2007_06
29
(Fri)00:16

決意の日、疑わしき。

……迷っている、と私が言ったのを、皆さんは覚えておられますでしょうか??
私、決意をして、失う方を選びました。
でも、でもね、いざとなると私はとても臆病になってしまって、なかなか言えず仕舞い。そのまま数週間が経ってしまいました。その間、チームの空気が乱れっぱなしだったことは、ぜーんぶ、私が悪い。ゴメンナサイ。
何を失うことを決意したのかというと、これがビックリすることに、お仕事でございます(驚いた方は拍手)。これ以上辛くて迷惑かけるのも嫌なので……というのは、自分の本心ではない、とは思う。建前かな。でも、ホントにこれ以上はもう無理だと思った。ただただお給料をもらうのは悪い気がするのだ。だからいっそ、辞めてしまえ、と思ったわけでございます。

っが、私の上司に当たる方(チーム内で)が、許してくれませんでした。
「逃げているように見える」のだそうですよ。
なにから?? お仕事から? 自分から? それとも、もっと別の何か?
少なくとも、5月からずっと悶々と苦しみ、悩んでいた私は、やっと答えが出たと思っているけれど。
今月の中頃からさらに悪化して、態度が悪かったのを別の方向にとられた可能性を否定できない。チーム内で小会議(笑)が行われたその日に申し出ていることで、タイミングが悪かったと思う。

でも、逃げるのもひとつの手じゃないか。弱い奴は、逃げろ。逃げて、生き延びろ。生き延びるためには、逃げたっていいじゃないか。ふんっ!

私は、一度こうと決めたら、何がなんでもやってみせるの。頑固なの。
苦しんで、悩んで出した決断を、そう簡単にひっくり返させられてしまったら、その間の時間はなんだったんだ、ということになるじゃない。私には、無理だっていうのが結論として出た限り、これ以上のことを私に求められるのはキツイ。協力してもらっても、嫌々やられたら、気分悪いだろう。たとえ、その先に何かがあっても、私の出した結論はいつか必ずやって来る。

成績が悪い私を引き止めても、会社の利益にならないと思うよ。
何より、給料泥棒の私が自覚しているのだから。
心底思う、向いてない、って。


――だから、もう一度私は決意することにする。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック