お返事?

「モンスタ~」観て来ました。面白かったです!! 始まる前の傘の話も、可愛らしかった……。
マイクの、若干ズレてるような明るさ・前向きも、そこら辺から来ているのかなぁと、思いました。会社内での成長期スゲー。うん、青少年・大人の映画ですね。もちろん、子供達も楽しめると思いますけど。

もうすぐ「スタトレ」公開ということで、ベネさんがメディアに登場しまくっています。
本日(日付変わってしまった…)、めざま○TVに浴衣姿のベネさんが登場ということらしいので、両目かっぴらいて張りつこうかと思います。動く浴衣ベネさんが、見たいっ!!!!! 見終わったら、「ニューセクシー!!」って言うわ。でも、主役は彼じゃないからね。ちゃんと監督や主役達(クルー)の取材も撮ってるんでしょうね?

そして、見逃したN○Kの英会話も本日再放送なので、見なければっ!
金曜日には、「あさいち」で出て来るらしい。

映画を観る時は、2D字幕がいいな。いつも利用する場所に、あるかな…………。
やっぱり、字幕で楽しみたいんですよね、ベネさんも楽しむなら。あ、私、別に、字幕読むの嫌とか面倒臭いとか思ったこともないので、全く抵抗ないです。普段なら、時間さえ合っていれば、どちらでも構わないというような人間なので。



んでは、以下からは、ベネさんの濃いお話(?)というかお返事なので、お心当たりのある方以外の皆様は、ここでお終いです!

.
.
.
☆ QPさん

はじめまして、QPさん。お返事が遅くなってしまってすみせん。シャルルで検索して、すぐに出てくようなサイトではないと思っているのですが…………。いや、だって、創ってる話が話だし(出会い編もなく、ただ日常を追ってるだけ)。まあ、お話は無駄に多いですけれどね☆ とはいえ、こんな僻地まで足をお運びくださって、ありがとうございます。うれしいです。しかも、同じく「SHERLOCK」にハマっている方だなんてっ!!!

しかも……試写会に当たって、観に行ったですってぇぇぇ。う、うらやましい~。地方にいる身としては、東京このヤロウ! な気持ちを味わっていました。出待ちしてたらサインもらえたとか、羨まし過ぎます。今回は、本当にネット公開が多かったので、ネットはこういう風に使うんだと、改めて、しみじみと、利点を感じましたよね。回覧数もハンパなかった……。うん、面白い。ニコ生は監督も他のクルーキャストも好印象だったみたいですからね、あれは、いい。

そうでしたか、試写会は2回目でしたか……。でも、確か、ベネさんに一部の方が質問できるんじゃありませんでしたっけ。生ベネさんをその場で共有出来ただけでも、大変うらやましいですよ。1番はやはり、ラストの回ですケドねっ。『エゴの部屋』に入りたかった(笑)。もうね、エンドロールが終わってすぐに撮影が(恐らく)……。ここにBCがいて、映画観ながらここで飲食してたぞ! っと皆様が写真を撮られている画像を見ました(笑)。片付けて行かないのかよっ! と突っ込みを入れたのは私だけでしょうかね。無頓着・無防備スギです(苦笑)。もって……持って帰る人、いますかね? ああ、そうか、そこまで考えが及ばなかったです。そういう人もいらっしゃいますよね。ホント、あの後、どうなったんでしょうね?

普段着、着物でいいかもしれませんね(笑)★ いやあ、それ程、よく似合っていました。恐ろしい人! 確かに、なで肩なせいもあるかも(笑)。着崩していない点も高得点ですよね。帯はウロコの模様だそうで、古典芸能では、鬼女や蛇の化身の衣装に使われるみたいです。シャーロックだけじゃなく、マスウグも交わってますよ! 話がそれますが、普段着のベネさんと、“ビルボ”なマーティンの画像はもう見ました? 監督が「マスウグはビルボの足に見惚れる」というようなタイトルで公開していたと思います。仲良しだな! と思わせる楽しげな画像でした。マーティンが可愛かったです。

そうなんです、マーティン本も購入したのです。私、そもそもがホームズ好きなので、「SHERLOCK」もその延長線上なんですよ。映画のホームズ(RDJ)も劇場で1から観てますし。なので、シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソンというコンビが好きなんですよね、きっと。だから、ふたりを演じているベネさんとマーティン、それぞれが好きなのだと思います。まあ、比重は、ベネさん寄りだと思いますけれど……。でも、マーティンも、カッコカワイイ、素敵な人なんですよ!!!

「SHERLOCK」S3のDVDが、来年度内に発売されるそうなので、ひょっとしたら、初放送からそんなに待たなくてもディスク化されるかもしれませんよ!? 角川さんが頑張ってくれるみたいです。って、まだ撮影している(もうそろそろ終わるけど)最中なのに、もうディスク化の話(笑)。S4のことを言ったら鬼が笑いますかね? ふふ。でも、それだけ楽しみにしているってことで!
ヒゲジョンには驚きましたよね。でも、私はうっかり、ヒゲジョンもいいんじゃないかと思ってしまいましたよ、はっはっは。ヒゲシャロ(シャーロックのヒゲ)は……確かに……止めて頂きたい。


私の書いたものの中には、間違ってしまっているものもあります。申し訳ないです。
しかし、それでも、楽しんでいただけたら、とっっってもうれしいです♪ 私自身は、そんなに笑わせようとしている訳ではないのですが……根がきっと笑わせたがり屋なのかも!? 素の私の言葉はどうやら人を笑わせてしまうらしいので(素が出やすい親族によく笑われる)。学校でも、その場にいた全く見知らぬ人に笑われた(吹き出された)こと、ありますからね……。いえ、笑って頂いて大いに結構! たとえそれがシャルマリ話でなくとも、私は大歓迎致しますから。またいらしゃってくださいませ~~☆★☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ QPさんへ

お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
この通り、不精しておりますが、お返事いたします。

私、推理物が元々好きで、マリナシリーズも推理物じゃなかったら今も知らないままだったと思います。“推理物=主人公が名探偵”の図式にマリナははまらないと思いますけれどね……★
私もシャーロキアンというのはおこがましいほどなどで、いちファンんということで。正典も小学生~中学生の頃に一度読んだだけで、ほとんど覚えてない状態です(只今中断していますが、再読中)。私の部屋の本棚には、ホームズのモデルとなったベル博士と若き日のドイルのお話(フィクション)「コナン・ドイルの事件簿」と「SHERLOCK」のDVDが並んでおります。映画はもちろん、グラナダ版とロシア(ソ連)版のものも揃えたいなぁとは、思うんですけれどねぇ。


そうですよね、好きになるキャラって似ますよね……(溜息)。
シャルル然り、ホームズ然り、私、変人と呼ばれるキャラを好きになる傾向があるみたいです。

ベネディクト・アサンジ、もちろん知っていますとも! 初めて知った時は、「ええっ!?」という感じでしたが、予告を見て、「はうぁっ!?」となりました。つまり……QPさんと同じ感想ですね。アサンジ本人ををよく知りませんが、繊細な感じがよく出てますよね。しかし、私は、ショート白金髪のベネ・アサンジの方が好きです。……さっぱりしてて。先日、映画祭で上映されたみたいですが、評価は微妙だとか。まあ、まだ世間を揺るがせてますし、仕様がないですが、ベネさんの評価は高かった模様ですよ♪

今度ようやく日本公開となる「僕が星になる前に」の方が気になる私です。

ビルボ・マーティンとベネさんの画像は、もう、何なんでしょうね! 本当に仲良し! 撮影での共演はなかったそうですが、この画像だけで充分のような気もします(笑)。映画版のふたりも大変な仲良し過ぎる仲良し達ですが、ふたりも負けてないと思います。まあ、私、腐れてるんで、気にはしませんけれどもね。でも、だから、サイモン・ペッグにからかわれたりするんだよ……。

スタトレでは、ペッグが他の共演者はもちろん、ベネさんにもドッキリを仕掛けたらしいのですが、そのベネさんのターンが最高に面白いので、いくつか上がっている動画を是非探して見て欲しいです。本当に、アホの子ですよ!! 雑誌でもちょっとだけ話題に上っていましたけれどね。


――なるほど、やはり、映画関係者の方が片付けましたか。私、映画館のイスにベネさんの顔写真を掲げて、ここにベネさんが座って食べて映画観てたぞーという画像を見て、思わず笑ってしまいました。後ろにはずらりと行列が並んでいましたね。並んでいる所が、もう、さすが、カンバーピープル(ベネさん談)ですね!! 素敵です。私も思わずベネさんを叱りそうになった己をちょっぴり反省しています。

「ニューセクシー!」と叫べなかったほど、動く浴衣姿は悩殺ものでしたね!! 似合い過ぎるでしょ~~!!! しかし、そんな彼の言葉に思わず私は、「なに言っとるんじゃ、この男は――!!!」と叫んでしまいました。……えっと、私のイメージを壊してしまったらごめんなさい。しかし、実話です(笑)。「日本の女の子に、リップサービスとはいえ、そんなこと言っちゃダメ!!」と、お口にチャックしたくなりました。危ないお人です。確か、男子校育ちなので初対面の女の人は苦手(どう接していいかわからない)とか言っていたハズ。まあ、そういった点では、そういう対応に慣れているのかもしれません。

じっpは、あれ、まりちゃんだったらもっと安心して見れたのですが……。何でまりちゃんじゃなかったの? しかし、案内先が忍者喫茶……。ベネさん、楽しめたのかな……? 個人的には、猫カフェの方が……いえ、何でもありませんっ。

あさ一は、本当にリラックスしていましたよね。私が思うに、横にずっとついていてくれていた翻訳家さんがいたからではないかと。それから、有働さんと青木さんが若くないから(大変失礼!)ではないだろうかと。まあ、良い雰囲気でした。ニコニコしてたし、一番ベネさんらしかったのではないかと思います。「お食事しましょう」って、アイリーン思い出すから、止めて!! と、思わず突っ込んだ私(笑)。しかし、あんまり調子に乗ってると、「日本語を覚えるなら、日本人女性と食事するのが一番よ」(でしたっけ?)と、有働お姉様に言われちゃうからね。よし、よく言ってくれた、さすがお姉様!! と思ったのは、私だけだったみたいです(苦笑)。

本当に、あの浴衣を企画した人は恐ろしい人ですよ!! まさか、浴衣を着せようとするなんて!! あの浴衣姿の画像だけで、世界中を魅了させましたよ。素晴らしいチョイスでした。そして、それをあっさり着こなすベネさんの恐ろしさよ……。移動し難いだろうと靴(サンダルだったかな?)も用意していたらしいですが、始めからベネさんは下駄で会場に現れたみたいです。凄い方ですよ、ホント。親指が擦れなかったかな。日本人でも大変なのに、ああ、本当に、こちらがお礼を言わなくてはいけませんよね。

――後は、大阪のTV番組で、紙風船と戯れるベネさん(37歳児)がいましたよ☆ 「ずっとこのままインタビューしててもいい?」「音声さんが困るね」「僕の心の掴み方をよく知ってるね」などと言っていました。可愛い人です(笑)。お土産にたくさん買って帰るといいよ! 安いからね。そして、撮影の休憩中にマーティンと遊んでればいいじゃない!! (もう終わってるけどね!)

正典では、ホームズがお爺さんに変装してワトソンのところに現れるので、「SHERLOCK」でそれをしてもおかしくないのですが、何せ、脚本が一癖も二癖もあるので、ストレートに来るとは思っていませんでした。ヒゲシャロか~~。う~ん、いや、考えてしまいますね。ああ、早く観たいですね、S3!! 本編はもちろん、ディスク化ファンの楽しみ、コメンタリーも! マーティンのパートナー、アマンダさんもマーティンと一緒にコメンタリーに出て来てくれればいいんですけれど。


私の創っているお話の中のシャルルは、私の好きなシャルルシーンから来ているのではないかと、とある方から指摘を受けたことがあります。そのシーンとは、「フーガ・上」の、ジルがシャルルの気持ちをマリナに伝えてしまうところです。私はマリナ(と和矢)に対するシャルルの接し方や気持ちは全て、あそこにあるのではないかと思っております。あそこに帰るのではないかなと。だから、私の創るシャルルは全て(「星降る夜に~」シリーズは除く)あのシーンのシャルルが元になっています。ですから、多分、懐かしいと言ってもらえるのではないかと思います。ありがとうございます(照)。そして、楽しいのが好きな私は、その時々によって笑えるお話も創ります。楽しんで頂いているようで、とってもうれしいです。シリアスの方が多いですが、楽しいお話も創っていきますので、どうぞよろしくお願い致します!!

この世界は、交流を深めると面白くなる世界なので、そうなってくると中毒も加速して、さらに楽しくなってきますよ★


私もあちこちで歩いているので、履歴を元から表示させないようにしています(ただ単に恥ずかしいだけ)。ですが、HPにしてもブログにしても、オールフリー、オールオッケー、ネットマナーの範囲内なら何でもどんと来い! なので、足跡も残して行ってくださって構いません。お心遣い、ありがとうございます♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!