2007_10
15
(Mon)23:59

それは好みの問題。

突然ですが、私、「源氏物語」(紫式部)より、「枕草子」(清少納言)の方が好きです。

もちろん、どちらも深く読んだことがある訳ではないです。でも、学校で習う程度のあらすじやお話を見る限り、私は「源氏物語」を好きになれないと思うのよね。でも、一応、「源氏物語」の漫画を読んだのよ。中身を知りもしないで嫌ってばかりいてはいけないと思って。あと、漫画家さんが好きな人だったから(でも、誰の、とは言わないでおく)。でも、どうにも……。好きになれなかった……ヨ……。だって、しょうがないじゃないか。殴りたくなるんだもーーん!! (えと、ファンの方、すみませんっ)

その点、「枕草子」は、気持ちよい程に私の好みど真ん中だったりします。
現代の私達が読んでも、「ああ、こういうことあるよね~」というようなことが書かれてあったり、自然に対する鋭い眼を持っていたりするんですよね。うん。それが、私好みです。あんな風に物事を見る眼を持ちたいなあ。


ということで、今度図書館に行く時には、「枕草子」を借りてきたいなあ、と思っています。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック