2012_06
13
(Wed)00:08

鑑定医?

アロー、みなさん。

「さくらんぼ~」を創るのとほぼ同時に、私は途中で中断していた「TINTIN タンタンの冒険その夢と現実」を読み始めたのですが(本当は表紙も載せたかった…!)、その中には、作者・エルジェの世界大戦中の掲載苦労、毎日の連載(新聞掲載だった為)による苦労、キャラクター達への愛憎が書かれていて、エルジェに同情を禁じ得ない私がいます。

知らない人の為にザックリ解説すると、

エルジェのいたブリュッセル(ベルギーの首都)はナチスに占拠され、自由な表現は難しくなりました。そうでなくとも、当時すでに有名だった為に受ける批判が、ルポライターが世界を冒険する「TINTIN(タンタン)」について回りました。読んでみると分かると思うのですが、結構、政治色も入っているのです。それに加え、毎日の連載。エルジェさんはとても真面目な方なので、資料とかハンパなく集めているのですが、その細部にも勿論こだわり、実際にそこにあってもおかしくないか気を配りました。故に、お話創りにも相当頭を悩ませていたでしょう。そうして、「TINTIN」に奪われて行く生活。

それでも死ぬまで「TINTIN」を描き続けたのは、心の底から、彼自身が一番タンタンを愛していたからだと思うのです。



――それでね、これって、藤本センセにもいえることなんじゃないかなって、思ったのです。

当時、たくさん連載抱えていたし、真面目な方なので、マリナシリーズだけでもたくさん調べただろうし、何も知らない私達に分かりやすくということを何よりも優先していた気がする。批判(これはさすがのエルジェも受けたことがないだろう、呪い?もプラス)を受けながらも書き続けていられたのは、彼等(彼女達は? 笑)のことを愛しているからだろうと。

特に、シャルルを。

ということで、突然ですが、皆さんにお知らせです。
7月12日、「モンスター・シークレット」(19歳シャルル話)が発売予定となりました!!

ん~、一応、「鑑定医シャルル」シリーズみたいなのですが、「見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル (集英社文庫)」のように「鑑定医~」のタイトルが付いていないんですよね。それから、タイトルの雰囲気も違うでしょう? 私が思うに、これはセンセがわざと変えたのではないかなと(編集さんの可能性もあるけど)。19歳といえば、きっとモルダウ事件後だろうし、家のゴタゴタ、シャルルの心理面のゴタゴタ後。23歳までに荒れていたという女性遍歴の始まりかもしれない。そんな疑惑満載の空白期間が、埋まるかもしれないというのだから、そちらへの興味はマリナシリーズからのファンとしては当然かもしれない。和矢+マリナとの関係は? 巽+薫はどうなった? カークは出てくるのか? ジルは、ミシェルはどうなった? 尋ねたいことは尽きないですよね。

でも、これは、「鑑定医~」シリーズなのです。シャルルが出てくるとはいえ、そこに話が及ぶかどうか分かりません。可能性的には、とても低そうです。何故なら、あらすじを見ると、どうも「主人公」はシャルルではなさそうなのです。シャルルと行動を共にすることになった日本人新聞記者・「梓」がどうも中心になるようなあらすじでした。19歳の鑑定医・シャルルに助けを求めることになっていますが、私はシャルルの“鑑定医”という言葉に少し疑問を持っています。

だって、冬眠をするような繊細なシャルルが、「一生分の夢は、すでに見てしまった(「シャルル夜想曲」①)」と言って戦った後ですよ。きっともうマリナのことで冬眠をすることはないだろうから、私は女性遍歴が荒れたのは納得がいっていたのです。そんな荒れてるシャルルが、“鑑定医”を19歳からやりますかね? 資格はあるでしょうけれど、荒れてますよね? んん~~、でも、そこら辺はモザンビークで変わったかなぁ?? 仕事と私生活を分けるタイプになっているのだろうか。

そんな疑問から、私は、この「モンスター・シークレット」という話は、シャルルが“鑑定医”になるお話ではないかと思っています。協力はしているでしょう。でも、それは、“鑑定医”としてではない。ここから“鑑定医”になるのではないか、と。だから、タイトルの雰囲気が違うのではないかと思っています。シリーズ0という意味で、「鑑定医シャルル」もないのかな~と。


まあ、何はともあれ、発売日が楽しみです。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/14 (Thu) 19:42 | # | | 編集 | 返信

○子さんへ ④


>シャルル 自分で運転! これもありえん(笑)

思わず笑ってしまいました☆
私は割と何でもアリなので(マリナ以外とのラブシーン以外は!)、まあ、いかにお坊ちゃんのシャルルといえど、運転ぐらいスイスイこなして、自由に好きな所に行くわよね、くらいに思っていました。自転車に乗ってるシャルルは、ちょっと、思い描けませんけれど……そっちの方がありえないですよね。ええ。


> シリーズ0という意味もありえますよね。 和ぎさん、するどい♪

これはまあ、全く違っていましたね。妄想ってスゴイ(笑)。
しかし、細かい所に散りばめられているシャルルの魅力に、「うひゃー///」ってなってしまうあたり、私もまだまだ踊らされる気満々だな、と。どんと来いよ! と思うわけです。


あ、鑑定医、読み直してみると、また違った感じであらゆる方向から見ることが出来ますよ。

2013/01/21 (Mon) 00:30 | 和ぎ #- | URL | 編集 | 和ぎさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック