器用な人のみ挑戦してみよう!

こんばんはー。
計画したことの大部分に変更がありましたが、やろうと思っていたことが出来たので、「終わりよければ全て良し!」の言葉を当てはめて、今日の朝予告しておいた「片手ホック話」を始めたいと思います!!
何やらお恥ずかしいお話なので、女性、18歳以上、馬鹿なお話にも絶えられるという方のみ、続きをご覧下さい……
すいません、かなり長いです。



本当によろしいですか? あまりにもアホすぎて、今後私を見る目つきが変わるかもしれませんよ?
本当に、ホントによろし………あ、はい、しつこいですね。分かりました。早く始めます。
それでは、了解して下さった方、グンッと下に行って下さいませ。




















私がよく遊びに出掛けるメンバー3人と、下着売場をうろついていた時のことです。ええ、もうその時点でおかしいです。色々と突っ込みたいところはあると思いますが、お話を進めさせていただきますね。……まあ、下着売場といえば、下着を魅せるために、マネキンに下着を装着させていますよね。上下共に。中には、靴下を履いているマネキンや、ネグリジェを着たマネキン、冬になると腹巻きをしたマネキンなんかも見かけられますね。でも、このお話は、どんなに遠ざけようとしても、ブラジャーを着けたマネキンが登場するんだよ。彼女(?)も、登場人物のひとりなのです。

ブラジャーを着けたナイスボディーなマネキンを少々見上げ(嫌みにも腰の位置が高かった)、背の低い私は友人に呟いた。

「こんなプロポーションいい人、見たことないよね……」

「周りにはいないね~」
「まあ、マネキンだからね」

その数時間後、そのマネキンは、とあるチャレンジの対象となりました。

きっかけは、ふじT……ではなく、私の何気ない発言が原因でした。
数少ない私とのチャットをご一緒したことのある方なら分かるかと思いますが、時々突拍子もない発言を日常でもします。それが、今回の引き金となったのです。ええ、もう、全ては、我が身から出た錆。発言は考えてから口に出しましょう。

私は、ブラジャーを着けたマネキンを見ながら、再び言った。
マネキンが無言なことを理由に。

「よく、片手でホックを外すっていうけど、本当に出来るのかな?」

「ええ~、出来るんじゃない?」
「やってみようか」

――友よ、私の発言もいかな事かと思うが、ノッてくれるのもどうなのかな。
傍で見ていた残りの友人1人は理性が残っていたのか、この挑戦には参加しなかったけれど、傍観を決め込んでいましたね。ノリの悪い奴だ(えっ)。

まず、友人Mさんがチャレンジ。
「んん~~、はあっ、ダメだ、出来ないよ~」

続いて、友人Tさんのチャレンジ。
「ほっ……これ、やりにくいよっ!」

どうやらホックの位置が高いらしく、ふたりとも、やりづらいというのです。
私と同じくらい背が低い2人ですから、やはり少々見上げる位置にホックがあるのよね。
……まあ、1・2回で外せなかったら、腕が痛くなってくるかもね。

そこで、その不甲斐ない(?)結果に不満を持った私は、次のチャレンジャーとなりました。
少しだけ踵を上げ、マネキンの腰に左手を置き、右手をマネキンの背中へ……。





      パチッ。





……………はずれた。
その間、わずか数秒だったと思う。
ブラジャーがはらりと落ちてきた瞬間、友人達はどよめいた。

「いやー、なぎさん、いやらしいっ!」
「どんなテクつかったの~?」
「なぎさん、持って歩かないで、ちゃんと元に戻しておかなきゃ」

言い掛かりな友人を、ブラジャーを持ったまま追いかけようとしたら、傍観者だった友人Yに止められ、私は泣く泣く追うことをあきらめ、マネキンに再びブラジャーを着けて上げようとした。――のだけれど、これがどうにも、上手くいかないのです。ツルツル滑って、なかなかホックが止まらないっ! その後、数回目でようやくマネキンの胸を覆うことが出来ましたが、外すよりも、着けることの方が難しいと思いましたね。そして、着けようとしている時の方が恥ずかしい!! 着ける時は片手では無理なので、どうしても両腕をマネキン(とはいえ彼女)の背中に回さなければいけない。それが、もお、恥ずかしかった!!! この体勢では無理だと悟って後に回ってやる時も、恥ずかしいったらない。今後一切、マネキンのブラジャーは外すまいと思った。

――というか、女性が自分以外のホックを外す機会ってそうそうない。
(下着売場・ショップにいる店員さんなどは別として)
まあ、まず、やらないだろう。


美馬さんの偉大さ(?)がよく分かるような出来事だった……。
(あれを読んだ時は、この先、読み進めても良いものだろうかと考えたなあ。実際、本を閉じてしまったよ。未だにあのページだけは勇気がいる/「恋人たちのパシォン」)
うーん、でも、女性と男性では感覚が違う、かな。

皆さん、どうぞ、挑戦する時は恥ずかしさを覚悟の上、周りをよく見て、チャレンジしてみて下さい。
――で、その結果、どうだったかを教えて下さいませ(共感できますので)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!