2010-02-01(Mon)

シャルル(ミシェル)BDチャット―2010― レポート1

寒いです。いえ、部屋はポカポカですけれど、一歩離れると寒いんです。さすが雪マークが付く夜だけのことはあります。でも、こんな寒さでは降る雪もたかが知れていますな。寒さが足りません。ふっふっふ、明日が楽しみだぜ……。

さて、とおっても遅れましたが、クリスマス創作「この雪降る夜に、想いを。」を再UP致しました☆
HPの方でクリスマス話を読んでないわっ! という方がいらっしゃいましたら、どうぞ、和矢視点の「星降る夜」シリーズをお楽しみ下さい。本当は1月中に再UPするつもりでしたが、うーん、何故か2月になってしまいました。決して忘れていたワケではありませんよっ!? ええ、決して!!

そうして、「クリスマス祭」がとうとう終わってしまいました。BBSに感想を書いて下さったのに、お返事が出来なかった不義理な私………。うわーん、ごーめーんーなーさ――いっ!!! ありがとうございますっ。でも、あれ、続きを全く考えていませんから~。続きってなんだ!? って、本当に一瞬考えたくらいですから~。しいて言えば、1年後のクリスマス再会話になりますでしょうか。UP未定な本編再会話です。

「クリスマス祭」に投稿させていただいたお話は、3週間後の……22日頃にHPの方へUPしたいと思います。


チャットレポへ行く前に、ちょっとだけ拍手へのお返事です♪

☆拍手を下さった Meさん
ああ、お忙しい時に当たってしまったのですね……! でも、せっかく近くまでいらしたのですから、ちょこっと顔を見せてくれたら良かったのにっ(笑)。主催と言っても、本当に機会を作っただけな至らないダメ主催者であったのですけれど……。それでも、皆様が楽しんでくださったら、それでもいいと思っております。また都合の良い絶好の機会がありましたら、ご一緒にお話しましょうねっ☆ その時は、どうぞよろしく!!

☆拍手を下さった Tさん
Tさん、Tさんの戦争はもう終わりましたでしょうか?? お疲れ様です。こればっかりは、致し方ありませんね。機会がありましたら、Tさんとお話してみたいです。ご都合がよろしかったら、どうぞ気軽に参加して下さいませ~。
うーん、ミシェルについて、何と言ったらよいのか……。私が抱く彼のイメージが「腹黒」なんですね。腹黒過ぎて表に見えてしまっていますけれどもっ。私の書くミシェルは、そうですね、最近は「腹黒」さを見せていませんね。それはまあ、色々理由があるんですけれど、今はまだ内緒ということで……★ もちろん、読んで下さっている方がどのように捉えて下さっていても良いのです。私が何人もいたら気持ち悪いですから(笑)。

☆拍手を下さった Muさん
ミシェル連呼し過ぎですっ!! ええ、Muさんの「M」は……以下略。
……どうぞ、楽しみにお待ち下さい。ご期待に添えることが出来るかどうか不明ですけれど……★


――それでは、レポートに行きたいと思います♪
読みたいと思われる方は、続きをクリックしてお入り下さい。



シャルル(ミシェル)BDチャット レポート1


日時: 2010年1月24日(日) 午後10時~
場所: 『MARINA BOM STARS』さん

お題: 「思い出に残るシャルルorミシェルの(名)台詞は?」

参加者: 和ぎ、春見、柊(蘭花)、ミ…以下略、むんく、碧、ブリタニクス、
     かおりん、勿忘草、ナーコ、右京、いりこ、しょこら、ガーネット(敬称略)    計 14名 



今回は、翌朝(?)が月曜日ということでかなり心配していましたが、予想以上の参加者様にお越しいただきました。
25日に一斉にシャルルとミシェルを祝うことが出来て、良かった。皆様、ありがとうございましたっ!!

いつにもまして暴走していた私。ついついミシェルへ砂粒を投げてしまいました。ミシェルに対して手厳しい態度をとってしまったことを、ここでお詫びいたします。ファンの皆様も、どうもすみませんでした★ 一応、好きではあります。好きじゃなかったら、書けませんから。でも、愛せないのよ……っ!!! 後の暴走に関しては、いつも通りの暴走もしくはそれ以下でした。珍しく(?)比較的健全な話ばかりでしたしね。最初から最後までシャルル・ミシェルばかりの濃い夜ではありましたけれど。

リンクを付けてすぐに、息つく暇もなく次から次へと参加者様がいらして下さいまして、私は応対とお題回答書きとめに必死で、当日の記事は何やら可笑しな文面になりました。分家にはUPすら出来ませんでしたので、当時の凄さがこれでよく分かるかと思います。さすが、シャルルのBDチャットです。皆様の愛が半端なかったです。


さて、それでは、皆様お待ちかね(?)のお題回答へ参りたいと思います。
まずは、私から……。当日、発表することなく終わりましたので、参加して下さった方もどうぞご覧下さい!

◇ 和ぎ  「でもその前に、最後に1度、君を友と呼ばせてくれ」 (「フォリー」)
………この後の皆様の前に私の回答を発表して良かった。後で分かることだと思いますのでここで言ってしまいますが、皆様はマリナに向けて言った台詞やマリナを想っての台詞を選んで下さったのですね。ですが、私は、シャルマリを主に書いていると公言しているにもかかわらず、なんと、和矢に向けての台詞を選んでしまいました………。でも、いいじゃない、このシーンだって凄く名場面なんですもの。こんな選び方もアリです!!

それでは、皆様方のお題回答へと参りましょう。

◆ いりこ  「ほら、プレゼントだ」 / 「オレ、ほんとは君が好きだったんだよ」 (「迷宮」)
「迷宮」から、ふたつ選ばれました。シャルルから「プレゼントだ」って言われたら、手を握ってしまいますわよ、誰だって。ギュッと。私は、マリナもきっとそうであったと、信じております。ハイ。――さらっと、しかも過去形で「好きだった」と言ってしまうところが、シャルルの凄いところです。忘れられる、思い出に出来ると、きっとそう思ってたんだろうなぁ。このあっさりした感じが、後になって深みを帯び、ファンの心をも切なくさせるのですから、この台詞は罪深い。

◇ 右京  「ばかやろう、泣かせるなっ!」 (「ミステリー」)
美女丸とマリナの関係を勘違いした記憶なし・和矢に泣かされたマリナ。それを怒って和矢の方を打ったのは、あのシャルル。今も昔も、この場面を読むと、「ああ、一応、マリナも女の子扱いされてるんだな……」と思います。そして同じ言葉をその場で漏らすと、「そう言っても、池に着き落としてるけどね」と、現実に引き戻される発言が……(笑)。けれどその後、一様に、「でも、そこが好きなんだけど~」と頷き合ったのでした★ もちろん、私もです。

◆ かおりん  「好きだったから、君をひとりじめにしたかった。でも、ひとじめにできないほど、好きだった」 / 「一生分の夢だ」 (「パラドクス」)
「パラドクス」の同じシーンから、ふたつです。このシーンの描写がまた凄くて、泣かせるんですよ!! 胸にドカドカ迫って来て、マリナを自由にする最後の言葉を口にした途端、マリナはおろか、ファンだって滂沱の涙を流さずにはいられないんですよっ!!! うわーん! ちくそう、こんな時に「はつ恋」が……っ(涙)!! もう何も言えないじゃないですか、こんなこと言われたらっ。でも、その後の「シャルル夜想曲①」では、同じ台詞を孤独な瞳で言うんだよ。バカ、シャルルのばかっ!



―――暴走したままですが、これを書いている時間帯がもうすでに深夜のでお許し下さい。
そして、途中ではありますが、「レポート1」はこの辺にて終わりたいと思います。

それでは、「レポート2」をお楽しみに……!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!