スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャーロック・ホームズ(映画) 
散々好きだって言っておきながら、私、映画のおススメしてなかったことに、最近気付きました。

BBC現代版はやっているのですが、映画版は紹介してませんでしたね。感想をもらしただけでしたね。

――ということで、今日は、今更ですが、改めて映画版のご紹介を(苦笑)。


シャーロック・ホームズ スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]シャーロック・ホームズ スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/08/07)
ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る


出演、ホームズ=ロバート・ダウニー・Jr. ワトソン=ジュード・ロウ 監督、ガイ・リッチー

現在3の撮影が待たれているシリーズです。
私も、始めは、「え、ロバートさんがホームズ?」と思ったものですが、1を観ている内に、そんな疑問など吹き飛んで行ってしまいました。こういうホームズもアリかなと(笑)。恐らく、世界中の誰もが、ジュレミー・ブレットの、挿絵から抜け出たような紳士然としたホームズを思い浮かべることでしょう。でも、聖典(原作)をよく読めば、この映画のホームズも間違いではないことに気付くと思われます。たとえば……格闘技は結構強いこと等々。まあ、この映画のホームズは、歴代から見てもぶっ飛んでると思いますけれど(苦笑)。少なくとも、スマートからはかけ離れています。

映画1は、出会いから始まりません。ワトソンが結婚しようかという時から始まります。ふたりがどんな風に関係を築いてこういう風(笑)になったのか、それはわかりませんが、仲良しこよしといった雰囲気ではないのは確かです。ワトソンがホームズのせいで自分はノイローゼだと言ってしまうほどウンザリしています。……でも、そこはコンビ、結局はホームズについて行くのですが……★

詳しくは、こちらの動画をご紹介させていただくことで、割愛させていただきます。
(※ 結構長いので要注意)




2は、ワトソンとメアリーが結婚し、ハネムーンへと行く……はずだったのですが、モリアーティー教授の魔の手がふたりに忍び寄ることに……!? もちろん、ホームズが止めに入るのですが、その止め方がまた、観客を驚かせました。1でちらっと影を見せていた宿敵・モリアーティー教授がついに姿を表し、ホームズと対峙するというお話です。ああ、もちろん、教授と対決するということで、最後はライヘンバッハまで行ってしまうのですが、最後まで観ていただくと、笑えること間違いなしです。


この映画、実は著作権を管理している方(だったかな)から怒られたことがあって、あんまりゲイ主張するなといさめられました(笑)。ホームズがワトソンを好き過ぎるんだと思います。自分のことを分かって傍にいてくれるのはワトソンしかいませんからね。しかし、歴代ワトソンから見てもサディスティックなワトソン(顔面にパンチを打ち込む)ですから、どっちもどっちでしょうか。そして、この映画、女性陣最強説があります(笑)。


紳士然としたホームズのイメージをブチ壊すホームズではありますが、少しでも興味がわいた方がいらっしゃいましたら、是非、ご覧ください。これは、バティものだと思えば、楽しめます!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://soramoyounagi.blog59.fc2.com/tb.php/1486-f507096a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。