№3 【う】

連想五十音3番目は【う】です!

何故ウチのおてんば犬に「小梅」と付けたのか、名付け親となった私がひっそり、こっそり、語ります。


      (少しばかり、中毒者らしい内容です……)


【う】 ―梅―

始めにやってきた柴犬の「モモ」は母がもの凄く安易に(?)付けたものですが、それを漢字にすると「桃」だと思うのです。(漢字じゃないのですよ)そこではたと思い出しました。桃はバラ科だと!! ここで中毒者である私はコレだ!と思ったのです。この子犬をバラ科の植物の名前にしてやれっ、と。

それ以前は、「桃」ときたら「桜」「すもも」なんかだと連想していたのですが、バラ科だと思い出した途端に、これを家族にプッシュしなければと、犬の名前を全く考える気がなかった私は思ったのです! そして、ひっそりと名前を考える姉に近付く私……。


ああ、恐ろしき中毒。バラ=シャルル!!な思考。


かくて私は、家族にそれとなーく提案をしたり、却下したりと、策を巡らせました。………えっと、ちょっと誇張しました。
まあ、その結果、私は数ある中から「梅」を選んだのです(何で「梅」を選んだのか覚えてないのですが…)。

が、ここで思わぬことに、姉が「梅」よりも「小梅」の方がいいと言い出したのです! 変わらねーじゃん!と突っ込んでみたり、どうせ「梅」って呼ぶようになると言ったのですが、姉は頑として譲らない。まあ、姉が飼いたいと言って買った犬だから、姉が飼い主ですけど?

母にも反対された姉ですが、結局、この頑固な姉は見事、「小梅」の名前を犬に付けることが出来ました。


それから数週間後―――


私が当初予想していた通り、「小梅」は「梅」と呼ばれるようになりました。

結果オーライ……なのだろうか……?



「梅」……その名前に、一応、春1番に咲く花のように強く優しく育って欲しいなぁ、と思いを込めてみた子犬は、今ではモモの体重を軽く超し、大きく、たくましく育っています。

相変わらず、激しすぎる甘えに家族中(特に私)に迷惑をかけながら。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

連想五十音の記事、おもしろいですね~。
しかもネタ補充にもなって、うらやましぃです。

前に来た時に、コメントしそびれたんですが、和ぎさん、藤本先生のファンなんですねv-343
私も小さい頃、読んでましたv-363 主にマリナシリーズ。
今後、藤本作品関連の記事にも期待してますv-343

さっそくお越し下さって、ありがとうございますv

ネタに困ったときはコレですv-360
何しようか、言葉に迷うのですが……。

ファンです~v 私も、マリナシリーズが1番好きですe-266 luraさんも読んでいましたか~。よかったです(何が…?)☆

はい、頑張って記事を書きます!!
よろしくお願いします~♪

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!