09
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

変わらない8年。

23日にお越しくださった皆様、ありがとうございます。
その日のカウンターの数字にビックリしたのは私です。ああ、でも、あとひとりで、100だった……。

まさか、ここまで変わらずにブログを続けることになるだなんて……凄いわぁ。始めた当初は、本当に「ブログ」というものが目覚ましい時期の只中でした。今は……ツイッターかな。でも、私、SNSが嫌いだと公言しているので、まだまだブログでやって行きたいと思います。よろしくお願いします。

間に合わないと叫んでいたにもかかわらず、お越し頂いた皆様の声に答えるべく、和ぎは頑張りました!! まあ、途中、脇道にそれて行ったりもしたんですけれど。でも、その甲斐あって、お話が完成いたしました☆ う~ん、でもこれ、祝っているのか微妙だなぁ。……毎回か。これも毎回か。しかし、中身はシャルマリだと、熱く言っておきます。語り部が第3者のオリジナルキャラクターで、名前すらないというだけのことです。中はシャルマリだっっっ!!!!!

……ということで、さっそくお話の方をUPします。
楽しみに(?)していてくださった皆様、続きをクリックしてお読みください。




.
.
.
No.56

 ――シャルル・ドゥ・アルディは、猫を飼っているか?

 ある時、人からそう尋ねられた。冗談かと思って笑いながら顔を見上げると、彼は至極真面目な顔付きで返事を待っていた。冗談、じゃなさそうだな……。
 猫が人に飼育されるようになった起源は、古代エジプト以前からだ。穀物を荒らす鼠を狩る為だろう。それは鳥であったかもしれないが、まあ、とにかく、穀物を守る為だったのは違いない。そこから愛玩するに至り、現在は犬と同様ペットの代表を務めている。
 ネコ目(食肉目)、ネコ亜目、ネコ科、ネコ亜科、ネコ属に分類される、小型哺乳類動物だ。
 猫は犬とは違って、人とつかず離れず暮らしている。確かに人に懐くが、猫は独自の世界を持っている。彼等はどこか、野生の心を持っているのだ。
 一方、シャルル・ドゥ・アルディは、研究所を持つフランスの名の付く鑑定医だ。いくつか、誰も手に負えない事件を解決に導いている。が、性格に難ありの人物で、人嫌いとして知られてもいる。人を寄せ付けないし、人も彼に近付きたいとは思わない、というのが一般的だ。
 彼の容姿は常に人目を引く。老若男女問わず。……つまり、美貌の持ち主なのだ。それは彼にとって幸か不幸か。彼自身が唯美主義なのは本人も認めているところだが、それ故に彼に近付こうとする人々が後を絶えないことについては、苦々しい思いに違いない。それが、彼の人嫌いに拍車を掛けているのではないかと、僕は思っている。
 そんな彼が猫を飼っているという話は、にわかには信じ難い話ではあったけれど、しかし、心のどこかでホッとするような、笑い出したくなるような気持ちもあった。彼も人間であったのだと。
 でも――と、首を傾げる。
 彼が猫を飼っているという話なんて、一度も聞いたことがない。
 確かに、彼は滅多に自分のことを話はしないが、それでも一緒に仕事をしていると、プライベートなことが人知れず漏れたりするものだ。特に女性達の眼を掻い潜るのは、至難の技だろう。そんな彼女達の間でも知られていない話ならば、それは“あり得ない”確率の方が高いのではないだろうか?
 ――しかし、これは自分の考えだ。どこでそんな話を聞いて来たのか分からないが、他の……もっと彼に親しい人物ならば、知っているのではないか? たまたま僕が知らないだけかもしれない。そう思って、早速、聞込みを開始した。僕だって知りたい。

 研究所所員:Rの話。
   「シャルルが猫を? そんな話は聞いたことがないなぁ」

 屋敷関係者:Wの話。
   「存じません」

 警察関係者:Kの話。
   「……えっ、彼女のこと知ってるの? どんな猫かって? うーん、日本生まれで、茶色の髪と眼を持っていて…………、とっても元気な女の子だよ」

 研究所役員:Aの話。
   「さぁ。……でも、心当たりはあるわね。不確実なことは言わないでおくわ、じゃあね」

 交友関係者:Mの話。
   「飼ってるっていう話は聞いたことないわ。ただの噂じゃない?」

 親族関係者:Jの話。
   「秘密です」

 より親しい人物に近付けば近付くほど確信を得ないので(しかも、一部を除くほとんど皆、一様にニヤニヤと笑っているのだ!)、僕は好奇心と苛立ちをそのままに、直接本人に訊ねてみることにした。研究者として短慮だと言われようが、構わない。これ以上、気になって研究に力が入らなくなる前に、この問題を解決してしまいたいのだ。休日、街中で猫を見かけ、所長と猫のことを思い出して悶々とするのはもうこりごりだ! ウエートレスに奇異の眼で見られたんだぞっ!! もう、あのカフェには行けないよ……。
 そんな、悩める哀れな羊である僕に、彼はこう言った。


 ――シャルル・ドゥ・アルディは猫を飼っているか?


 答え、僕の、絹糸で織ったタペストリーのような繊細な日々の生活の為、答えは言えない。






またもや昔の話を引っ張り出して来ました(苦笑)。
SS №04 を参照して頂くと、分かりやすいかもしれません。

いつもと違って、語り部の性格のお蔭で多少ユニークになったと思いますが、如何でしょう?
答えは、皆さんがもうすでに知っての通りですので、バッサリ割愛しました★


スポンサーサイト
Secre

Calender

08 ≪│2017/09│≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Counter

キリのいい数字が出たらお知らせください♪

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー

最近の記事

コメント

トラックバック

リンク

待ってます!