2007_03
06
(Tue)01:00

由来を探れ!

私の好きな深夜番組で、興味深い内容を放送していました。それは、日本人の名字に関するもの。仕事に関するものや、地名から取ったものなど、たくさんの名字が存在します。その名字の謎をひもとけば、ご先祖様がどんな仕事をしていたのか、どこの出身なのかが分かるのです。番組内では、一見しては読めない名字を当てようという企画もありました。いやー、日本にはこんなに凄い名字があるのね~! などと感心していましたが、そんな私の名字もとても珍しい名字なのです。

私、この名字がどこから来たものなのか、ずうっと不思議でならなかったのです。誰でも1度はやったことがあるのではないかという、自分の名前をネットで検索もやってみましたが、人名ヒットは、自分の親と某大学にお勤めの方のみ。少ないです。非常に。同じ名字の方(親族は除く)に会ってみたいですね。読み方は同じでも、漢字が違えば、大分絞られますよね。珍しい漢字の使い方なんですよ、これがまた。ご先祖様は、一体何者だったのでしょう……?

以前チラリと、名字に「矢」がついていると言ったような気がしますが、「和ぎ」と合わせると「和矢」になることに、なかなか気付きませんでした。偶然です。まったくの偶然です!! 同じ意味の「凪」を使うのが嫌だったので「和ぎ」にしたという、単純なものです。始めてお目にかかる方には、読みにくい名前ですね。実は、それも私からの罠なのです!(嘘)

正しく書くと(旧字体)、年輩の方でも読めない、この名字。
いつかそのルーツを知ることが出来ればいいな、と思っています。


――そういえば、今日、こちらでは雪が降りました。積もることはありませんでしたが、寒い。寒かったです。白いものが目をかすめた時には、ゴミ袋でも舞い上げられているのかと思ってしまいました。いや、ね、今日も風が強かったから、その可能性もあるかな、と思いまして……。情緒がなくてすみません

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック