2012_08
20
(Mon)23:59

立ち止まって考える時?

9月から環境が変わるとは言われていたのですが、詳しく聞いてなかったんですね。朝礼のある日は私、休みだし。楽天家故に「何とかなるでしょう」とふわーっと考えていたので。でも、そうね、ちゃんと聞いておくべきでした……。

今までは自由に働いていたのですが、1日4時間しか働いちゃダメということになりました。
「はあ?」と思いましたね。辞めたろうかと。4時間って……。小学生の低学年じゃあるまいし。

辞めようと思って、初めて(?)、「“仕事”したい」と思いました。働かなければという感情じゃなくて、“仕事”をしたい、と。怠惰な私は、今までは「少しくらい休んでもいいよね~」とゆるい考えでいたのですが、“仕事”というものを辞めたくない、したい。そう思ったのです。何だかんだ言いながら、今の仕事が好きだということでしょうか。うーん、どうかな。そうかも?

でも、辞めると収入がなくなる。すぐに仕事が決まるとは思わないし(さすがの私でも)。決まってから辞めようかしら。それとも、もうひとつ仕事を持つことにするか……。かけもちOKなところって少ないかしら? そんなことをグルグル考えて週末が過ぎました。うう~ん。取りあえず、9月一杯は頑張るけど、後は様子見だな~~。


そのグルグルの中で、私の心は救いを求めてDVD観賞に走りました。
女神の恋 [DVD]」か「阪急電車 片道15分の奇跡 特別版 [DVD]」のどちらにしようかと迷った結果、「女神の恋」にしました。だって、こっちはラブコメだもの。沈みそうな気持ちを少しでも軽くしたかったんですっ!

久しぶりに観ても、やっぱりいいです。後半は主人公の吉子(松本明子)だって仕事に恋に、悩んで悩んで、ボロボロだったけれど、「何かひとつでもやれる自分」を見つけるし、持ち前の性格で恋だって掴まえる。泣いて、叫んで、呑んで(!?)、でもしっかりと自分を見つめる。「何にも出来ない自分」を見つめることが大事だと、傍で言ってくれる龍之介(山口祐一郎)がいてくれたからだと思うんですよねぇ。うん、彼はイイ男だ。ああ……、高千穂行きたい……(ホロリ)。もっかい観ようかな。

――とはいえ、鑑賞中、私はちょこちょこ違うことをしていました。
らくがきに、彩色してました……。色鉛筆で。

公開するつもりも全くないものにも、私はよく彩色します。発作的に塗りたくなった時によく落書きに彩色しているのです。今回も、それです。頭の中を空っぽにして、手だけを動かす。この時間が好きなんです。絵を描くのでも、話を創るのでもいいんですけれど、今はそれは無理。だから、彩色です。ちょっと思った色が出せなかったんですが、ままいい出来に仕上がりました。ふう。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック