2007_10
11
(Thu)23:17

過去と現在の私に救済を。

伯母が滞在していた時、すっかりふたりの孫持ちになった伯母が孫の写真を見せてくれながら言った。

「あーちゃん(姉)やなーちゃん(私)の赤ちゃんの頃の写真、見てみたいわ~。ある?」
「2階にあるよ」
「わ~、見せて~」

姉妹同士で盛り上がる親を前に、娘の私がスッパリと断れましょうか。というか、おばちゃん、輪島に行った時とか(年1・2回)会ってたじゃない。見てたじゃない。何となく、今更な感じがするのですが……。それ以外の写真が見たかったのでしょうか? ま、いいんだけどね。

という訳で、私の部屋から昔の写真を勝手に引っぱり出されてしまいました。
だがしかし、何故か、分厚い赤ちゃんの頃の写真を納めた私のアルバムが見つからず(私は持ってない!)、私が赤ちゃんと呼ばれる時期の写真は家の中で紛失してしまいました……。ああ、赤ちゃん時代の私、君は何処へ……?? てか、小さい私が可哀相じゃないか。早く見つけて上げたいですね。ホント、どこいったんだろう。

「わあ、なーちゃん、コロコロのむっちむっちやないのー」
ええ、そうですね。3・4才の頃でしょうからね。
「なーちゃん、可愛いやん。この可愛さ、どこに置いてきたん」
……今でも可愛いです(冗談)。大人になってもその可愛さでいたら、私は人間を疑いますよ。その可愛さは、小学校か中学校の頃にどこかに置いてきたんでしょうね。

そんな伯母と姪の団欒をおいて、姉と母は、台所へ……。母よ、何故私が伯母の相手をひとりでしなければいけないのでしょうか。ここは、母も一緒になって、姉妹で盛り上がるところではないの? え、この図、ナニ?? この間伯母が来た時、かなり素っ気なかったから、そのしっぺい返し? 私は私なりにこうして団欒してるけど、それだけじゃあ駄目ですか。えー、もしもし、私にも、記憶のないことを聞かれて困ってるんですけれどっ! だーれも助けてくれないのねっ!!

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック