スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何でもないことが気になる。 
雑誌の表紙がベネさん祭が始まりました……あな恐ろしや。

あの後のイベントで、ベネさんがスマートフォンを使って記念写真を撮っていたら、ついうっかり!?お父様と電話で繋がってしまって、歓声を聞かせていたり、オーリーに「(電話の相手)君のお父さん?」って笑われてたり、マーティンに電話を渡してお父様と会話させたり(マーティン・渋い顔でお話/ベネさん・その隣で茶の魔法使いさんとスリーショット?をアンディに撮ってもらう……という訳の分からないことに・笑)している動画も色んな意味で面白かったです。他の皆もそれぞれ写真撮っていましたけどね。仲良しだ。

裸足の当てっこ動画が物凄い可愛かったり(某方の裸足が間違ってた時の皆のリアクションが、もう…)、色んなインタビューが上がっていたり、Z○Pにベネさんだけ来日の思い出語っていたり(料理がおいしかったって、それ、チキン料理だからじゃないの、ベネさん…)、欧米はいいな!! 日本んんんんんんん!!!!!!!!

「SHERLOCK」では限定公開があったり、ネタバレ画像が出たり、こっちも脚本家さんや主要キャラのインタビューが上がっていたり、こちらも大変盛り上がっています。


こんな様々な情報をチェックしつつ、私は、「シャーロック・ホームズ クリスマスの依頼人」を読んでいます。……いや、だって、クリスマスシーズンだから……(笑)。これは、パスティーシュのアンソロジーになるのかな? 色んな方のクリスマスシーズンのホームズが楽しめる1冊になっています。でも、これまた分厚く、430ページ以上になります。おぅ……。でも、1話1話が短いので、あっさり読めてしまうかも? ハドソンさんの手料理に舌鼓を打つコンビとか、プレゼントを交換し合うコンビとか、色々なホームズ・ワトソンが楽しめます。もちろん、事件を解決して行く物語ですので、推理等も見所ではあるのですが。実はこれ、好評だったらしく、2も存在するのですが、生憎、こちらは馴染の図書館にはなく、離れた場所の図書館までいかないとダメかも……。でも、まあ、今年のクリスマスはこれ1冊で充分なような気もします。



相変わらず、「銀薔薇」は読み進められずにいるのですが、「KZ」新刊は読みました。
なんだ……あの……アーヤに恋愛の仕方を、誰か、教えてやれよ、早く!! と、思いました。いや、別に、いいんだけどさ。ちょっと……とある人物達が可哀相になっただけ……。しかし、多感なお年頃の時でも、そこまでチョコレート(バレンタイン)に思いを巡らせることなんてなかったぞと、ほぼ毎年バレンタイン話を創っているのに可愛げが足りない私は思いました。私の方が、チョコレート欲しいくらいです(食べたいだけ)。しかし、私も、アーヤくらいの時に、不良に絡まれたなぁ。私の場合は、女性でしたけれど。どうなったかというと、なんだか仲良くなったのかな。あの後、会うこともありませんでしたが……(合っていてもきっと分からない)。私、スイッチが入ると、時々こういうことをやらかすんですよね。普段は、しないですよ、多分……。うん、いつスイッチが入るか分からないから、ハッキリ言えないわ(汗)。

そして、もっと気になるのが、本文中のイラスト。始め?のイラストを見た時に違和感を覚えたのですが、内容に集中していたので素通りしてしまいましたが、後でよく見ると、表紙と本文イラスト、描かれている方が全く違っている!!! 何故!?!? 駒形さん、どうかしたの!? 気になって、夜、ベッドに入ってもいつの間にか朝になってます!! 

しかし、この回は新たな謎?を幾つか残して行きましたね。このままエンドでいいのかと思うくらい。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://soramoyounagi.blog59.fc2.com/tb.php/1389-295d7145

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。