2010_09
03
(Fri)23:49

脆く崩れる楽天家。

クーラーのきいた部屋で寝るということ、それは、私の体調を崩すということとイコールです。うっかり寝てしまった私は、気持ち悪さを引きずったまま夕飯を食べました。何だろうなぁ、あの気だるさと気持ち悪さ。あんなに涼しいと、もはやタオルケット掛けていても意味ないよね。寒いもの。ハッキリ言って食欲なんてなかったのですけれど、私は食欲がなくてもある程度口にしないといられない性格ですので、一応、食べました。通常通り。…………どんだけ私が欲に忠実なんだと、思われました?? けれど、それは勘違いですよ! 私、何でもない普通の健康状態の時でも、食事の途中でお腹一杯になって、半分くらいでご馳走様と終わってしまうことがありますから!! …………そりゃあ、後でお腹が空きますけれど…………。

それから、文庫が入っている棚にキャスターを取り付ける作業にかかったのですけれど(真ん中が本の重さでたわんでいた)、苦労した結果、付属として付いていたキャスターよりも大きくて、フォローのしようがない程でした。シーソーゲーム出来ちゃうほどですよ! 一応、記憶を頼りに大きさを選んだのですが、一回り違った。ああ、バカ! 私の馬鹿!! 取り替えてもらえるかな、ホームセンター様……(汗)。

これが存外大きなダメージを私に与えてくれて(大変だっただけに)、不貞腐れた私は、取り出して平済みにしてある本の中から1冊、天然無邪気な巫女姫と、どこまでも黒い自称・魔術師の物語をザバッと読んでいました。私は自分のことを呆れた時などは、大抵自分の感情とは距離を置ける本の世界に入り込みます。自分の感情がうざったいんですもの。仕様がないよねッ☆

そして、ちょっと暑かったのでずっと扇風機を回ししていたのですが……た、体温が(以下略)……こりゃ堪らんと思いまして、先程切りました。ああ、もうすっかり、扇風機なしでも過ごせる夜になったのね!! 昼間はクソ暑いけれど(失礼)。昼間も早く涼しくなればいいのにと願う、夏大好きな私。今年は異常に暑いんだもの~。お蔭で、2度目の汗疹に苦しんでおります。今度は、首回りと腕です。かゆい……。私が汗疹になるなんて、多分、小学生以来だと思います。こんなに汗をかいたのも、多分、それ以来ですよ。額から汗が頬を伝ってボトボト流れ落ちるんですよ。熱中症、夏バテにならないのが不思議なくらいです。

しかし、明日は楽しみな本の発売日!! 地方だからって1日の誤差が許せない! というこの熱い思いを本屋さんにて昇華させて来たいと思います。気が急くだけで、手元に確実に届けば満足です。ハイ。

スポンサーサイト
2010_09
05
(Sun)23:24

取りあえずの近況報告。

漫画を読んだ順番が悪かった。今、気分がおかしいことになっています。ポカンと開いた穴を見つめて何が起こったのか分からないと言った様子で見つめている、そんな状態です。どうしてくれるの、この心境。いや、知ってたよ? 本誌で読んだもの。その時もガツーンとやられたけれど、今度は一気だから。丸ごと「あうあうあうーっ」な展開ですから。って、訳も分からずこんな話をされても困ってしまいますよね。すみません。取りあえず、購入して読んだ本をご紹介します。「ホ○ト部」、「図○館○争」、「天空○龍」です。全て白泉社さんですね。好きだぜ、ばかやろう! ……えっと、順番通りに読みました。感想は言うつもりないので、省きます。

で、最後に読んだのが、「天空○龍」なのですが………………悶えます。
もうね、表紙の通なんだ。胸が苦しい。苦し過ぎる。あれですよ、なまじ、サニン様(弟)の心境が何となく分かるだけに、兄との仲を応援する心と折り合いがつかなくて苦しいんですよ、ええ。決して、サニン様を応援しているとかいうアレではないです。好きは好きですけれどね。捩り曲がり過ぎているんですもの。性格が。おまえはミシェル(弟)かっ!? てな感じです。弟同盟組めますよ、彼等。………怖い同盟だ。すぐに解散しろ。

何のことやらさっぱりな方、やっぱりゴメンナサイでしたね(苦笑)。

創作の方は、只今、本当にラストスパートに向かっています。私の頭の中にある全てをひとつにして、脳を活性化させています。成果は聞かないで下さい。

2010_09
06
(Mon)23:24

カメラに向かって…。



――えっと、どういうことかな?
M:「ん~、きっと、本家とか言いつつコメントが返せていないのと、『親しき仲にも礼儀あり』という言葉が胸に刺さってメールの返信も遅れていることを気に止んでるんじゃない? あと、お話も。気に止むくらいなら、さっさと返事すればいいのにね!」

――どうして遅れているの?
M:「知らないわよ。だってあたしは、勝手に呼びだされて、これを持たせられただけだもの」

――そうなんだ。じゃあ、持たせた人に何か言うことはある?
M:「もっちろんよ! やい、二次元創作者、こんなことしてる暇があるなら、お返事&お話書きなさい!!」


以上、「カメラに向かって謝罪」でした★☆★
ホント、すみません………(汗)。

2010_09
10
(Fri)22:39

好奇心です!!

皆様、応援、ありがとうございます
ご厚意に甘えて、和ぎは休日を己の知的好奇心を満たすべく、金沢へと足を運びました!!

分家の方でも書いているのですが、私、本日、「人体の不思議展」に行って参りました。
「人体の不思議展」とは何ぞ? とお思いの方にザックリと説明いたしますと、新しく作られたプラストミックという技術によって、“常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本”を集めた展覧会です。皮膚で覆われた体の内部を見られます。

開催場所は駅から少し離れているのですが、歩いて行けない距離ではない。だから私は歩いて行こうとしていたのですが……、暑さに負けました。結構気持ちい風は吹いていたのですけれど、日差しは容赦なかった。無理だわ……。で、途中からバスに乗りました。歩くことも好きですが、バスも好きです。揺れながら街の景色を見ることも出来るし、読書も出来る。読書しながら、人間観察するのも面白いのです。

本当は、某地下レストランに入ってランチを頂こうと思っていたのですが、時間が微妙だったのと、あまりお腹が空いていないのとで、止めました。ああ、久しぶりにあのお店で食べたかったのですけれどもねっ!!

単純な感想は分家で書いたので、そちらをお読みくださいませ。……とはいえ、実は私、こういうのが苦手なんですよ。腱が切れたとか、筋肉がめくれたとか………。ぐろてすくなテレビの特番でも映像が映し出されるとパッと眼をそむけて観ないようにしている程です。変に想像してしまって、ドーンと気持ちが沈んでしまうのです。それでも、私は知的好奇心は止まりませんでした。



(続きは後日!!)


2010_09
13
(Mon)23:51

これも好奇心!?

………消耗しています。通称・よぼよぼ話、一応の完成をみました!! ひゃほーい! って、よろこぶ前に題名決めようぜ、私!!!!! 時間がかかっていると思ったら、結構な長さになりました(自作品比較)。全部ひとつまとめてUPできるかな……。切る個所がどこにもないんですけれど。

ということで、頑張って修正等しながら、近日UP予定です。
もう少々お待ち下さい!!


――さて、先日の続きに参りたいと思います。

突然眠くなってしまって放り出してしまいましたが、感想を書くことを苦手としている私に、感想を求めていらっしゃる方は少ないと思いますので、やっぱり書かずにおこうかと思います。ただ、人の手が加えられたら魅力は半減だなということくらいです。分かりやすくて良いけど、分かりやすいということだけが必ずしも良いとは限らないじゃない。複雑だからこその人体でしょう。そこを見せなくてどうするの。と、思いました。模型では見られない世界を見せるのが企画のひとつでしょう。

で、何を書くのかというと、私の「肌年齢」と、「血管年齢」の結果報告です!!! わー、どうーでもいい!
実はこの展覧会、最後に自分の肌年齢と血管年齢を測定する機械(簡単なもの)が置かれていて、訪れた人が列をなしていました。もちろん、面白そうだと思った私も、列の中へ……★

まず、私の肌年齢から。………なんと、31歳でした。おまけに、肌健康度なるものがありまして、評価は下から2番目の「D」!! ヘコみますよ、私。コメントは、こんなことが書かれていました。「あなたは実年齢よりわずかですが高い肌年齢をされています。生活習慣を見直し、肌の健康を考えましょう」と。そして、やはりと言いますか、肌タイプは「乾燥肌」でした。でなければ、アトピー性皮膚炎なんて持ってない。更に、肌のトラブルリスクという欄には、血行・代謝、ホルモンバランスの所に注意のマークが……。後者に思い当たる節アリ! でも、活性酸素の所だけは良好で、少しうれしいです。たとえ、3分の2が注意というよろこべない状態だとしても。

お次は血管年齢です。私の血管年齢は、18歳です♪♪ こちらのコメントは、「血管が平均よりも著しく弾力に富んでいる」という簡素なひと言だけでしたが、うわーい、うれしいです~~♪ 血管、大切ですもんね。

2010_09
21
(Tue)00:48

お待たせし過ぎました。

皆様、お待たせし過ぎましたが、通称・「よぼよぼ話」をUPしました~~☆★☆
どうぞ、「広場」に行ってご覧下さい。

今日は、取りあえず報告だけ……。
色々なつぶやきは、また後日です!!!

ではでは、お話をお楽しみください☆

2010_09
26
(Sun)23:36

もひとつ更新!

わー、皆様! 自分のブログの方を先行してしまってすみません~~(涙)!!
お話のフォローままた次の機会にすることにして、今日はちょっとHPの模様替えのお知らせです。

「星降る夜に」のふたりです。私の中で、このお話のシャルルはこんな感じです(どんな感じだ)。もう一枚描きたい構図があるのですが……どうしようかな。描きたいけれど、お話とかもな~…。うーん。悶々としますね。しかし、服装の色がワンパターン過ぎる!! シャルルはともかく、マリナの方をもっとバリエーション付けて行こう。うん。


――さて。分家をご覧の皆様は分かっていると思いますが、
私、只今、風邪をひいています!!! 今はく薬で熱を抑えています。が、眠気が襲って来ています。昨日は散々のまま夢に落ちてしまいました。頑張って書いたものが保存されずに終了というのは、なんとも言えず情けない。しかし、いつも風邪はひいていますが、熱まで出るのはホントに久しぶりです。はぁぁ、気だるい。唇が、リップを塗っても乾燥します。ううっ、だるいよ~。

2010_09
28
(Tue)23:25

やっぱり、風邪ひくよね。

………………なに、下のグダグダな文章は
うおー、意味分かんね――!!!!!

はずかしっ! うわー、はずかしっ!!

そうとう薬が効いていますね。あの風邪薬の睡眠剤効き過ぎだろ。
1日3回飲まなければならないと書いてありましたが、無理です。夜しか飲めません。仕事させて下さい。
しかも、あの薬、玉が大きいのに1回3粒って………ナニ!? 無駄に大きいんじゃないのかと疑ってしまいます。飲みにくい。飲みにく過ぎる。2夜で飲むのを止めました。今日は飲んでませーん☆ 頭がスッキリしています。ああ、夜型の私に戻った天国。

元気そうに見えますが、鼻が詰まっているし、喉が乾きやすいし、咳も出る。
立派な風邪患者です! ただ、酷かった頃に比べれば断然元気です!! 熱もないし~。


でも、やはり、周囲は風邪にかかった人だらけですね。今日、本当は、友達と食事をする予定でしたが、何と2名も風邪でして……(私は体調を戻してみせるという気合だけはあったので、風邪は秘密にしていた)さすがに主役が風邪なので日をずらしたいと言ったら、ずらすしかない。というわけで、今日は家でゆっくりと養生する夜となりました。仕事先でも風邪の人がいたりしましたし、この急な気温の変化はホント恐い。秋になって欲しいと言っていましたが、急になる必要ないじゃない。酷いじゃない。風邪ひいたじゃない。皆様も、本当にお気を付けてお過ごし下さい。

2010_09
30
(Thu)23:48

このままではいけない!!

まだ、風邪症状が治まりません。
長年の経験から、これが薬で治るようなものではないと知っているだけに、無駄に薬を飲むようなことはしていません。……体温を上げたら治るかしら? 一応、のど飴と葛湯(抹茶味)を買って来ました。これからの季節の必需品です。あんまり喉が痛いと、私の心がやさぐれます。他はまあ、我慢していればいいのですが、喉ばかりは……いけませんね。物も美味しく食べられないし。


さて、夏のお約束であった3作も無事?に終わり(あとがき等まだ終わってないけどね!)、私はふと、我に返った。で、例によって例の如く、ここに描かなければいけないお話を箇条書きに並べて整理してみようかと思います。

□ さくらんぼの実る頃
■ 拍手SS

上記のふたつは、もう、絶対である。「さくらんぼ~」は今年中にと言って2年である。いい加減に皆様がキレるんじゃないかと私はビクビクしています。一番終わらせたくないのはひょとしたら、私なのかも!? 拍手SSは、今の拍手絵を何とか下ろさせたいが為に止まっていたファイルを開けてみたのですが……変なところで切れていて、私自身、続きをどう書こうとしていたのか分からなくなっていました(アホすぎる)。『彼女は座っていたソファから数センチ浮遊したような気持ちになりながら視線を泳がせていたが、ピタリと、ある一点でその動きが止まった』っていうところで止まっていました。原文をそのままコピーして来ました。ね、この後気になりますでしょう? なのに、私にすら分からないって!!! どんなお話にしようとしたのかすら、思い出せないなんて、何て私の頭は容量が少ないんだ! どこかで大切な何か(ねじ?)を置き忘れて来たんじゃないかな? ああ、私のバカっ。きっと、上記の分は書き直してお話を繋げていると思いますので、上記の文章は覚えていても意味がないかと思われます。忘れて下さい。

ここからは、私が個人的にやりたいお話です。

□ クリスマス話
■ S・シャルルの番外編3(?)

クリスマス話は、もうそろそろ始動しないと間に合わないんじゃないかという危機的状況予想で、焦っています。眠たくなる周期が襲ってくる時期でもありますし。そして、今回のこのお話に関しては、あまりクリスマスっぽくないものになりそうです。まだムードじゃないからかもしれません。今はまだ、ファンタジーっぽいですね。「メルモ」と「赤ちゃんと○」みたいな感じで行きます。おお、これ以上はないってほどのネタバレ! ドタバタで参りたいと思います。そして、やっぱり根強い? 「星降る夜に」の番外編を書きたい。マリナをもう少し掘り下げるだけのお話になりそうですけれど、いいかしら。このシリーズにはジルは出さないでおこうと決めていたのですが、決意が揺らいでいます。実は、このお話のSっぷりは、「麒麟○グラフ○ティー」の某建築家(バレバレ)から少し……欠片ほど頂いていまして、女性がふたりして彼に向って行くのですよ。でも、マリナってひとりなんですよね。周りは助けてくれるけど男ばっかなんですよね。女同士でなければ分からないこととかってあるんじゃないかと思うのに、誰ひとりとしていないんですよ。で、やはりジルを出そうかと迷っているのです。うーん、どうしようかな~。なお、大変余談ですが、S・シャルルのテーマソングは、「メリッサ」です。