2006_05
02
(Tue)03:36

やっちゃいます!!

こちらでは、只今、雨やら雷やらが落ちてきています。ので、雷が嫌いな犬(モモ)が私の部屋に潜伏中。机の下で、横になっております。

とはいえ、GW中、暑い日が続きますが、皆様、どうか体調を崩されないようにお気をつけ下さい。

(崩された方、治って良かったですね


さてさて、宣言通り、今日は「中毒語り」をしたいと思います!! わー、パチパチ。待っていて下さった方、お待たせいたしました 存分に味わっていって下さいませ!


それでは、始めましょう…


記念すべき第一回目の語りは、「KZシリーズ」でございます!!

知らない方、 逃げるんじゃありません!
マリナシリーズだと思われたでしょう? ふふふ…。私がそんな素直に、始めから出すワケないじゃありませんか♪ それでは参りましょう


まず、発刊されているシリーズ数は3冊。
「友愛クエスト」、「親友アイテム」、「初恋プロセス」。

今日はKZシリーズ①といったところでしょうか。

友愛……とは、友人に対する親愛の情。つまり、友情を指しています。このお話は、主人公達の「友愛」がテーマ。主人公は、学校でも友達が少なく、通っている塾でも淋しい思いを抱えて、ひとり、勉強に打ち込んでいる女の子。その女の子が、ある日、塾で出会うことになった男の子達と一緒に、事件を捜査しながら色んな事を学んでいく、推理物です。
推理、というところではマリナシリーズと同じなのですが、このシリーズは登場人物のひとりひとりが、自分の得意分野でその活躍を見せ、みんなで解決に持ち込むところが特徴です。

さらには、このシリーズを読みながら役立つお勉強もできると言う、一挙両得のようなシリーズ。「友愛」はそれ程でもありませんが、「親友」から随所に登場します。
(私がそれを全て理解できたかどうか……なんて、聞かないで下さいね。私は劣等生だっ)

シリーズ名にもなっている「KZ」という言葉。「KZと書いて、カッズと読む」のです。主人公達が通う秀明ゼミナールという進学塾が希望者を募って作ったサッカーチームの名前。レベルの高い秀明の中でも偏差値が70以上でないとKZには入れないという、エリート集団。KZには、登場人物の男の子達が入っています。エリート、エリート♪

登場人物はと言えば、

・立花 彩 たちばな あや
 小学校6年生の主人公の女の子。アーヤ。不得意科目・数学。国語のエキスパート。
・若武 和臣 わかたけ かずおみ
 目立ちたがり屋の男の子。教科の成績の並みが激しい。リサーチ事務所のリーダー。
・黒木 貴和 くろき たかかず
 大人びた性格の、不思議な男の子。塾の欠席が多い。対人関係のエキスパート。
・上杉 和典 うえすぎ かずのり
 冷静で女嫌いな男の子。眼鏡をかけた算数の天才。
・小塚 和彦 こづか かずひこ
 優しく、おっとりした少し太り気味の男の子。得意教科・社会、理科。

の5人が中心。マリナシーズのように登場人物が増えたりはしないし、銀バラシリーズのように毎回素敵な人が登場してもきません。(多少の例外はありますが……) この5人が毎回、その才能を遺憾なく発揮させながら事件を解決していくのですから、誰ひとり欠けてもいけません。それぞれの活躍を眼にしながら、主人公と一緒に色んな事を学べます!


――さて、ここで気が付いた方はいらっしゃいますか?

      男の子全員に「和」がついていることを

ここでピンと来た方は、素晴らしい  立派な中毒者です。ひとみセンセの好きになった人は全員「和」がついているという、「ひとみ愛ランド」の中のエッセイのお話です。おまけに、みんな、水瓶座だったら、これはもう決定的なんですけれど、ね♪

果たして、どのような意図を込めて付けられた名前なのか……。新しい試みがいっぱいと書かれてある通り、これもその内の一環なのか!?


※ 先程、私は登場人物の男の子達がKZに入っているといいましたが、実は、全員ではありません。KZに入っているのは、若武、黒木くん、上杉くんの計3名で、小塚くんは入っていません。成績はとても良いのですが、アーヤ曰く、その動作があまりにも遅い、のだとか……。



それでは、本日は、この辺りで終了です。次回を楽しみにお待ち下さい。何かリクエストや質問がありましたら、知る範囲内でお答えしたいと思います



――最後に小話をひとつ。

私は某飲料水の「若○者」を最初に見た時、「わかたけもの!!?」 っと、何やら激しく勘違いした読み方を致しました……。大馬鹿者です。そんな私は、若武が好き。……だからこれは、きっと、中毒者故の過ち……。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

藤本先生の作品は、いっつも頭脳明晰v-352な男の子がでてきますねぇ。
うらやましぃ話です…。
これも、先生の趣味なんでしょうか???

とは言え、私は実は「KZシリーズ」は未読なのです。
ブック○フにでも行って、立ち読みしてこよう~。
(もちろん、気に入ったらちゃんと買いますよv-343

2006/05/03 (Wed) 11:02 | lura #- | URL | 編集 | 返信

読んでみて下さいv

頭脳明晰で、さらに、カッコイイんですよねぇ。いいな~。
趣味かどうかは、このシリーズを読めば少しは分かるかも!? 

ふっふっふ…。未読でしたか…v-352 よし、もっと広げようという私の計画がひとつ敵いました!
個人的には、シリーズの最後まで読んでいただいて、アーヤが誰を選ぶのか!?という熱い声を期待していますv-360

2006/05/07 (Sun) 01:19 | 和ぎ #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック