてもとても自分の眼で見た美しさを伝えることは出来ないので、撮るのをあきらめました。大人しく、脳裏に焼きつけておきます。はい。絵(写生)でも無理ですね。私、何よりも、木を描くことが苦手なのよぅ……(涙)。

紅葉 Image036.jpg

でも、一応、撮ってきましたよ、紅葉!(笑)
曇っていたので、あんまり色が映えていません。本当はもっと綺麗なんだようっ!! 上記の写真は加工してようやく色がでたという感じ。山の端が霞んで見えるのは、私の腕が悪いためではなくて、霧がかかっていたからです。本当に!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>山の端が霞んで見えるのは、私の腕が悪いためではなくて、霧がかかっていたからです。本当に!

はいはい。(笑)

言い訳。

ううっ。私ってば、もう、何を言いたいのか……。
この記事を書いているとき、段々眠くなってきてしまい、最後の方が支離滅裂な状態。上手いのか下手なのかと問われれば、下手です。

うああ、もう、忘れて下さい、忘れて下さい!!(涙)

今度から、睡魔が襲ってきたらどんなに中途半端でも途中でスパッと止めて寝てやるっ。それでも、文章がおかしい時があったらその時は、どうぞ、「ああ、和ぎは眠かったんだな」と思って下さいv-435

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!