スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた通院生活!! 
この間、やっと歯科医への通院が終わったと思っていましたら、今度はまた別の科で通院を始めました。通院って始めるものかと疑問なのですが、とにかく、新しく通院生活開始です!

右手負傷の幾日か前くらいから、不思議な痛みがあったのですが、慢性的ではなかった為、楽天家の私は気にすることもなく今まで来ました。が、つい1週間くらい前、慢性的になった手の痛みに首を傾げ、「……これはひょっとして、“腱鞘炎”というやつでは??」と、思い至りました。遅いということなかれ。私は万事この調子です。特に、己の痛みに関してはかなり鈍いのです。知識がなかったので、腱鞘炎とは何ぞ? と、まずは調べてみることにし、微妙に症状が重なることから病院行きを決定いたしました。どこの科に行くのかも分からなかった私です。

近くの総合病院ではなく、駅前の整形外科へ……。初めて入ったのでドキドキしましたが、なかなか好印象なところでした。診察台の上に背骨から腸骨?までの骨(標本)がポンと置かれていたのにはビックリしましたけれど……(笑)。レントゲンを撮り、「腱鞘炎の一歩手前」という診断が下りました。一番酷かったのは右手の小指なのですが、その部分を超音波で診察。腱が炎症を起こしているそうでございます。そこだけ腱鞘炎?? ――というこことを思いながら、とにかく小指にテーピングを受け、関節を柔らかくしたりと、リハビリを受けました。指なので、私自身はベットの上に横になり、手をマッサージ(ではないけれど)されるという、何とも眠気を誘う心地の良いものでした。……まあ、ただ単に、眠たい周期の只中にあるからだという見方も出来ますけれどね。横になったらすぐに寝られますから。

いままでこういった治療を受けたことのなかった私は戸惑いながら横になっていた訳ですが、何というか、横になっていると視野が狭くていけませんね。私はぼうっとしながら治療風景や周りの風景、治療器具を見るのが好きなのに、天井や壁、時計くらいしか見えないんだもの。面白くない。色々と見ていて面白そうな風景が目の前にあるのに……。残念だ。

しばらくは、このリハビリへの通院生活が続きそうでございます。
塗り薬の独特のにおいとも、しばらくお付き合いして行くことになります。


先生が、「リウマチではないですよ。良かったですね」と仰って下さいましたが、私はにっこりと微笑みながら、「リウマチって、そも何ぞ!?」と無知をひた隠していました。知識がない人間にそんなことを言われても困ります。知識を増やす為に、今から調べて参ります。皆さんも、手首や指にはお気をつけ下さいませ……!!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://soramoyounagi.blog59.fc2.com/tb.php/1020-c2d316a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。