スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好奇心を刺激する。 
※ この記事は19日に書いていたものですが、途中で眠くなってしまい、そのまま保存したものです。
  面倒臭いので(おい)、修正することなくそのまま続きを書きたいと思います。



遡ること某月某日。私はお店で万引き犯を捕まえました。記事に書こうとして、結局書かずにいたのですが、すっかり忘れていた時に再び問題はやって来ました。正直、もう終わったと思っていたので、かなりビックリしました。故に、いつ捕まえたっけ!? という具合。……すんません、忘れっぽいもので……。

そして、それは昨日のことです。朝から私個人に警察署から電話がありました。事情調書を作りたいので時間が欲しいと。朝、電話に出られなかった私は休憩時間に電話をし、その日の夕方に署まで赴くことに決定! 実はその警察署、私の帰り道にあるのです。建物が古くなって来たので、今、新しい警察署を立てている所なのですが、そこに移動する前に中がどんな風になっているのかなぁとずっと興味を持っていました。見てみたいなぁ……と。そこに、このお話が飛び込んで来たものですから、私は警察に行くというのにどこかワクワクしていました。電話を受け、話を聴いて下さった方の助言では、こっちが協力して上げるのだから、警察署まで行かなくても、店に呼び出せばいい――とのことでしたが、私はそこまで図太くない上に、警察署の中に入れるチャンスを逃したくはないと思ったので、帰りに寄ることに決定!!

実は以前勤めていた会社の関係で“警察署”に入るのは初めてではない私。そりゃあ、少しはドキドキしましたが、気負うことなく中に入りました。…………さすが、新しい署を建てているというだけあって、中は見かけによらずものすっごく古い!!! 入口の天井の圧迫感といったら、凄い。背の高い人の出入りを拒否しているんじゃないかと思うくらい。壁の剥げ具合とか、狭さとか、とにかく凄かった。上記した警察署は割と新しい建物だったので、この署の古さが際立ちました。昭和を感じさせる雰囲気があります。

生活安全課の部屋まで案内されたのですが、全体的に狭い印象を拭えない部屋のその奥、個室があり、そこで調書を作成したのですが、その部屋、TVドラマなんかでよく見る、“取調室”!?!? と思わざるを得ない部屋でして、私はドキドキいたしました。詳しく言ってもいいものなのか分からないので、一応、伏せておきます。ご了承ください。あ、今、思いついたことなのですが、マリナもよく警察から事情聴取受けてますよね。おっ、なんか、使えそうだ……!!(どこで使うつもりだ)

まあ、色々尋ねられ、答え、訂正し、指紋を取られました。印鑑を持っていたら印鑑でも良いそうなのですが、普通持ってないでしょ。しかも、私、名字がややこしくて、戸籍では(正しくは)旧字の漢字を使用します。ですが、生活の上では不便なので、新字を使っています。署名もこの簡単な方で行いました。が、印鑑は難しい方しか持っていない私。ここで印鑑を持ちだすと、書き直しになるみたいでした。(そーいや、印鑑登録してない)何せ、その簡単な方にしても珍し過ぎて、同じ名字の人と会ったことがないという貴重さ。もちろん、文房具屋さんで売っている判子に羅列されるはずもない。わざわざ作っていただかなくてはなりません。刑事さんにも「見たことない」と褒められました(!?)。で、話は戻るのですが、人差し指の指紋を取られ、その時、不思議なインク(?)を使いました。色は黒かったのですが、水分は全く感じられず、サラッとしていました。ほとんど指に残らなかったし。――はあ、こんなものも、世の中にはあるのね。

その後、刑事さんに、以後このようなことがあっても決して無理をしないように! というような言葉を頂き、私は寒い夜の中を自転車を漕いで帰りました。

その翌日の夕方、お店の事務所、店長と誰かがお話をしていました。私の特技、「見ていても情報を遮断して“見えない”ことが出来る」!! 故に、誰か来て、誰か店長と話してるな~~くらいにしか思ってなかったのですが、「○○さん!」と呼びかけられ、へっ?と思い振り返ると、何と、そこには上記の刑事さん! 「あ、どうも……」としか返せなかった私をお許しください。だって、ビックリして言葉が出て来なかったんだもん。まさか、そんなねぇ、翌日にまたすぐ会うなんて誰が思いますか!?

そしてまた、翌々日、朝、お店の駐車場、「○○さん!!」と呼びかけられ(今度は何度も呼びかけているのに気付かなかった)、へっ?っと思い振り返ると……(以下略)。まさか、連続して会うなんて、誰が思いますでしょう!?!? 何なの、一体……?? 何やら不思議な縁が出来た模様です。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://soramoyounagi.blog59.fc2.com/tb.php/1204-c5f0c533

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。