2007_06
13
(Wed)23:48

諦めることも勇気、諦めないことも勇気。

迷って迷って出した決断に、ひとかけらの後悔もない、と言い切れるワケがない。もしそうだと言い切れるのなら、始めから迷ったりしてない。

迷った末、私の出した決断は……12-3=9。
何のことかと言いますと、ポストカードの厳選枚数ですよ、奥さん。

ああ、くだらないと思わないで。私の趣味の一環でもあるのですよ。私はとにかく、色んなものを集めるのが好きなのですが、その中でもポストカードは圧倒的に量が多い。まあ、まだまだ微々たるものですが。いいですよね、場所もとらないし、コレクションにしやすくて。

色のグラデーションにも弱くて、色鉛筆や、ペン、紙などが濃淡でもって並べられているのを見ると、思わずうっとりしてしまいます。雑貨コーナー・店に長時間いられます。

んで、何のポストカードかといえば、「TINTIN(タンタン)」のポストカードですっ もおっ、すっごく迷ったの! 何十枚もあるんだもん。その中から選ぶのは、凄く時間がかかった。

まず、「TINTIN」は、原作以外の絵は使用しては行けない。エルジェの描いたタンタン以外の絵は出回ってないはずです。原作を把握して、熟知した人が見れば、これはどこの回のどの場面かすっかり分かるのです。とはいえ、カラーで描かれた「TINTIN」は、どのコマのどんな人物も、とても丁寧に描かれていて、どれもとても美しく面白い。どこをとっても、絵になるのです。

そんな中から手に出来る枚数を選別するのは、胸が痛みました。
出来ることなら、全部まとめて大人買いしたかった……!!

でも、ポストカードの他に、実はもうひとつ、スティックのりも購入したのです。
これは、もらった団扇に手を加えようと思って、のりがなかったのでついでに買ったものですが、あっても困らないものなので、この際だと思い、一緒にレジへ行くことになりました。

買ったポストカードをコレクションに追加している時、私はやっぱり、少しだけ後悔していました。
ああ、あれも、これも、それも、全部欲しかった……と。



――それからもうひとつ。

誰にも言っていないのですが、私は迷っている。
振り子のように、ゆらゆら揺られ、気持ちが定まらない。
失うものの重さと得られるものの重さを天秤に掛け、どちらがより重いのかを見極めようとしている。どちらを選んでも、同じように大変なことが待っているから、慎重に。

どれかを手放さなければならないのなら、私は納得した上で、手放したいから。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック