2007_03
04
(Sun)23:59

いっそのこと、1から。

今日は、靴選びに奔走いたしました。もう、靴は当分見たくないや
私の足は、結構ひねくれ者。母方の遺伝だ。マリナの友達のお嬢さまがいたなら、散々にけなしてくれるだろうな。マリナと良い勝負になるかもしれない。

まあ、そんな訳で、私の足に靴を合わせるとなるともの凄く大変なのだ。デザインが良くても足に合わなかったら、それはもう駄目。涙を呑む。足に合っていても、デザインが悪かったら嫌だ。必然的に却下。色も好みで決める。たとえば、茶色ひとつでも、明るいのから暗いのまであるからね。

昔から、この気難しい私の好みとひねくれ者の足に文句を言って悩んでいるのは母です。今日もつき合ってもらったのですが、時間がかかるなどと文句を言われました。母の血ですよ。母自身も、姉も、同じ足を持っているでしょうに。そこに私の気難しさが混じっただけじゃないか。時間がかかったからって私のせい……ですね、ハイ。ゴメンナサイ

で、結局、私が色の方を妥協して新しい靴を購入しました
履いたり脱いだりするだけなのに、こんなに疲れることはない。この際、もう、下駄やわらじで日本古来の履き物を取り入れてみるのもイイかもね。はあ。私にお金の余裕があったら、靴も洋服みたいにオートクチュールしてもらうのに……。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック