2007_06
04
(Mon)01:07

身長か、顔付きか、雰囲気か。


実はつい先日、学生に間違えられた。

たい焼きを売っているおじさんに、である。
スーツを着ていたのに!! おじさん!! どうして!?

そりゃあ、スーツっていっても、ちょっとカジュアルではあるけれど、制服と間違えられるなんて! ……おじさん、地味にショックだったよ。おじさんは、私を、高校生だと思ったんだね? (中学生だとは、さすがに思われないだろう)高校を卒業して、何年が経つと思っているの。私は、社会人デス。

そういえば、高校を卒業してすぐの頃から、勘違いされてました。
当時、現役の高校生に、「うそ、私より年下だと思った……」と。ああ、この複雑な感情を、私は誰にぶつければよかったのでしょう。結局、友人にぼやきましたけれど、相変わらず複雑な心境になります。

その理由は、何でしょうねえ。
私が小さいから……とはいえ、もっと小さくても大人に見える人はいるのだし、キッパリそうとも言い切れない。顔が童顔か……と言われれば、ちょっと違うような気がします。今まで一度もそんな風にいわれたこともないし。うーん、私の持っている雰囲気……って、いっても、こればかりは私自身には分からない領域で、はっきりしないですよね。大体が、はっきりしたものではないと思うし。

他には、何が考えられるだろう?
ううーん、高校生の頃からあらゆる成長が止まってしまった……何ていうオチは考えたくもないけれど、気持ちは、きっと、高校生のまま止まっているんだと思う。何せ、時々、子供っぽい(高校生に失礼)考えをしますから。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック