2007_05
01
(Tue)23:18

5月の買い物。

先日、登録していた某サイトからメールが届きました。

これは、まあ、そのように設定していたので構わないのですが、時々、惹かれる物があって困ってしまいます。ですが、これ、現金払いにすると代金引換手数料がかかるので我慢していました。が、この間、ついに手にしてしまいました!!! 引用語辞典! はあ~、魅力溢れる紹介内容に私はメロメロ……。早速購入、購入♪ うふふ。楽しみだなあ。5月の中旬に発送予定なのです。私、こういう物が大好きなのですよ。故事や諺がね。お話の題に付けてみたり、出させたりもしました。

そして、5月の終わり頃には、ずっと待っていた漫画の最新刊・10巻が発売(予定)だっ!! いやっほーう☆ 博士、出番ですッ!!


今から、とってもとっても楽しみ

スポンサーサイト
2007_05
02
(Wed)00:57

自分に出来ることを考える。

桜から花水木へ……花の盛りは移り変わっていきますが、寒いときは寒いです。お体にお気をつけ下さいませ!

ガクンと気持ちが沈んでしまった時、私は何もしない。ホントに何もしない。
仕事もお休みしてしまったことは内緒★)
でも、次の日、やはり気分が同じように沈んでいても歩き出さなきゃ行けないので、トボトボとでも家を後にします。家から出れば、私は甘えることの出来る「末っ子」からひとりの「(成人)女性」になり、私の行動は全て自分の責任です。私が動かなければ、動き出さない世界が外にあるということは、気持ちが沈んでいると重荷に感じますね(でも、1回休んでるじゃん! という突っ込みはしないように……)。

でも、そういう時は、自分に出来ることを考え、そしてそれを実行していけば、少しずつ浮上していきます。それが普段から何気なくこなしていることでもあろうと、人から見れば当たり前のことであろうとも、です。

こうして浮上した私はすっかり脳天気な楽天家になり、自己満足だっていいじゃーん、これから頑張れる力が出たんだし♪ と自分の気持ちに折り合いをつけます。気分は変わるものだと知っていますが、考えない、考えない。考え出すとキリがないから。気分良く終わらせて、気楽な「末っ子」に戻りたいのよ。笑顔ひとつで(見える)世界は変わるのです!! よし、すっかり浮上したぞ。訳の分からない叫びが最高だ。


そうそう、5月といえば、個人的にプレゼントをたくさん用意しなければいけない月です。いつ品物を見に行こうかな、と考えていますが、日にちが全然足りないので実は焦っています。うーわー、ど、どーしよー!? うーん、こういう時は、行き当たりばったりで行くしかないかしら。今は夜だから、さすがに実行に移すことは出来ないので、考えるのも止めにします。明日考えればいいや。でも、今出来ることがひとつあるので、その点についてのみ、考えることにしようかと思います。

それでは、皆さん、おやすみなさい☆

2007_05
03
(Thu)10:47

とても素敵な出来事にメッセージを…。

今日は、どうも朝から出発するみたいです。急いで打っていますので、変な文章になったらゴメンナサイ(先に謝っておきます)。

昨日の夜は、色んなサイトさんの所に覗き見に行ったりしていたのですが、これが、もお、素敵でしょうがない!! まだ見れていないところもあるので、帰ってきてからの楽しみにしておきます。本当は感想も送りたかったのですが、如何せん、深夜の時間帯でしたので、これ以上テンションを高くしては駄目だと思い、大人しく引き下がって参りました。残念ですっ!

皆さん、変なところで私の名前を眼にしたら、その時の文章は読まないように!! 素敵すぎて、変な思考回路から発せられた感想ですからね。なるべく、出ないように心配りをするつもりではいるのですが、今の私では、それがどうも難しいです。

昨日の夜は、あれからお話(?)創りに専念していました。
始めてのチャレンジに、私の胸は高鳴りました……。喜んでいただけると嬉しいなあ、と創らせていただきましたですよ。短いのですけれどね。


――あ。私を呼ぶ声が……。それでは、行ってきます!!

2007_05
05
(Sat)00:05

GWの一仕事。

ただいま、なのです。観たいTVが始まる時間ギリギリに帰宅いたしました。
後半は、早々ゆっくりもしていられず、ワタワタする日々。でも、おかげさまで読書が進みましたよ~。結果オーライですね☆


地震にあってから能登の方に行ったのは、このGWからでしたので、車の中で眠らないように気を付けて外の景色を見ていました。輪島に近付くにつれ、確かに道路の状態が凄かったです。所々、ブルーのビニールシートで覆われていたりしたところでは、道の端がないことがはっきり分かるし、休憩所のひとつも入れないようになっていたり……。

でも、この1ヶ月で、車が通れるように頑張ったのでしょう、崩れ落ちた道の横に新しく道を造って、私達が通れるようになっていました。ただ、危ない所を部分的に避けているような格好ですので、くねくね道になっていますけれど。いたる所で、「がんばってます、能登半島」等の看板や横断幕が掲げられていました。


さて。ここでこの数日間、私が何をやっていたかということを、皆さんにお見せしたいと思います。


rakugaki

ノートにお話を書いている時(深夜)に、近くにいた寝ているモモを描いた落書き。
私も腕が落ちました……。絵の方も、ずっと描き続けていなければ描き方を忘れてしまいますね。
(深夜に真剣になられても困りますが…)


sannsaitori

山菜取りに行った時の写真。とはいえ、私自身は車の中で犬の面倒を見ながら読書。この日はとても暑くて、山菜を取りに行った方は汗だく。この後行ったスーパーの駐車場(様々な店の複合あり)では、凄い台数の車が止まっていました。さすが、GW。


――あ。落書きは良いのですが、私の字も見えてますね……。やっぱり、隠しておけばよかった。丁寧に書いてないのでお見苦しくてすみません。携帯で撮ったので見えづらいから大丈夫…か? 内容には触れないで下さい~(汗)。

採った山菜は、早速天ぷらにして食べました。が、苦さが足りなーいっ!!
私は、物足りないぞ! なんだ、この、軟弱な味は。すっごく物足りない。食べた気がしない、と思ったのは、私だけなのでしょうか……。苦いものが嫌いな私ですが、山菜の苦さはわりと好きなのですよ。ああ、しょうもない…。

そして、帰る直前には、倒れたりしていた墓石を直したり、墓やその周りを掃除したり。うんうん、美しくなった。良かった良かった!

2007_05
06
(Sun)23:14

過去からのメッセージ。

今日は雨降る日曜日。ああ、出掛けようと思っていたのに、行けないな。残念だ。雨なんて嫌いよー。そう思いながら、ゴロゴロと布団の中で読書を始める私はもの凄く怠惰。GWの頑張りから解放されると、すぐにだらけてしまうのです。

午後からは部屋の掃除でもしようと思いまして(能動的)、掃除機を片手にテキパキと動いておりました。ついでに、本棚の整理と、厚手の冬物をタンスにしまったり……。

もうすでに本棚のスペースが危ない状態にあったので、すっと整理しなければと思っていたのですが、ああ、漫画本の多さがついに表立って見えるようになってしまった~。今までは、クローゼットの中に隠すようにして並べられていたのですよ。それが、「え、こんなにあったの?」と思うような形になってしまいました。出来ればクローゼットの中に目立たぬようにしておきたかったのですが、それにも限界が来てしまいました。とほほ。

そうそう、整理していると、学生時代の教科書が出て来まして、パラパラとページを捲っていると、次のような一文が書いてありました。


「天野 冬からずっと入院している造一のペア。」


……なんのこっちゃ。

確かにそれは私の教科書で、私の筆跡だったのですが、まったく記憶がありません。私、こんな文を書きましたか?? わけがわからないです。
そのページの前で思わず考え込んでしまいました。天野って誰? 造一って何者!? 冬からずっと…って、天野は病弱なのか? ペアの造一も大変だ……。あれだ、きっと、ノートとかもとって上げてるんだろう。でも、天野は留年するかもな。

その授業中、私はまじめに聞いてなかったことがうかがえる一文ですね。
しかも、別のことを考えていたらしい。
にしても疑問なのが、こんなメモを取る程なにか思っていたはずなのに、その後のページを見てもそのことに関する記述(メモ)が一切なかったことと、私の記憶の端にも残っていないこと。
うーむ、この過去からのメッセージは実に不可解だ。
私は何がしたかったんだろう? 謎です。

2007_05
08
(Tue)23:27

良いこと、悪いこと、明日のこと。

うわーい、仕事を早く終われるわ~♪ と、思っていた私が甘かった。
早く終われる変わりに私が払った代償は、歯の痛みと、新たな本が入手出来なかったことである。

ここ数週間、ずっと歯痛で悩んでいた私は、予約日を週始めにしました。怪我をした時、歯が少し欠けたのですが、その日から地味に痛かったのよう~。ううう。ずっと片側の歯だけで食べていました。た、食べにくかったデス……。


予約した時間に何とか(ギリギリ)間に合い、わずかな時間――30分だったのですが、もっと短い時間だと思っていました――で、今日のところは終わりでした。
が、この短時間を侮るなかれ。この30分の間に、私の歯痛は最高潮に達して……泣きそうでした(大袈裟)。痛みは声にならなかったですが、体が拒否反応を示すので、ある意味危ない。削っているのにね。動くと先生もやりづらいだろうとは思うのですが、こればかりはしょうがないですよ。痛いんですもの!!

次は今週の金曜日v
まだきちんとかぶせてもらえてないので、金曜日までは詰め物で凌ぐ生活。
が、それも詰めているだけなので、「ガムみたいな物を食べると取れるから、気を付けて下さい」と言われました。これについて、私からひと言。

          食べれませんよ、痛くてっ!

この歯痛を金曜日まで我慢しなければ行けないのかと思うと、ゲッソリしてしまう。両方の歯で食べる幸せと美味しさよ、カムバ――ック!! 痛いぜ、ちくしょー!


明日は、いよいよ健康診断です。
私の不健康さが露呈されるのではないかと思いますが、その結果が知らされるのはその日の内ではないだろうから、それまではドキドキしながら待つことになるんでしょうね……。

2007_05
10
(Thu)23:56

地震、雷、火事、親父…?

空ピーカンでおひさん眩しくて……今日は土砂降りよ♪

カーペンターズの「Top Of The World」が日本語(大阪弁)になってCDで売られていたことなんて、某TV番組でやるより前に知っていました。
変にテンションが上がりました。今日はお昼近くから、雷を伴う強い雨
大きな雷が鳴る度に、体が縮み上がりました。室内なら全然恐くないのですが、一旦外に出るとビビリ屋になってしまいます。恐いよう。周りに何もないという状況下にあって、雷の出すピリピリした空気は、充分恐怖に値する。

私は大きな音が嫌いなので、雷の「音」が苦手です。ゴロゴロいってるだけなら大丈夫。ドーンという音も、心臓にビリビリと振動がきますが、まだ大丈夫。……それがバリッと破裂音に変わると、途端に縮み上がります。室内に早く入りたい心境になりますね。ソワソワするのです。

雷の他には、あの綺麗な花火も同様の現象が起きます。
近くで見ると、あのドーンという音と共に来る振動に、ビクッてなります。一々肩が動くのを目撃した母には、「あんた、なにビビッてんの?」と問われたことがありました。知りませんよ。勝手に肩が動くんでいっ!

2007_05
11
(Fri)01:00

それは、何部!?

ある天気の良い日、私がてくてくと歩いていると、ふむふむ、前方に何やら工事をしている風景が見えてきました。道を塞ぐ形でないので気にせずその前を通り過ぎようとしましたが、ふと工事中のその風景に眼を止めてみると……

     そこには


          ○○商事レッカー部


の文字が、なんとっ、レッカー車の首の部分にっっ!!!
な、な、な、なんじゃそら―――!?!?

レッカー部って、ナニ……なにするの?? 部活動デスか? 部っていったら、部活よね。で、部活である限りは練習とかあるものですよね。レッカー部の皆さんで、走り込んだりするのでしょうか。筋トレしたり? うーん、他にもトラクター部などがあったありするのでしょうか。謎です。

これまでにレッカー部を見たことは2度程ありますが、他の部を見たことはありません。が、Sさんにこの話を言ったらかなり驚かれたので、レッカー部自体が珍しいのかも。だったら、他の部を見たことないのも当然といえるかもしれない。でも、ここまで来ると、他の部の有無もこの眼で見てみたいものですよね。

皆さんは、このような部を見たことがありますか?

2007_05
12
(Sat)01:55

遥かなるローマに肩入れ。

始まりは、Sさんに「迷宮」を(創作のために)貸してもらったことからでした。ちなみに、自分の本は人に貸していてなかったのです。

そこから長期に渡って貸してもらっていたお礼を彼女に問うと、「カミルスのお話が読みたい」と言ってくれましたので、私は急遽、「夜想曲」を読み込むハメになったのであります。と言いますのも、私、カミルスは好きですが、お話を創るなんて考えてもみなかった! ので、カミルスの数少ないお話をPCの前に置いての試行錯誤。出来上がったのは、ヒロイン・マリナ不在の男だらけのお話。

そして、私も気にしていたシリウスのお話(またもや男だらけ)を付けて、只今、「Special stories in Roman」はシリーズⅡまでお目に懸けることが出来ます。

今日は私も恐れる……いや違った…尊敬する、ジル様のお誕生日なのですが、この「~in Roman」のお話の方が気になってしょうがないので、こちらの方を優先させてもらいました。お誕生日、おめでとうございますです、ジル様v でも、まだ全然出来てない。やっとカミルスが登場したところだけれど、ひと言も喋っていません。……阿呆と罵られても仕方ないです~(涙)。

お待ちいただいている肩もいることは知っているのに、「創ります!」と宣言しているのも関わらず、この遅さはなんでしょうね。わっはっは。あー、思わず私がしょげてしまうわ。

このシリーズは、ⅠもⅡも他のシリーズとは生まれ方が違うので、その後の展開がハッキリとは言えないのです。どんな雰囲気で、どんなことが起こるのか、私にはまだ分からない。私が頂いた皆さんからの要望は、「とにかく続きが読みたい」「マリナとカミルスを会わせて欲しい」「マリナと再会した時のカミルス達の心情を読みたい」など。そこに私の「男だらけのお話の中に、マリナを入れる」が加わります。――ほら、どんなお話になるのか分からないでしょ? えっへん。

2007_05
16
(Wed)23:41

大変ショックでしたよ、○○社さん…。




ショックだ。



どれくらいショックかというと、同士の方々と慰め合って、愚痴り合って、この悲しさをデロデロとぶちまけてしまいたいくらい、ショックだ。

何がショックかというと、今月の中頃に決まっていた漫画の発売日が延長(中止?)されたこと。しかも、発売日まで後もう少し、というところで……っ!! わかってる。わかってはいるのよ。あの原作があって、漫画がある。あのお話をまとめることは、私が想像する以上に大変なことでしょう。中途半端に略そうものなら、原作からのファンの方々からもお怒りを受けることでしょうね。でもね、でもね、なにも、こーんなに期待させておいて、どん底に突き落とすことはないじゃないかあ~(涙)。

ああ、1年以上も待たされることに比べれば、大したことのない問題に……思えなくも…ない………かもしれ…な、い? いやいやいや、でも、こんなギリギリなのは、なぜだよ。不思議だな、出版社は。

はふー。私は、後どれくらい待てばいいのかしら……?

2007_05
19
(Sat)16:48

タイトルだけ頭に浮かんだので…。

昨日の夜、立ち読みしていましたら、雨が降ってきまして、自転車で寄り道していた私はちょっと困りました。傘差し運転は危ない。特に、風の強い、真っ暗な夜には。

とはいえ、折り畳み傘を片手に、夜の道を家に向かって漕いでいく私。
と、その途中で、「パキン」といや~な音が致しました。私の直感では、折れた。ああ、帰り道の半分の距離を絶えてくれて、私はうれしいよ。ご苦労様だったね。後の半分は、なるべく負担をかけないようにするから、もう少し頑張ってくれ。……そんな気持ちで、私は自転車を押して返ることに。

そうな苦労をしながら帰っている時に、私の頭に浮かんだものがありました。
それは、あるタイトル。


               「6月の花婿」


「6月の花嫁」という言葉があるのなら、「花婿」があっても良いじゃないか! ……そんな発想。
花嫁は、もちろん(?)マリナ。花嫁が幸せになれる、というのがこの月なら、花婿が幸せになれる月も同じか、または別の月かとか、6月の花婿の視点から……とか、色々考えてしまいました。考えるだけでも面白いものです。

とにかく、花婿の視点で書きたい。そんな思いがありました。
これは、何も、シャルルだけのお話とは考えていませんでしたね。男性メンバー、すべてに当てはめてみようとか、そんな思いもありました。

……気の毒なのは、ガイの「花婿」姿が思い浮かべなかったこと。
ガイ×マリナ というのは、どうも想像できない。
もう少し大人になったガイのお話がなかったからですね、きっと。

あ。ちなみに、この「6月の花婿」は、創作予定なしでございます。
こうやって無意味な想像をするのも、お話を創る上では大切なことなのですよ(嘘)。

2007_05
24
(Thu)22:47

お祝いしましょっ♪

お久しぶりです!
色々事情がありまして、顔が出せませんでしたが、和ぎは元気にしておりますよ。ハイ。
実は、明日が私の創作活動2周年目なのです! とても振り返る勇気はないので(恐ろしすぎて…)、反省もせずに新しいお話の方を創っていたりします。ええ、現在進行形ですよ。だって、始めたのが1週間前……。あわあわあわ、全然間に合いませんが、相変わらずの小分割でUPしていきたいと思っています。場所はもちろん、“広場”で。

いやあ、懐かしいですねえ。あの頃は、まだ、「mini」でした。
久しぶりに、皆さんのお話を読んで、熱くコメントを残してきたいです。土日に実行しようかしら。皆さん、お会いしましたら、優しく声をかけてやって下さいましね。………あっ、しまった、新しいお話の題を付けてないよ!! どーしよう……。馬鹿だー。バカだー。ばかだー…。






もうご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、私は「TINTIN」という、ベルギーの漫画が大好きである。以前にも言いましたが、そのまま読んでは駄目ですからね。フランス語読みして下さいねっ! 「タンタン」です!!
日本での知名度は幾分低いですが、世界的に有名な漫画なのよ?

――実は、この「タンタン」、 アニメ映画化 が決定いたしました

監督は、自身も「TINTIN」が好きだという、スティーブン・スピルバーグ監督と、「Lord of the Rings」のピーター・ジャクソン監督!! 映画は3部作で、CGアニメだそうです。詳しくは「TINTIN」の公式HP、「TINTIN JAPAN」 の 「NEWS」 を見て下さい!

さあ、こちらから飛んで行って下さいませ!!

               →→→ 「TINTIN JAPAN」 ←←←


本当はね、HPを見たらお分かりいただけると思うのですが、07’の今年は、作者のエルジェ氏にとって、記念に当たる年なのです。ですから、少し前からスピルバーグ監督が映画を創るということだけは、知っていました。07’にやるよ、ということだけは。本当は実写にしたかったみたいですね。とはいえ、ピーター・ジャクソン監督のコメントのリアルなタンタンというのも、興味を引かれます。ああ、早く見てみたいです~っ!!!

この詳細事実を、仕事場で知った私は、公式HPが負けてどうするんだ、と思いました。情報を知る数日前、私は公式HPに足を運んでみたというのに、その時には新しい情報は何もなかったのよ。で、帰ってすぐにアクセスしてみたのですが、何故か入れなかったり……。実は、ついさっき、詳しい内容を見に行ったのですよ。ふふふ。

私、絶対観に行きます。3作とも。
だから、だから、早く見せて欲しいっ!!

2007_05
26
(Sat)23:47

お話談議。


私は、明日、海賊共に会いに行くぜ!

公開早々、観に行けるとは思ってもいなかったし、もう少し遅くてもよかったのですが、以前からずっと映画を観に行こうと言っていた友人が、突然、「観に行こう!」と言いましたので、即座にOKしてしまいました。

1・2共に劇場で観て来た私は、3にも期待しています。
なーんにも考えずに、ハラハラしたり笑ったりする映画が好き。
そりゃあ、ね、考えさせる映画も好きですが、今は、バカ騒ぎしている映画を観たい気分なのです。んで、コーラを飲みたいの。






実は、始めて公開(投稿)したお話よりも前に創ったお話が、いくつかありました。その内のひとつは、未だに誰の眼にも触れていません。皆さん、不思議に思ったことはありませんか? なぜ、私のお話には、「はじまり」がないのか。

ええ、実は、再会するお話があるのですが、未完成な上、このまま進めても問題ないかと思い、今の状況が出来上がりました。おまけに、密かに、再会するお話を創ってしまいましたから、これ以上の再会話をお見せすることはないかと思います。今まで創ってきたお話とは、全然別のお話になっていますけれどね。

そこから、別のお話を創っていったりして、どうせ投稿するなら5月に合うお話を……ということで、「幸せの象徴」をUPしたのです。
このお話、そもそもは、新聞記事にクローバーが載っていたことから始まりました。クローバーに関して調べていた時にお話の断片が浮かんで、その周りを、ああでもない、こうでもないと、試行錯誤を繰り返して出来たものですね。この時は、全然、ジルを出すつもりのなかったのですが、なぜか、出て来ていることにビックリです。ここまで登場することになろうとは、誰が考えたでしょう!? ……ジル、恐ろしい人です。

「眠れない夜に…」は、何となく思い付いたお話をそのままUPさせたものでしたが、驚くほどに気に入っていただけたので、続きを書くことになったという(「…続く朝が来る!」)、何とも調子の良い、原作基本のお話です。またこんなお話を創って、と言われても、とても難しいのではないかと思います。

その後、シャルルとマリナを「デート」させようと思った私は、ジルに手を貸してもらうことにしました。ついでに、マリナとの友情を形付けてみようと思いまして、「爾汝の交わり」が出来ました。「爾汝」はお前・貴様の意味で、互いにお前・貴様と呼び合うような親密な交際の意から、ということで、色々ある故事ことわざの中から「爾汝の交わり」を題にしてみました。
ここからすでに、もう、ジルの最強伝説が……。

マリナから了解を得られたら、次はシャルルでしょ! ということで、ジルがシャルルを説得するお話が「上手な火のおこし方」です。状況において、アピールの仕方を変えたらどうかと、早くマリナの火をおこしたらどうかと、ジルがシャルルにけしかけるお話ですね。シャルルとジルの、アルディ一族に散々悩まされたお話でもあります。

いきなり「デート」に行くはずだったのですが、その前になぜかワン・クッション置く羽目に……。そのお話が「前夜の犠牲者達」。どうしてこのお話が出来たのかよく覚えていないのですが、このお話の意義は、次のお話(連載中)「さくらんぼの実る頃」を最後まで読んで下さると分かるようになっている……ハズです。ハイ。


2007_05
27
(Sun)22:40

実行してみました。

今朝は、いつもの朝食に少しだけ手を加えてみました。
私の朝食は、食パンが2枚(重ねてサンドにします)と、紅茶。そこに時々、バナナやお菓子(和菓子など)が加わります。

食パンにはいつもジャムを塗るのですが、ブルーベリーが終わって、今はマーマレードを使用中。昔はマーマレードが嫌いでしたが、今は問題なく食べられます。あまり付けすぎると、食べられないのですが……。

実は、以前から、紅茶の中にジャムを入れて飲むという、ロシアン・ティーをやってみたくてウズウズしていました。でも、さすがに、入れるジャムの種類を考えた方がよさそうな飲み方でしたので、ブルーベリーの時には試すことが出来ませんでした。

が、今は、何となく紅茶に合いそうな、マーマレード!
よし、入れてやれ!!

中にジャムを入れているとはいえ、甘さが足りないと思った私は、さらに砂糖を加えましたが、ストレートを普段から飲んでいる人は砂糖なしでも大丈夫でしょう。味は、結構おいしかったです!!!
毎日同じ紅茶の味に(ちょっぴり)飽きてきていた私には、これは新しい発見。これからは時々、この方法で飲んでみることにします。皆さんも、よろしかったら、是非、お試しあれ!






――さて、皆さん、私は、海賊共を観てきましたよー!

詳しくは、また後日お話しするとして……すると、思いますが、いや、だってね、まだパンフレット買ってないんだよ(必ず買う)。今回は何だかシリアスでした。もちろん、笑えるところもあるのですが、1・2のような明るさはなかったように思えます。

ただ、随所に散らばっている面白いところを観ていけば、「ああ、カリビアンだなあ」という気持ち(当たり前だ)。前回のお話をひと言で言ったら「回る」でしたが、今回のお話をひと言で言うなら、「パパ(お父さん)!」です。いやあ、お父さん大活躍だよ。ママンも頑張ってるけれどね。

映画を観に行く人って、映画の情報を多少は頭の中に入れて観に来るものだと思っていたのですが、そうでない人もいるみたいですね。エンドロールの途中で早々に引き上げたお客さんが大勢いました。映画の紹介をTVで見る限り、どの番組も、「最後(エンドロールが終わる)までちゃんと観て下さい!」というコメントがついていました。過去の2作品を見ても、この作品はエンドロールが終わった後も何かある! と知っている人がいるでしょうに、意外と最後まで観ていた人が少なかったです。

淋しいですねえ。
私はどの作品でも最後の最後まで観ます。それがたとえ、英語であろうと、その映画を創った人達や、その関係者の名前が書かれてあることに違いはないでしょ。眼が追いつかなくても、この映画には、これだけの人が力を合わせて頑張っていたんだと思うと、席なんか立てません。

これから海賊共を観に行く方がいらっしゃいましたら、どうぞ、エンドロールが終わる最後まで、観て下さい!!
そうして、彼等の生き様を観よ!

2007_05
28
(Mon)23:23

ステキ眼鏡って、何!?

映画緒観た後のお話です。

普段の私は、前の度の低い眼鏡をかけて過ごしています。茶色い縁の、楕円かかった丸眼鏡です。
そして、帰りの夜道や、映画などの時に、新しい眼鏡を使うのです。新しい方は度が強くて、未だに慣れないのです。今朝、うっかりこの新しい方の眼鏡をかけて、視界が揺れました。ビックリです……。

帰り際、外で何故か眼鏡のお話になったのですが、友人Oさんの学生時代はとてもオカシイと思いました(爆)。

だって、とある部員全員が、眼鏡大好きー!という集団だと言うんですもの。部室の壁には、眼鏡に関するお言葉が張られてあり、友人Oさんが、とある言葉を問いかけると、その言葉の続きが即座に返ってくるという話。
そして、新しい眼鏡をかけた私を彼(女)等に紹介すると、絶対に、「ステキ眼鏡ですねっ!」と言うと、友人は私に力説しました。(そんなところで、力説すんなー)


「なぎちゃん、分かってない! その眼鏡がどんだけ素敵だと思ってるの!? 前の、そんなダサイ眼鏡じゃなくて、こっちのステキ眼鏡をかけなきゃ!!」

……ダサイって……。
確かに、今の新しい眼鏡を買った時に大プッシュしていたのはOさんだが、何故そこまで熱くなるのか……。

「この赤のラインが素敵やろう!? それに、横のこの赤いラインにかかる黒(髪)……、ああ、もう、あの部の人達が騒ぐよっ!」


その後も彼女の白熱したお話が続き、私は終始、彼女の熱い眼鏡トークに押され気味になっていました(笑)。

いや、私も眼鏡好きーですが、あそこまで語られると、自分はまだまだ可愛いものだと思いましたね。「ステキ眼鏡」ってなんなんでしょ? うーん。まあ、兎にも角にも、彼女の眼鏡萌えにて、その日は終わった気がしました。以前から分かっていたことですが、彼女は計り知れない奴だ……。