2006_04
01
(Sat)00:38

№2 【い】

連想五十音……ということで、2回目は【い】でございます。

い、ってパッとした言葉がなかなかないもので、少々迷ってしまいましたよ、私は。いきなり蹴躓いてどーするんだ



【い】 ―家路―

家路。その他「帰路」。私の好きな言葉かも。とにかく、家に帰りましょうという言葉が好き。何故か、哀愁を帯びている気がするのです。
私の家はそんな温かいイメージの家ではないんですけれどね~。不思議です。

私が創作でちょっと使わせてもらった「Home Again ―恋の家路―」も、この日本語訳がなかったらあのお話は存在しなかったかも……と思います。
いえ、歌詞もとても素晴らしいものなんですけれどね。好きですよ?


   雪は冷たく、雨は沁みるように
   私の魂を芯まで凍えさせる



なんて、寂しさが浮かび上がってくるようではないですか。私もひとりで家に帰る時はただひたすらそこに向かうしかないので、寒い時は極限状態に近いです。うん、これはそんな歌詞ではないのですけれど……。でも、まあ、大体そんな感じで……。

この間、この歌を作ったキャロル・キングのCDを借りようと思ったら、すでに借りられた後でした。そして、ヴォンダ・シェパード。彼女の歌声が入っているサウンドトラックもナシ! 踏んだり蹴ったりですか……。そうですか。ふんっ!

こうして、キャロル・キングの「Home Again ―恋の家路―」を聴く機会が遠退きました。私はいつになったら、彼女の「恋の家路」を聴けるのでしょう??


   故郷に帰ってほっとしたい


スポンサーサイト
2006_04
03
(Mon)00:38

眼鏡は大切に!

視力の悪い者にとって、眼鏡は大切な物です。

よって…… 眼鏡は大切に (コンタクトの人も一応……)

これが過去に何度も眼鏡を壊した(?)ことのある私の言葉。
常時眼鏡をかけるようになってからは、その大切さがヒシヒシと感じられるようになりました…。眼鏡がなければ、PCの文字も見えないのですよ~ 大変です。


それなのに、眼鏡を脅かす存在が常に家の中に潜んでいる……。


そいつの名は、  ちゃんです!! 犬です!


甘えたい盛りのこいつは、いつも行動が予測できません。眠っていたと思ったら、突然やって来て攻撃を仕掛けます!
これがとても危険です。眼鏡にとって。
顔に突撃を掛けてくるからですね。つまり、舐めにやって来るのです。
不意打ちを食らったら、眼鏡が大変危険です。一回、歯が当たりましたよ。止めて欲しいものです。おまえね、私は眼鏡なしじゃあ、不便でしょうがないのよ? わかる??

もちろん、そう言っても無理なので、私はひたすら顔をガードします。


これが彼女(梅)から眼鏡を守る最大の防御なのです。
毎日が、格闘。

2006_04
06
(Thu)00:38

Murder Rooms

感想を書こう、書こうと思っていたら、突然襲う睡魔 
どうしよう、DVDが欲しい……!!

Murder Rooms


最終話(「暴かれた策略」)では、あのベル博士と衝突していたあの若造(失礼)が、熱くなっていた博士を欺いて事件の駒を進めましたよ! ふむ。敵を騙すにはまず見方から、だね、ドイル先生。うっかりベル博士の方につきそうになったよ。
でも、最初の10分を見逃した…。どうしてベル博士がいるの? 

「謎のミイラ」では、ベル博士がミイラの公開解剖(だったかな?)をするためにドイルが呼んで来たのだが、最終話は見逃した……。
「死者の声」は確か、突然訪ねて来たハズ。私はドイルが殺されるんじゃないかと思いました。
「悲劇の森」はドイルの手紙の内容が気になって来たのです。

ベル博士はドイルの良き先生でもあり、友でもあるんですね~
世代を越えた友達、いいですねー。好きだわー。まるでタンタンとハドック船長みたいで。 (「TINTIN」シリーズコミックに出てくる主人公達)

映像もとても綺麗だし、ストーリーも面白かった……。
DVDが欲しくなります。ああ、でも、TRICKのDVD買ったからヤバイんだよ~~
欲しい物のリストに追加しておきましょう。

これで夜遅くまで起きている必要もなくなったのですが、何となく淋しい…。ベル博士とドイル先生の推理をまた拝見したいです。
BBC、またシリーズ再会すればいいのに…。


タイトルの「Murder Rooms」の “Murder”とは、

    殺人事件

のコトでした……。ひえー

2006_04
07
(Fri)02:08

開花宣言。

ぼやぼやとニュースを観ていたら、桜の開花宣言が私の所の県で発表されたらしい。日本三名園のひとつである公園(?)が、1週間無料開放する時期が来たみたいです。
あそこに入って花見をしたのは2年前です。早いもんだな~。
夜店が出てて、匂いにつられそうになりましたねえ。懐かしいです。

染井吉野が一般的ですが、山桜も好きです。
母方のお里が朝市で知られる所。なのですが、海沿いではなく山の中にあります。よって、道沿いには山桜がある訳です!
去年のGWには、ちょうど満開の頃に行ったので、見応えがありました。

   yamazakura
     「その時の写真」

季節がら、この写真をプロフィールの写真に使用しようとしました(ひっそりと告白)。現在の写真も同じ日に撮ったタンポポ。でも、「セイヨウタンポポ」ではありません! 日本に昔からあるタンポポでい!!
その違いは、花の下にある物が反り返っているか否か。あ~、中学で詳しいことを習ったはずなのに、忘れちゃっていますね。
とにかく、滅多に見られなくなったタンポポなのです(え。それだけ…?)。

桜が咲くとうれしいものです
下から見上げると、空がピンク色に染まったように見えます。
それで、そうしながら歩いていると、友達から度重なる注意をいただきます。曰く、「危ないから、ちゃんと前を見ろ」「アホがいる…」等です。……失礼な。滅多に車が通らないからこそ、アホ面して上なんぞ見上げているのに……!!  あれ。なんか違うな。

ま、まあ、今年もそんな季節になりました。
今年も私は自転車をこぎながら、はたまた、その下を歩きながら、うっとりと桜を見上げることになるのでしょう。

2006_04
08
(Sat)02:12

あなたの好きな言葉は何ですか?



「――大丈夫です」


TVでの一問一答で、タイトルのような質問がゲストにされるのですが、私も楽しみながら……ひそかに答えています!

他にも、「好きな漢字一文字」とか「よく見る夢」などがありますが、この質問の答えだけは、皆一様に「ありがとうです」と答えます。もちろん、他の言葉を言う人もいますが。

「ありがとう」は確かにいい言葉です。
なので、私ひとりが他の言葉を好きでいても平気よね、と考えて、あえて変えようとしないことにしました。
うん、実は昔から好きな言葉です 嫌なことがあった時、心配なことが起きた時、とにかく自分を励ますように呟くのですが、気持ちを落ち着けさせるためにも呟きます。

人にも同じようによく使います。

「大丈夫」で、マリナシリーズの和矢を思い出しましたか?
でも、彼とは全く関係なく、それより前から呟いてます。ほんとに。
(この話を深くすると、話がとんでもなく脱線しそうなので中断します


なので、人から「大丈夫?」と問われると、それだけでも私はうれしくなります。
単純だと、言わないように…!

どうしようもなくなった時、私はすぐに口にしますが、もちろんそれで事態が好転するとは限りません。わかっております。が、少なくとも、気持ちを落ち着かせることだけでも出来ると思うのです。
そうすれば、わずかにでも余裕が出来て、その少しの力だけでも頑張ってやる!と意気込む訳です。



   「――大丈夫ですか? 大丈夫ですよ、きっと。」





…………だから、周りの 親切な 方々に何を言われようとも、
   大 丈 夫 !
頑張ってやる………っ

2006_04
09
(Sun)13:26

頑張った結果…。

昨夜、あんなこと(↓)を言ったからには何かせねば!と勢いたち、昨日の夕方から

部屋と廊下、階段の掃除及び牛乳パックを開きました!!

小さいなあー…
掃除は、犬の毛が抜ける時期だからこまめにしないと大変なことになります。
それはいいんだけど、牛乳パックはそのつど、開いていきましょうよ…。溜まったのを見かねた私が毎回やってるような気がするよ?


まあ、取り合えずやらないよりはマシだということで……結果報告でした!

2006_04
10
(Mon)00:58

わかってますって…!

全く関係ないことですが、下の下の記事を打っている時、たまたま付けていたTVで放送していたのが「ヤング・スーパーマン」という海外ドラマ。
私が「大丈夫」をくり返していた時のことです……。


   「みんな、大丈夫って言われたいのよ」
   「本当のことを言われるのが怖いのね」



と、視力をなくした代わりに予知能力を得たおばあさんが主人公に向かって言ったのです。

うっ…!! ズキーーンときましたっ!
今の私に、とても胸を突く言葉をありがとう……。心の奥に大切にしまっておきます。でもね、それでヘコむようなことはしたくない。自分を軽くいさめる言葉として時々開きたいと思います。


ああ、応えたなあ………

2006_04
11
(Tue)02:22

実は……

毎朝、藤本ひとみセンセの文章を読んでます

公式HPの出版情報にある「となりの若草さん(仮)」というのが、ソレ。 だと思います…。
実は私の住んでいる地方の新聞に連載されているものなのです。地方紙とはいえ、ここではほとんどの家がその新聞をとっているのではないでしょうか?
とはいえ、そこはやはり地方紙。全国紙に負けると思うのですが、一体どういったツテなのか、この会社、藤本さんの朝刊の連載小説を始めちゃいました
(ち、地方紙で良いんですかッ!?)
その名を見た時には、何度も確認したくなるほどの驚き!  いや、実際に何度も確認してしまいましたケド……。
うーん、今でも謎です。知り合いの方でもいたのでしょうか?

お話はと言えば、若草家で起こる事を、犬の元帥の目線で展開していきます。家族は父と母(フランスに滞在)、4人姉妹。主に出てくるのは桃子さん。
(お話は、あえて詳しく話しません★)

………今は、かなりドキドキな展開なので、朝刊が休みだと怒りたくなります。気になるのよ、休むんじゃない! (無茶苦茶…)
うにゃ~、子供のままでいられたらいいのに、ですね。
(スミマセン、個人的な感想です…
ハラハラしながら、毎朝読んでます!! もちろん、新聞も経済面とかは抜きにしてちゃんと読んでいますよ。テレビ欄からね…。


そして今日も、私は藤本ひとみセンセのお話を読む。


※ 今のところ、シャルルとか一切出て来てませんね~。ちと残念。わずかに、あとがきにあったお話がチラホラ出て来ますが。

2006_04
12
(Wed)00:49

気にしてみましょう!

今日は朝から雨でしたが、夕方頃、一瞬だけ晴れ間が!!


(写真を載せようとしましたが、何故か保存できなかった…)


綺麗な夕焼けだったんですよう~。ああ、なにが悪かったのか……


とにかく、(日付は変わりましたが)今日は良い日だったんですよ。夕飯はちらし寿司だったし、おかずは大好きな卵巻が出たし……。って、今日の夕飯の献立書いてどーするんだ……?まあ、テンションも上がっていたのでかなりうれしかったのです。


――がっ!!


時が経つにつれて体調が悪くなってきました 心なしか、雨足も強くなったような……

気にしなーい♪ と思っていたら、症状が増えた…。


       気にします。


いくら私でも、これは気にしてみます。さすがに、お薬飲もうかなーと思いました。でも、やたらに飲みたくない。………体、頑張れ。



うにゃーー、お話創ろうと思ってたのに~~

2006_04
13
(Thu)00:44

やっと答えます。

体調は今のところ緩和状態です。私よりも、姉の方が酷かったですね。私、姉から移ったのかしら? 夕飯後、デザートの苺を「食欲がない」などと訳のわからぬ言葉で半分ほどしか食べませんでした。自分で用意したのに。

私はもちろん、全部平らげましたとも!! おいしかったです



今日はこの為にブログをやったのだと言っても過言ではありません!
いつ答えよう、いつ答えようと悩んで今日になってしまいましたが……。ま、まあ、考えていたのですよ。ええ。

そして、それは何の事かと申しますと……私が愛して止まないシャルマリ創作を書いている深谷みどりさんの「つれづれBLOG」から回ってきました、【無条件バトン】に中毒症状を爆発させながら、答えてみようと思います


   中毒万歳! (何のこっちゃ……)
   それでは、どうぞ

続きを読む »

2006_04
14
(Fri)00:42

№3 【う】

連想五十音3番目は【う】です!

何故ウチのおてんば犬に「小梅」と付けたのか、名付け親となった私がひっそり、こっそり、語ります。


      (少しばかり、中毒者らしい内容です……)


続きを読む »

2006_04
15
(Sat)04:34

よくある罪のひとつ。


よくある罪のひとつ。

――それは、TVに見入るあまり、投稿を逃すこと。


よくある罪のひとつ。

――それは、何でも後回しにすること。


よくある罪のひとつ。

――それは、今、この瞬間やっていること。







という訳で、和ぎの懺悔でした。

表では時間がわからないのを良いことに、深夜に反省。


書きたいことは、今日の内に書くつもり。


――それでは、おやすみなさい。 

2006_04
16
(Sun)20:00

公開が楽しみ!

昨日は洋画「スコーピオン・キング」をハラハラしながら観てました
カッコ良かったですね~~ 豆知識も何故か全問正解した私です。基本的に筋肉質な人は好みではないのですが(笑)、闘う姿がとても素敵でしたv 「Z(ゾロ)」を観た時も、その動きに見とれてしまった私です。だって、とっても洗練されてたんだもん! その翌日、友達にそのことを言ったら、「顔が~~」とか言われましたけど……。


まあ、それはともかく、皆さん、観ましたか!?
「スコーピオン・キング」が終わった後に流れた、ジブリの「ゲド戦記」劇場版予告!! 私はそれより一足先に公式サイトで覗かせていただいたのですが、胸を突かれました。主題歌が見終わった後にも響いています。監督がお勧めするだけあります。今は、2弾目の予告を作っている最中だそうで、それも楽しみです。V6の岡田君の声優ぶりもたのしみですね~。木村君のハウル役もぴったりでしたから、大丈夫でしょう。

そして、色んなキャラクターの動きも、私はとても素晴らしいと思いました! 制作日誌も読ませていただいているのですが、キャラクターだけでなく、その背景などもよーく観ないと!という気持ちです。実は私、中学・高校と6年間美術部だったので、創作にかけるスタッフの細やかなその姿勢に、その時の思いが甦るのです。……と言っても、高校の時の先生が主に教えるのが上手な方でしたから、その時が中心ですが。

もう一度先生の所に行って、絵を描きたくなりました……。


公開まで後、数ヶ月
とっても楽しみです。もちろん、観に行くつもり! さて、誰を誘おうかしら?

2006_04
17
(Mon)00:42

最近よく聴いています。 ―「アリー」サウンドトラック―

いきなり話をそらせますが………


朝から泣きそうになった


その原因は昨日で416回を迎えた藤本センセの連載。

まさか、416回目で泣きそうになるだなんて、思わなかったよっ!
うわー、凄い不意打ちです。どうしよう、どうしよう。ポール、いいやつ……。ポールに不意打ちを食ったわ。彼は凄い。
(そしてやっぱり、詳しくは話せない私…)

発売される本は、どこまで載るのだろう? このお話を、皆さんにもお届けして上げたい気持ちで一杯です。一読者ですけれど。



さて、最近はよく音楽をかけながらPCに向かっています。以前もそうでしたが、ここ最近は静かだと落ち着かないのです。かける音楽は、以前にもご紹介した「恋の家路」が入っているです。MDですけれど。

アリー・マイ・ラブ~フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ~アリー・マイ・ラブ~フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ~
(2001/06/20)
TVサントラ、ヴォンダ・シェパード 他

商品詳細を見る

ヴォンダ・シェパードさんだけでなく、「アリー」に出ていた方なども歌っていたりします。彼女のピアノの旋律も、歌声も好きなのです。この音楽を流しながら、今もPCに向かっていますが、只今、夜中です。ボリュームを小さくしました★

ピアノの前に座っている方がヴォンダさんですね。

歌声がもの凄く素敵なので、飽きることなくかけまくり。しかし、レンタルショップでサウンドトラックしかないのには困りました。探し歩けということでしょうか。この片田舎に住んでいる私に!!
(私は、自分の手で品物を入手したい困った人)

2006_04
18
(Tue)01:27

注射嫌い!

春が来ると、嫌な記憶が脳裏をかすめます。


まだ私が学生の頃です。春になると健康診断をしますが、その時に、腕から血も採ります。私は、血管が見えにくいと言われました。(嫌な予感その1) まあ、何というか、お決まり通り、看護士さんから時間がかかりそうだから他のところ回ってきて、と言われました。

確か、1年前もそうだったよな~、と思いながら戻って来て、再び腕を差し出します。他の看護士さんにまわされること2・3回。(嫌な予感その2) ちょっと年輩のベテランと思われる看護士さんのところに行き着きました。ああ、この人なら大丈夫かも~、と少し安心。「これで駄目だったら、先生に頼むしかないね~」などと言われつつ、針を腕に……。

が、やっぱり駄目だったらしく、私は結局、手の甲から血を採ることになりました……。(嫌な予感その3) 事前に「ちょっと痛いからね」と言われていましたが、予想を遥かに凌ぐ痛さの上、流れてこないと注射器に繋がる管を揺らせます。……これが、かなり痛い!! ちょっと、あんた、何すんのさ!?と、怒りたくなる程でした。

ですが、この後にも問題が。

針を抜いても痛みが取れず、時間が経っても痛みが取れないことに、私はゲッソリ……。友達に愚痴りつつ帰路についたのですが、射したところが次第に腫れてきて、家に着く頃には青くなっていました。冗談じゃありません。何で私がこんな思いをしなくてはいけないの!と怒りつつ、相変わらずズキンズキンと痛むので母に相談すると、湿布でも貼っとけと言うことでしたので、その通りにして、夕食時にやっと痛みが引きました……。本当に痛かった……(涙)。

その後、青あざは消えてはくれず、1週間程度、その出来事を象徴するものとなりました。



私は、今でも忘れられません。

その前に針で血管を探られたこと、手の甲に針を立てたことを!!

「こっんの、へったくそ~!!!」

若くても、ベテラン風でも、安心してはいけませんでした! もちろん、他の場所で、1発で決める上手な人を見たこともありますが、あの場で、安心は禁物でした。あの時、何故先生にまわしてくれなかったのよう!! 私は、恨んでます!


――その後、母に腕をむんずと掴まれ、血管がはっきり浮き出たことをここに追記しておきます。

2006_04
20
(Thu)15:47

極端な性格に呆れろ!

日付が変わった19日夜、記事を書こうとしました。

書けていない理由は………画像を付けようと思ったら、私のPCがいきなりフリーズしたからです。プツンと切れた私は、再び立ち上げた後、きちんと終了させて床についてしまいました。短気です。

そして昨日、久しぶりに長風呂をしていたら、日付も変わっていたし、「オーラ○泉」も見逃してしまいました。……久しぶりだったのに…。くすん。


昨日1日で、両極端な性格をみせた私。
夜にまた出没予定。

2006_04
21
(Fri)01:46

№4 【え】

ああ、昨夜は風が凄かった……。私、まだ、花見行ってなーい!! 桜は緑の時も好きなのですが、そこはそれとして、お花も楽しみたい。


そんな今日の連想五十音は、私が長い間持っていた疑問も交えながらお送りします!



【え】 ―遠視―

日頃の発言でお分かりでしょうが、私は近視です。遠視とは程遠い物だと思っていましたが、そうでもなかったようです。というのも、新生児の大多数は軽い遠視なのだそうで、6~7歳の頃には正視になるそうです。はあー、初めて知りました。だから小さい子はよく転ぶのでしょうか? (足取りが危うくなくても)

そんな私は、遠視と老眼の違いもよくは知りませんでした。老眼は遠くや近くを見る力が弱くなること、らしい。近いところだけではなく、遠くも見えにくくなるのね。それは、新聞読むのがつらいはずです。

そして、私が長年疑問だったことは、近視の人が老眼になった時、ちょうどいい具合の視力になるのではないかということ。それなら、眼鏡やコンタクトなんかいらないのでは!?などと思っていたのですが、高校時、近視の先生がなんと、老眼鏡も持っていらしたのです。ここで私の疑問は深まりました。ふたつも眼鏡を持っているということは、近視用、老眼用、ふたつ必要だということ。それは、何故かっ!?
(すみません、先生に直接聞けなかったんです…)


その長年の疑問は、昨日、解明されました。


――近視の人は、もともと近くに焦点があっているため、近用のための老眼鏡がいらなくなるだけらしい!!  これで始めの方の疑問が解けました。残るは、ふたつの眼鏡が必要な人もいるのはどういうことなのか、ということ。

それは、老眼になったからといって近視が治る訳ではなく、遠くの物は相変わらず見えにくいので、近視用のレンズが常に必要。けれど、近いところを見る時には見えにくい。何故なら、遠くを見るためのレンズだから。それならば、どうするか。――レンズの度を軽くすることによって、ようやく見えるようになるみたいです。もともと近くに焦点がある、ということで、近視眼鏡の強い度を下げればいいみたいですね。そのための眼鏡がもうひとつ必要、ということです。



私も度が強いので、老眼になったらふたつ必要だな。遠近両用眼鏡、というのもあるけれど、そんなけったいで小賢しい物はいりません! ふたつ必要だというのは、かなりめんどくさいですけれど……。


………って、今から老眼の心配してどーするんでしょ?

2006_04
22
(Sat)00:08

うららかさん。

朝、目が覚めてみるとカーテンを閉めていても薄暗さを感じ、少し陰鬱な気分。それでも何とか起き上がって一日をゆっくりと味わって。そうして陽が暮れてしまう日。

いつもと変わらない日が過ぎて。

それでも静かに音楽を聴いて一日のおわり、振り返ってみれば、まあ、そう悪くない日だったかな。

そう思うと、少しだけ幸せ。




―――梅の悪行がなければ、もっと……。




明日こそ出掛けてやる。ひとりでも満喫してやるんだいっ!
そしてうららかな日を過ごしたい。

そんな気分の日、春から夏にかけて聴きたくなるのが「つじあやの」さんの曲。ドライブの時にも最適です。お休みの日にもただゆったりと流しておくだけでも、のんびりとした気持ちになれます。

春蜜柑春蜜柑
(2001/04/18)
つじあやの

商品詳細を見る

花見に行けないフラストレーションでも溜まっているのか、無性に聴きたくなって、TVもそこそこにエンドレスで流し続けました。

ジブリの「猫○恩返し」の主題歌で私は始めて知ったのですが、その前にもCMなどで耳にしていました。誰の歌だか知らなかっただけで……。最近よく、つじあやのさんの歌をCMで耳にするので、それでまた無性に聴きたい衝動になったのかも?

だから、どこかできっと、1度は聴いたことがあるはず。
その歌声にはまれば、こんな穏やかな季節、彼女の歌声を聞きたくてたまらなくなるでしょう!

2006_04
23
(Sun)01:14

方針。

最近の我が家はサラダ・ドレッシングブームである。うーん、健康的。ノンオイルじゃないけど……。

主に母と私が消費しております。私、野菜は好きです。ピーマンとか、タマネギ、ネギなどを除けば。家で出てくるのはレタス、水菜、キュウリ……。青いですね。彩りとか全く関係ないんです。ええ。私個人がトマトを食すことがありますが。時にタマゴがのることもアリ。これから山菜も来るし、当分はヘルシー生活かしら?? でも、天ぷらにしたら油が……(植物油ですけれど)。


閑話休題。


私は、ここで思い切って、「中毒語り」でその中毒ぶりを大放出してみようかと検討…中……です。とあるルートを辿ってこられている方には、あまりにもな放置ぶりなので……。思案しております。どのようになるか、さっぱりわかりませんが(おい)、今後ともよろしくお願いします!


取り合えず今は、ジルとマリナを泣かせることに全力疾走(?)しております。えっ、私はいつも女の子の見方ですよ~~? ふふ…。


ジルはもう泣かせた。……後は、マリナだな。



2006_04
26
(Wed)01:52

大変に眠いのです…。

ここ数日は事情があって、なかなかPCの前にいられませんでした。今現在、別の意味で非常に危ういです。眠たくて…… そんな私にぴったりの詩がありますよ。孟浩然の「春暁」。


  春眠不覚暁   春眠暁を覚えず
  処々聞啼鳥   処々啼鳥を聞く
  夜来風雨声   夜来風雨の声
  花落知多少   花落ちる事知る多少



――春の夜は夜明けになってもなかなか目が覚めない。あちこちで鳥のさえずる声が聞こえる。昨夜から雨風が強かったので、花がどのくらい散ってしまったのかわかりません――という内容。皆さんは全部覚えていましたか?

枕草子では、「春は曙……」と書かれていますが、夜明けはさすがに見られませんよ。清少納言は好きですけれど、眠いんですもの。無理です。

ところで上の詩、本当は雨風が強くて寝られずに、朝が来ても起きられない……という物らしいです。うあー、情緒がないー けれど、2日前の夜は本当にそんな感じでなかなか眠れませんでした。風が唸ってましたよ……。



さて、ここからは中毒タイムです……

続きを読む »

2006_04
28
(Fri)02:41

TINTIN

突然ですが、私のPCの「お気に入り」には、「T」が並んでおります!! ここにズラリと上げてみますと、

田渕 久美子さん、たつみや章さん、Tamura Shigeruさん、つじあやのさん...

ジャンルはごちゃまぜですが、皆様、(幅広い意味で)作家の方ですね。何故こうも「T」のついた方達が揃ったのかしら~? 不思議、不思議。これらの方々を一発で分かる方は少ないとは思いますが、有名な方々です。


――中でも、長年愛して止まないのが「TINTIN」です!!!

オトカル王の杖 (タンタンの冒険旅行)オトカル王の杖 (タンタンの冒険旅行)
(1999/11)
エルジェ、Herg´e 他

商品詳細を見る

これは、私が小学校の時から大好きなシリーズです。(福音館書店から発売中!)20を越えるこのシリーズは、ベルギーが世界に誇るコミックで、昨年の愛知万博のベルギー館を訪れた人がいたら、その入口に立っていた小さい少年の姿を眼にしているはず。それが、タンタンです。ちなみに、日本の京都と東京にもショップがありますが……。

 決して、英語読みしてはいけません! ちょっと日本では避けて下さい。正しくフランス語読みでお願いします。 タンタン!!

タンタンの足下にいる白い犬は、彼の相棒の「スノーウィ(仏:ミルゥ)」です。このルポ記者と犬が世界各地、果ては月にまで!冒険をして行きます。その他の主な登場人物は、アルコールが大好きなハドック船長、どこか抜けているインターポールのデュポンさん・デュボンさん、耳が遠い発明家のビーカー教授。この4人を知っていれば、大体楽しめます。

どこかのページで、誰かが必ずドジを踏む。主人公のタンタンでさえも! スノーウィにも吹き出しが付いていて、タンタンとよくお話をしています。事件を追いかける正義感の強いタンタンに、文句を言いながらもついて行くハドック船長。役に立っているのか疑問が多々ある、デュポンさん・デュボンさんは、各地での民族衣装(?)がお楽しみです。何を話しているのか分からなくなってくる、嫌な話し相手(笑)、ビーカー教授。ただし、本人は凄く真面目。

こんな個性的な面々が揃っていて、面白くないはずがありません!

日本ではあまり知られていないのが悲しいのですが、一歩踏み出せば、色んな国の、色んな世代の方が知っています!!
(詳しくは、日本の公式サイトへ!)


フランスに行ったら、私はひっそりとタンタングッズに眼を奪われて、忽然といなくなってしまうでしょうね。お金に余裕があったら、品物を食い入るように見つめているかも……。


とっても面白いので、小さなお子さんから、お年寄りの方まで楽しめる物になってます。絵も鮮やかで、とても昔の物とは思えない構図や描き方が素晴らしいです。皆さんも、是非、一読!

2006_04
30
(Sun)01:18

つづれおり

皆さん、GWです!! この言葉を聞くと、ああ、初夏が近付いてきているなぁ、と感じます。昔は母の実家に行って、大人の田んぼ作業を見ていました。おたまじゃくしがウヨウヨいたし、山だから山菜も採ったし、コンクリートで固められていない川を素足で遊んでいました。

皆さんの言いたいことは分かっています。
……ええ、私はお転婆だったんですよ。自然児のようだったんですよ……。だから、服や靴はすぐ汚す。でも、そのお陰で得たものも多いので、この着る物や履く物にあまりこだわらない性格になったことに後悔はありません。大ざっぱという声も…。

そしてこの季節、カエルの合唱が聞こえてきます。
私はこのカエルの歌が好き。うるさすぎると眠れなくなったりしますが


――そして昨日、やっと、キャロル・キングさんの「恋の家路」を聴くことが出来ました

つづれおりつづれおり
(2004/04/21)
キャロル・キング

商品詳細を見る

キャロル・キングさんの「恋の家路」は、カッコ良さが出ていました。ヴォンダ・シェパードさんが歌った時には物悲しさを感じましたが、それぞれに好きな感じです 作詞・作曲がキャロル・キングさんご本人ということで、その素晴らしい感性が年代を超えて愛される所以だと実感致しました。

このアルバムの中で私が聴いたことのある物も入っていたのですが、聴いた途端好きだと思った物があります。それは、「You’ve Got A Friend ~君の友だち~」という友情をうたった歌。これは直接耳にした方がいいと思いますので、あえて何も言いません! もう、大好きっ!! これは私の心にまっすぐにヒットしました

新しい曲を聴くと、インスピレーションがふつふつと沸き上がってくるような気がして、PCに向かいながら音楽を流すという日々がまた始まりそうです。物語が進むスピードは全く変わらないのですが…… でも、意欲が違うんですよ~。

情緒不安定だったから、ここ数日は書かなかったのですが、また少しずつ始めようかと思います。

書けない時に無理に書くと、私の場合、とてつもなく面白いお話になってしまいます。この間などは、翌日に笑ってしまいました。自分で創っておいて★ あれこそ、本当に人に見せられないと思いましたね……。

やること(作業)は違っても、絵を描いている時と同じなのだと改めて実感。やはり、私は私ですね。絵が描けない時には、私、書く物を持ちながら色の濃淡だけ!をつけていました。気楽に。だって、後で自己嫌悪がますばかりですからね、どうせ。それでも、やることはやってた、絵の方がマシでしょうか?