2007_08
02
(Thu)23:49

それは誉め言葉なれど……。

起きたら、何故か、両の肩が痛いのです。
不思議です。何か変なことしたかしら? と、考えたら、この痛みは筋肉痛なのではないかという答えに行き着きました。昨日、大きい荷物を抱えて(持って)いたから、肩に痛みが来たのだと思うのよ。うん。


さて、話は昨日に戻るのですが、荷物を詰めている時、部長に話しかけられました(ひえっ)。何か、舞い戻り人みたいな気まずい気持ちが私の中にあったので、なるべく目立たないようにしていたつもりだったのですが、ロッカーの前でゴソゴソやっているので無駄だったみたいです。もう、かえって目立っていたのでしょうね。「誰かと思った」と言われてしまいました。ううっ

その時に、「○○、その髪型の方がいいぞ」と言われました……。
結びづらい髪型のため、私はとっさに否定したのですが、部長、それは、前の私の髪型はいただけないということデスかー? って、ちょっと卑屈な気持ちになっちゃったぜ。でも、それは誉め言葉ですよね。ありがとうございます。でもでも、この髪型、やっぱり暑いんだよう!!


…………今、必死で誤魔化そうとしているのですが、どうもいけませんね。
私は、恥ずかしいっ! 誉められ慣れてないので、たまーに、また、突然に誉められると、もう、恥ずかしすぎて、どうしていいのか分からなくなります。
思うに、きっと部長はすごく無意識。意識してなくても女性を誉めることが出来るんだろう(というのも、チーム内の上司がそう言っているのを実感しただけのこと)。声も素晴らしく良い声なので、昔はとてもモテたんだろうな。今は、とても綺麗な奥様をお持ちだけれど。子供さんも、とても礼儀正しいかわいい子だったなぁ。



そして、最後に。

人間関係においては、とても恵まれていた職場でした。
皆さん、とても親切で楽しい方ばかりでしたから。もちろん、嫌な面も見てきましたけれどね。
でも、それでも、私には我慢できない所でもありました。

今思い出せば、とても懐かしい思い出になるものばかりが残っています。
それはどれも、とてもいい思い出です。
愛しくて、涙が出そうです。
でも、私の決断は変えることが出来ませんでした。

嫌な思い出で溢れて、あの場所を嫌いなまま終わらなくて本当に良かった。


いい経験をしたと、言える職場でございました。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック