TRICK 新作スペシャル

今日は、去年放送された『TRICK 新作スペシャル』の「やむ落ち」の感想を思うままに語らせていただきます!!
何を隠そう、私は深夜時代からのTRICKファン!!
その独特の雰囲気がたまりません! なのに、発売から少し遅れて「新作スペシャル」のDVDを購入しました……。遅いですね…。遅い。 反省!


「やむ落ち」の感想のみ!ですので、まだ観ていない方、知らない方は素通りして下さいませ。中途半端でスミマセン~。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 感想。
ジャンル : その他

Murder Rooms

感想を書こう、書こうと思っていたら、突然襲う睡魔 
どうしよう、DVDが欲しい……!!

Murder Rooms


最終話(「暴かれた策略」)では、あのベル博士と衝突していたあの若造(失礼)が、熱くなっていた博士を欺いて事件の駒を進めましたよ! ふむ。敵を騙すにはまず見方から、だね、ドイル先生。うっかりベル博士の方につきそうになったよ。
でも、最初の10分を見逃した…。どうしてベル博士がいるの? 

「謎のミイラ」では、ベル博士がミイラの公開解剖(だったかな?)をするためにドイルが呼んで来たのだが、最終話は見逃した……。
「死者の声」は確か、突然訪ねて来たハズ。私はドイルが殺されるんじゃないかと思いました。
「悲劇の森」はドイルの手紙の内容が気になって来たのです。

ベル博士はドイルの良き先生でもあり、友でもあるんですね~
世代を越えた友達、いいですねー。好きだわー。まるでタンタンとハドック船長みたいで。 (「TINTIN」シリーズコミックに出てくる主人公達)

映像もとても綺麗だし、ストーリーも面白かった……。
DVDが欲しくなります。ああ、でも、TRICKのDVD買ったからヤバイんだよ~~
欲しい物のリストに追加しておきましょう。

これで夜遅くまで起きている必要もなくなったのですが、何となく淋しい…。ベル博士とドイル先生の推理をまた拝見したいです。
BBC、またシリーズ再会すればいいのに…。


タイトルの「Murder Rooms」の “Murder”とは、

    殺人事件

のコトでした……。ひえー

最近よく聴いています。 ―「アリー」サウンドトラック―

いきなり話をそらせますが………


朝から泣きそうになった


その原因は昨日で416回を迎えた藤本センセの連載。

まさか、416回目で泣きそうになるだなんて、思わなかったよっ!
うわー、凄い不意打ちです。どうしよう、どうしよう。ポール、いいやつ……。ポールに不意打ちを食ったわ。彼は凄い。
(そしてやっぱり、詳しくは話せない私…)

発売される本は、どこまで載るのだろう? このお話を、皆さんにもお届けして上げたい気持ちで一杯です。一読者ですけれど。



さて、最近はよく音楽をかけながらPCに向かっています。以前もそうでしたが、ここ最近は静かだと落ち着かないのです。かける音楽は、以前にもご紹介した「恋の家路」が入っているです。MDですけれど。

アリー・マイ・ラブ~フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ~アリー・マイ・ラブ~フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ~
(2001/06/20)
TVサントラ、ヴォンダ・シェパード 他

商品詳細を見る

ヴォンダ・シェパードさんだけでなく、「アリー」に出ていた方なども歌っていたりします。彼女のピアノの旋律も、歌声も好きなのです。この音楽を流しながら、今もPCに向かっていますが、只今、夜中です。ボリュームを小さくしました★

ピアノの前に座っている方がヴォンダさんですね。

歌声がもの凄く素敵なので、飽きることなくかけまくり。しかし、レンタルショップでサウンドトラックしかないのには困りました。探し歩けということでしょうか。この片田舎に住んでいる私に!!
(私は、自分の手で品物を入手したい困った人)

うららかさん。

朝、目が覚めてみるとカーテンを閉めていても薄暗さを感じ、少し陰鬱な気分。それでも何とか起き上がって一日をゆっくりと味わって。そうして陽が暮れてしまう日。

いつもと変わらない日が過ぎて。

それでも静かに音楽を聴いて一日のおわり、振り返ってみれば、まあ、そう悪くない日だったかな。

そう思うと、少しだけ幸せ。




―――梅の悪行がなければ、もっと……。




明日こそ出掛けてやる。ひとりでも満喫してやるんだいっ!
そしてうららかな日を過ごしたい。

そんな気分の日、春から夏にかけて聴きたくなるのが「つじあやの」さんの曲。ドライブの時にも最適です。お休みの日にもただゆったりと流しておくだけでも、のんびりとした気持ちになれます。

春蜜柑春蜜柑
(2001/04/18)
つじあやの

商品詳細を見る

花見に行けないフラストレーションでも溜まっているのか、無性に聴きたくなって、TVもそこそこにエンドレスで流し続けました。

ジブリの「猫○恩返し」の主題歌で私は始めて知ったのですが、その前にもCMなどで耳にしていました。誰の歌だか知らなかっただけで……。最近よく、つじあやのさんの歌をCMで耳にするので、それでまた無性に聴きたい衝動になったのかも?

だから、どこかできっと、1度は聴いたことがあるはず。
その歌声にはまれば、こんな穏やかな季節、彼女の歌声を聞きたくてたまらなくなるでしょう!

つづれおり

皆さん、GWです!! この言葉を聞くと、ああ、初夏が近付いてきているなぁ、と感じます。昔は母の実家に行って、大人の田んぼ作業を見ていました。おたまじゃくしがウヨウヨいたし、山だから山菜も採ったし、コンクリートで固められていない川を素足で遊んでいました。

皆さんの言いたいことは分かっています。
……ええ、私はお転婆だったんですよ。自然児のようだったんですよ……。だから、服や靴はすぐ汚す。でも、そのお陰で得たものも多いので、この着る物や履く物にあまりこだわらない性格になったことに後悔はありません。大ざっぱという声も…。

そしてこの季節、カエルの合唱が聞こえてきます。
私はこのカエルの歌が好き。うるさすぎると眠れなくなったりしますが


――そして昨日、やっと、キャロル・キングさんの「恋の家路」を聴くことが出来ました

つづれおりつづれおり
(2004/04/21)
キャロル・キング

商品詳細を見る

キャロル・キングさんの「恋の家路」は、カッコ良さが出ていました。ヴォンダ・シェパードさんが歌った時には物悲しさを感じましたが、それぞれに好きな感じです 作詞・作曲がキャロル・キングさんご本人ということで、その素晴らしい感性が年代を超えて愛される所以だと実感致しました。

このアルバムの中で私が聴いたことのある物も入っていたのですが、聴いた途端好きだと思った物があります。それは、「You’ve Got A Friend ~君の友だち~」という友情をうたった歌。これは直接耳にした方がいいと思いますので、あえて何も言いません! もう、大好きっ!! これは私の心にまっすぐにヒットしました

新しい曲を聴くと、インスピレーションがふつふつと沸き上がってくるような気がして、PCに向かいながら音楽を流すという日々がまた始まりそうです。物語が進むスピードは全く変わらないのですが…… でも、意欲が違うんですよ~。

情緒不安定だったから、ここ数日は書かなかったのですが、また少しずつ始めようかと思います。

書けない時に無理に書くと、私の場合、とてつもなく面白いお話になってしまいます。この間などは、翌日に笑ってしまいました。自分で創っておいて★ あれこそ、本当に人に見せられないと思いましたね……。

やること(作業)は違っても、絵を描いている時と同じなのだと改めて実感。やはり、私は私ですね。絵が描けない時には、私、書く物を持ちながら色の濃淡だけ!をつけていました。気楽に。だって、後で自己嫌悪がますばかりですからね、どうせ。それでも、やることはやってた、絵の方がマシでしょうか?

Father's Day ―オーロラの彼方へ―

6月の第3日曜日は「Father's Day」である。

ああ、母の日に比べれば、大分後れをとっていることからお分かりいただけるかもしれませんが、私は、父をそれ程慕ってはいません。永遠に思春期の娘の気持ちを通す気ではありませんが、どーしても、どーーしても、距離を置いてしまうのです。まあ、長い目で見て、父が死ぬ時までには間に合えばいいな、とは思います。何が起こるか、分かりませんが……。

そんなこんなで、あまり語ることもないので(あれっ)、今日は父と息子にまつわる感動的なお話を紹介したいと思います!

オーロラの彼方へオーロラの彼方へ
(2007/07/06)
デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼル 他

商品詳細を見る

オーロラがNYの空に輝いたある日、主人公は古い無線機から懐かしい父の声を耳にした。それは、30年前の父が死ぬ前日のもの。消防士だった父と、看護婦だった母と仲良く暮らしていた頃。彼は父の死を止めようと、無線で繋がった父に話しかける。
ここまではSFっぽいお話ですが、後半は一変してサスペンスになる。時間を超えて、ふたりはある殺人犯を追うのです。それは、ふたりにとっての大切な人を救うため。

ひとつの出来事が終わったと安心していたら、突然手に汗握るようなストーリーになります。ドキドキ感や、ハラハラ感、ホロリと涙してしまうようなお話が詰め込まれたのが、「オーロラの彼方へ」なのです。


このお話は、ひとりで観てはいけない。
信頼できる誰かと共に観て下さい。


…………なんてことは、いいません。


が、是非、じっくりとご覧になっていただきたいお話だと思います。
次第に深まっていく父子の絆。そして、最後の交信。
この親子の絆は切れることはないんだろうな、と思わせてくれました。





私が不在の間にも訪れて下さった皆様、ありがとうございます。
忙しいと言いながら、栄養補給に余念がありませんでした。……つまり、漫画ばっかり読みふけっていたのです……。すみません。いずれ、ここに来て下さった皆様にありがとうの気持ちをお届けできれば、と思います。


ELIZABETHTOWN

カラリと晴れた良いお天気。青い空と、暖かい陽光。

ああ…、仕事なんか放って、このままどこかに行って寝たいな……。

そんな1日でございました。
どうしようもない発言で、ゴメンナサイ。でも、車に乗ってたら、どっかに行きたくなるでしょう!? しかも、それが人の運転する車なら、尚更。人に任せて、私は景色を楽しんだり、寝たりするのです。ああ、素敵っ!! だって、私、運転できないんだもんっ!

わーっはっはっは。驚きました? 周りの友人達は次々と免許を取っている中、ひとりだけ取ってません。まあ、不便を感じないから良いかな、と。排気ガスをいっぱい出してる鉄の塊。それを運転する側に回るには、今の私の性格じゃあ、無理だと思うのです。自転車だって、よそ見したり、ぼうっとしたりしていてヒヤリとすることがありますからね。もう少ししっかりした性格になって(無理かも…)、地球に優しい自動車が安く手にはいるようになったら、考えます。

こう見えて頑固なんですよー、私
父や母が呆れる程の頑固な性格しているのですよ。……普段は、優柔不断なんですけれどね。




――さて、そんな私が、自動車でひとり度をしたいな、と思わせた映画があります。オーランド・ブルーム主演、 「ELIZABETHTOWN」でございますよ~
(ああ、何人かニヤリと笑った気配がしますが、違います!! ……と、一応、否定しておきます。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディションエリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション
(2006/11/02)
オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト 他

商品詳細を見る

今回、あらすじは控えさせて下さいませ。話がうまくまとめられそうもないのです。ポイントは……主人公ドリューの大失敗、父の死、前向きで明るい客室乗務員クレアとの出会い、ひとり旅。
始めから最後まで、上手にお話が出来ているのです。どれかを外して説明できる程器用ではないので、お許し下さいね。ゆっくりと進むので、つまらない、と思う人もいるかとは思いますが、後からじんわりと染み込んでくる、そういう類の作品だと思って最後まで観て下さい。

クレアの用意した地図と音楽で、自分を見つめるひとり旅をするのですが、その前のクレアの言葉もいい。是非、彼女の言動に励まされて下さい。そうしたら、あなたもきっとひとり旅をしたくなってくる、か も…!?

所々に笑えるシーンも入っていて、なかなか個性的な人物達が主人公の前に次々と現れるのですが、それが日常的なことのように思えるのは、どうしてでしょうね(笑)? 中でも、ドリューのお母さんが群を抜いていると思います。是非ぜひ、お確かめ下さい☆

AUDIO OUT

以前からよく聴いていたのですが、数年経った今でも、よく聴きます(笑)。

オーディオ・アウト(期間限定)オーディオ・アウト(期間限定)
(2004/02/11)
アミエル

商品詳細を見る

CDのジャケットにも、惹かれませんか!?
1度チラリと見たら、なかなか忘れられないと思うのです。美人さんですね。
心地の良い澄んだ歌声と、歌詞がミスマッチしていますが、そこも良いのですよ! このCDの中に入っている「Lovesong」が有名です。私も、大好き。後、「Tonight」が好きなのです。題の通り、夜に聴くのも良いですが、昼夜問わず聴けるものだと思います。リズミカルな曲なので、夜に限定はしていません。落ち込んだ時にかけると良いです。


“心を引き裂くささいなことがごまかせなくなって”
“ずいぶん長いことになるんでしょ”



たとえば、上記のような気分の時など、お薦め致します

ようこそ、我が家へ!(2) ―「アリー」サウンドトラック―

部屋の掃除をすると、落ち着く~

八兵衛(私のPC)も綺麗に拭き掃除をしてみました。……想像以上に雑巾が真っ黒(笑)。どれだけ放置していたのだろうと、八兵衛が可哀相になりました。ゴメンナサイ。でも、八兵衛が私の家にやって来たのは、もう8年も前になるので、多少汚れていてもしょうがないというような気もなきにしもあらず……。どうでもいいけれど、よく頑張ってるよね、うちの八兵衛。色々大変な目に会ってるのにさ。

でも、いくら掃除しても、これから犬の毛が舞うのかと考えると、ちょっと口元が引きつりますね。ふふふ…。




さて、今日は昨日の続きをしたいと思います。
昨日は本の紹介だったのですが、今日はCDです。洋楽です。
私の聞く音楽はほとんど洋楽が多いですが、邦楽も聞いています。それがなかなか表に出ないだけで……ね。うん。ちゃんと聞いてるもん。今日は洋楽だけど。

さて、本と一緒に買ったCDはこちら……

アリー・myラブ サウンドトラック featuring ヴォンダ・シェパード アリー・myラブ サウンドトラック featuring ヴォンダ・シェパード
TVサントラ、ボンダ・シェパード 他 (1999/08/21)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

見て分かる通り(?)、海外ドラマ「Ally McBeal」のサウンドトラックです。ジャケットの女性が主人公・アリー役のキャリスタ・フロックハート で、後には、ドラマ中で流れるほとんどの曲(主題歌を含む)を歌っているヴォンダ・シェパードが写っています。

ドラマの方も大好きでよく見ていました。再放送をね……。や、だから、ひねくれ者だった私は放送を見逃していたのですよ。くうっ。
その内DVDも欲しいな、と思ってはいますが、こちらのドラマとは違い、放送回数が限られていないので、とっっても長い! 故に、DVDの数もハンパじゃないのですよ。だから、未だに買えていないのです。ま、ゆっくり揃えていこうっと。

んで、このサントラ全14曲全てを歌っているのはヴォンダさんですが、私は、彼女の歌声が大好きです また始まったよ、この人は……と、私を良く知る人は思うかもしれませんね。日本での知名度が「アリー」の主題歌を歌っていた人、程度にしか知られていなくても、私は彼女が好きなのよ~~!!

でも、今回購入したこのサントラ、逆輸入版らしく、日本語訳の歌詞がついてないのよー。へっへっへ。英語の成績が悪かった私に訳せということかしらねぇ。しかも、文字が小さいのよ。見えにくいったらないですよ。おばあちゃんみたいな発言かもしれないですが、ホントに小さくて見にくいんですっ!! うわー、英語を使えない人に優しくなーい

ということで、ここ数週間はずっとこのサントラをかけながら過ごしていると思います。今のお気に入りは、やはり、ドラマの主題歌になっていた「Searchin' My Soul」でしょうか。



えっと、何故か今日は、犬2頭が私の部屋にいて、思い思いの場所で寝ています。
……一体、どーいった心境なのでしょうか……。


Carpenters

下記の記事で地震のお話をしたら、新潟で地震が起きましたね……。
こちらではあまり震動は感じられませんでしたが、能登にいる私の祖母の方では揺れたそうです。新潟・長野の方に、心から声援を送りたいと思います。

余談ですが、私はその時、朝食を食べ終えたところかな。遅いですね、ハイ。


――閑話休題。


さて、今日は、ここ最近ずっと飽きることなく聴いている音楽のご紹介です。
ずっと心に残っていく音楽を作り出した、「Carpenters」!!

今流しているものは、このCD

ゴールド ゴールド
カーペンターズ (2003/11/21)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


カーペンターズの曲は、ドラマの主題歌やCMなのでよく使われていたりしますよね。カーペンターズは、リチャードとカレンのカーペンター兄妹が結成。ボーカルのカレンが摂食障害に起因する心臓発作で亡くなるまで、数々の名曲を送り出しました。日本人の耳に心地よい洋楽。それが、カーペンターズの音楽ですね。

今日、紹介しているCDは、数ある曲の中でも誰もが耳にしたことのある曲が詰まったものです。「Yesterday Once More」や「Top Of The World」などが入っています。その中で私の好きな曲は、「雨の日と月曜日は」、「青春の輝き」、「遥かなる影」かな。本当に日本でも有名な曲ばかりが入っているので、どれが1番とは選びにくいです~。このCDには、21曲が入っていますので、聴き応えはバッチリです!!

是非、手に取ってみて下さい

メールフォーム

返信不要の場合はひと言添えて下さいませ。  基本的には入力したアドレス(携帯でも可)に返信させていただきます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter
キリのいい数字が出たらお知らせください♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

和ぎ(なぎ)

Author:和ぎ(なぎ)
7月30日生まれ。
北陸在住の藤本ひとみ中毒者。
性格: 小心者、忘れっぽい、
     面倒臭がり屋、マイペース

★ 初めましての方は「紹介」をご覧下さいませ。
気軽にコメント or 拍手をいただけると喜びます。もちろんメールも可。

↓↓ HP    

_

  ブログ(分家) ↑↑

カテゴリー
最近の記事
コメント
トラックバック
リンク
待ってます!