2007_02
19
(Mon)01:59

神様は悪戯をするかも…?

前記事の翌日(土曜日)、私は友達と遊ぶことにしました。本当は、バレンタイン創作をしたかったのですが(まだ出来てなかった)、あんな気持ちで創れやしなかったし、何より、ひとりでいるのが嫌だったのだと思います。

本当に久しぶりで、借りていた本も返すことが出来たので大変良かったです(ゴメン、Kさん…)。お茶を飲んだり、無駄話に花を咲かせたり、バッタリ同級生に会ったり……。お仕事のことを忘れさせてくれる一時でした。

何より嬉しかったのは、友人達が私の誕生日プレゼント(半年経過!・笑)を買ってくれたことです ちょうど傘を欲しがっていた友人の横で、「私、これが欲しいー」といつものように茶々を入れていたのですが、友人は色違いの物とをふたつ手に持ち、スルリと消えたかと思うと、買って来て言ったのです。誕生日プレゼントだと。全く思いもしないことに出くわした訳です。
その後、もうひとりの友人がブックカバーと、しおり用のチェーンを買って下さいました。もう、何て素敵な友人が傍にいるのだろうと、うれし泣きしそうでした(大袈裟)。

その後も楽しい時間を共有してくれた友人達に、大感謝です。
また濃いドラマ話にお付き合いできる日を、楽しみにしています。


そして今日も、「お仕事だよー…」と陰鬱な気持ちで橋の上にぼけっと佇んでいると声をかけられました。Sさんに。橋の上でバッタリ会ったのにも驚きですが、私の気持ちを静かに悟っていただけて、ふたりしてしばらく河を泳ぐ鳥達を見ながらお話をした、それだけで、私はSさんに慰められました。

まあ、女ふたりで橋の上で何やってるんだろう、と思わないでもないですが、それを打ち消してしまえる程の気持ちをもらったので、そんな人目のことなどどうでも良かったのです。私はとてもうれしかったのですから。やっぱり、泣きそうなくらい。

口にはしなくても、ただ傍にいてくれるだけで私はうれしかったです。
某動物アニメを観て涙を流してしまうあなたが大好きです。
(TVドラマで涙する私を想像できないって? 失礼な! 笑)


この数日で、私は(創作の中の)シャルルの気持ちがわかりました。クリスマスのお話には、ジルはおまけでしかありませんね。私は、シャルルとマリナが恋人同士になっているお話を創りたくなりましたよ。ふふ。


神様は、時に意地悪だと思う。
道端に突然落とし穴を作って人を落としたと思ったら、その次の瞬間には梯子を持った人を連れて来てくれたりする。
これがどういう試練なのか皆目見当も付かないけれど、取り合えず私は皆に感謝する。

ここしばらく、自分のことだけしか見てなかった私に対する警告だとしたら……私はちゃんと気付きました。
私の周りには、素敵な人がいてくれます。愛しい人達です。
ないがしろにしてはいけませんね。気を付けます。


先日見つけたTVドラマ(DVD)「神様はサイコロを振らない」を観たくなりました。




下記の記事へのお返事は、また後日書きます。
少々お待ち下さい、Mさん♪

私は言葉も見つからない程うれしかったです。
大感謝しています。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック