2007_01
19
(Fri)00:18

“152”なんだってば。

私は、ちっちゃい。身長は152㎝だ。おまけに、猫背も入っているので、座っていると、余計に小さく見えることだろう。その私が、1番自分の小ささを実感してしまうのは、書店の上の棚に手が届かない時、台所の上の収納物を出すのに困難する時――では、ない。
私が1番自分の小ささを実感する時、それは、立ったまま撮った写真を見た時である。

というのも、先日、私と友人ふたりで撮った写真を見た時に、あまりの身長差に情けなくなってしまったのです…… だって、背の高いふたりの間に小さい私が入ると、まるで、漢字の「凹」みたいなんだもん。一応、撮る時に言ってみたのです。私、小さいのにって(ささやかな抵抗)。スルーされちゃいましたけれどね。

私は、普段、そんなに身長のことは意識しないので、こういう時のダメージは大きいです。チビって言われても仕方ないです。中学生にも負けるわ、きっと。幼稚園の頃から後ろの列に行ったことなんてないわよっ。いっつも校長先生が良く見える位置にいましたよっ!

もっと驚く思い出がある。中学3年の頃の運動会で、女子が先頭、男子がその後ろから付いてきて行進をすることがあったのですが、何故か、その列の組み方に激しい疑問が……。女子の先頭は、背の高い人から順に並んでいき、最後には低い人が。その後ろは、男子です。男子のの先頭も、背の高い人から順番に。……つまり、私のすぐ後ろには、クラスの中で1番背の高い男子(の列)がいた、ということです。ちょっと、恐かったです…… (だって、距離感があまりにも短かったんですもの~) ああ、甘酸っぱい思い出です。


ヒールの高い靴を履けば、多少は大きく見えるでしょうね。でも、私、高いヒールの靴は苦手なのです。数十センチ程度でも、早々に音をあげてしまいます。ましてや、ピンヒールなんか、もう、履くことさえ出来ないですね。恐いです。そんな訳で、いつもペタンコの、身長をそのまま表してくれる靴を履いています。

え? パーティー?? パーティーなんかに呼ばれることなんて滅多にないじゃないですか。呼ばれたとしても、無理に高いヒールの靴を履いてドジをしてしまったらもっと恥ずかしいので、ある程度妥協をするとしても、あまり高くないものでしょう。
(こういうことを言い出すと、周りの人が困ることになります★)


とはいえ、この身長に不満を持つ時といったら写真撮影時だけなので、日常生活においては、何ら問題もありません。昨日もそのまま、身長が高いSさんと並んで帰って来ました。デコボココンビ…。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック