空模様

思いついたままをぽつぽつ綴ります。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

HP 4周年記念創作 ~和矢~

夜から、強風。さすがに2階にいると揺れが伝わって来て、ぼんやり眼が覚めましたが……私の睡眠欲はそれくらいでは止まりません。「あ~…小梅さんが恐がってるだろうなぁ。行った方がいいかな……(ま、いっか)……Zzz」という感じでした。大体、睡眠欲に打ち勝てずに眠ってしまいます。

私の住んでいる地域では、傘を差してはいけないんです。
県内には、「弁当忘れても傘忘れるな」(雨・雪の日が続くし、突然降り始めるので)という言葉があり、この時期の天気予報をあまり鵜呑みにしていると濡れます。降水確率30%だって降るよ! そんな県内でも、小学校では傘を差しての登下校は禁止されているところがあるのです。何故か……それは、日本海の風吹きすさぶこの地において、それは特に危険だとされているからデス。

遮るものが何にもない平野部の田園地区は、海からはそれなりに離れているにもかかわらず、山からも適度に離れているにもかかわらず、かなりの強風が我々を襲うのです。傘? あんた、カサなんか差してたって何に役に立つっていうんだ? 危ないだけじゃないか。ほれ、カッパ着ろ! てな感じで、私はずっとカッパを着て登下校していました。傘を差して行ったら、怒られます。勿論、登下校以外の時は傘を差していましたが、何せ強風地域。骨が折れるし、傘全体が裏返るので、傘の役目って何だと思ってるんだ!? と、思わざるを得ないことになります。まあ、そんな天気の日にはどこにも出掛けないのが当たり前になってましたけど。

そんな感じで、私の頭の中には傘は強風の時はキケンだとインプットされているのですが、一歩外を出ると、県内でも傘の差し方がなってない人がいたり(傘に負担がかかって、折れたり裏返る)、差しても意味がないのに頑固にも差そうとしている人がいたりして、プチカルチャーショックです。ちなみに、この時期は横風が酷いので、傘は横(斜め上)を向けていた方がいいのです。雨だって横(斜め上)から降って来るんだし。そして、傘の柄の上の方を持つことも大事です。



――さて、この辺でこんな強風話は置いておいて、さっそく和矢編をUPしていきたいと思います。

公式カップルということで、二次創作界においても和マリは少なく、私の創るお話でも和矢が可哀相なことになっている方が多いですが(苦笑)、今回は、幸せです!! このお話を書いている間は、和矢の幸せのみを追求していました。シャルルを含む他のライバル達のことなんてこれっぽっちも気にせず、ふたりの時間を楽しめばいいじゃない! そんなお話です。創っていて、なかなか楽しかったです。熱い男・オレガキ和矢は、シャルルにはないものがありますからね。

では、和矢編を読んでみたいと思われる方は、続きをクリックです!



№48

 ――朝。暗闇一色だった世界に、明かりが灯る。
 オレは彼女の無意識で起こされる。
 彼女が眠っている間に行う“様々な言動”によって眼が覚めるのだ。
 たとえば……今日は、ナイトテーブルに置いてあった本をバサバサと大きな音をたてて床に落とされた。もちろん、オレの彼女はこんなことでは簡単に眼を覚ましてはくれない。
 何事かと思ったけれど、本が落ちただけだと確認すると、オレは再び枕に突っ伏した。
 決して寝起きが悪い訳ではないが、朝からなんとも力が抜ける出来事であることは確かだろう。見よ、このオレと彼女の較差。あんまり大きな音だったから慌てて飛び起きたのに、本が落ちただけだったもんな。ああ、オレも彼女のように鈍感だったらよかった。
 でも、まあ、仕様がないか。
 クスリと笑みがもれる。
 それが、彼女だ。
 これがまた可愛いと思えるのだから、どうしようもない。
 でも、彼女が起きたら怒ったふりをしておこう。その方が、おもしろいから。
 眼鏡を外した彼女の本当の素顔が、薄い朝日の中に浮かんでいる。こんな姿を無防備に見せてくれるのは、オレが彼女の恋人だからだと思うと、胸が震える。
 やわらかそうな頬をぷにっと指で押してみる。
 何の反応もないのに、たったそれだけで幸せな気持ちになれるのは、彼女が幸せそのものだからじゃないかと、最近思う。
 だから、皆、彼女に惹かれるのだろう。
 だから、皆、彼女の笑顔を求めるのだろう。
 ――オレは、幸せ者だ。
 彼女を独り占めすることが出来る。
 やわらかな朝日が差し込む部屋で、オレはそっと幸せを抱きしめた。
 幾度となく抱きしめた彼女の感覚が、体中から伝わってくる。
 やわらかくてあたたかなその感覚を、今度はギュッと胸の中に閉じ込めた。
 彼女は眠っていたけれど、喜びが少しでも伝わればいいと思った。夢の中にさえ分け入って、この気持ちが届けばいい。
 そうして眼が覚めてはじめて見るのがオレだということに、笑みで答えて欲しい。そうしたら、キスを贈ろう。この幸せが続くように。
 オレはそっと彼女の睫毛に触れ、そのまま半円を描いて、睫毛をなぞった。
 早くこのベールを上げて、オレだけを見、微笑んで欲しい。そう思った。





BGM: 松任谷由実/輪舞曲

私は、マリナのことをからかってばかりいる和矢が好きです。
ですので、そんな和マリなら創作者が増えればいいと思います。そこに我儘っ子のシャルルが混じれば、忍び笑いしながら覗くこと確実です。この3人の組み合わせも大好き。いつか、自分でも書ければいいと思っています。


スポンサーサイト
【 2012/12/06 】 【物語】 | TB(0) | CM(2)
和ぎさま☆

四周年 おめでとうございます(#^_^#)
そして、創作アップ ありがとうございます(^人^)

いつもはシャルマリ派ですが、こんな風な和マリも楽しいですねー♡♡♡
がっつり堪能させていただいてます(〃▽〃)

次は誰が来るのか、今から楽しみです♪♪♪

*******
強風の意見に…( ´艸`)≡3ブッ
同感です(笑)
私も冬場の傘は16骨タイプ愛用。 
北陸の強風は手強い! 横殴りが通常パターン
相手するには、オシャレより実用性!! ですよねー

あと、
オシャレなロングブーツよりも
オシャレな長靴の方が (・ω・)b(笑)テッパンデスヨネ

【 2012/12/08 】 編集
makoさんへ

> 四周年 おめでとうございます(#^_^#)

ありがとうございます~~♪
バタバタしたことがもう4年も前だとは……信じられません。ついこの間のことのように思い出すことが出来るのに。時の流れって、恐ろしいわっ!


> いつもはシャルマリ派ですが、こんな風な和マリも楽しいですねー♡♡♡

ふふ。そう言って楽しんでもらえるとうれしいです~~♪♪
私も基本的にシャルマリなのですが、マリナも大好きなので、色んな方とカップリングさせて楽しんでしまうのです。ただ、和矢が相手だと、王道過ぎるので、どうしてもどこかに笑える個所を入れないと気が済まないんですけれど★


> 強風の意見に…( ´艸`)≡3ブッ
> 同感です(笑)

きっとああいう方達は県外からいらした方なんだわ! 分かってないわねっ!!
と、若干、上から目線で(笑)見てしまいます。
私の愛用していた16本骨傘が以前盗まれてしまいまして、あの時、あの場所に傘を置いておいた自分を、心底悔やんでいます。くそう、あったまくるぜ!!! ビニール傘じゃないんだぜ、私の傘はよぉ! ちっ! ううっ、お気に入りだったのに………(涙)。勝手に傘を持ち去るヤツ、許すまじ!!!

オシャレより実用性が勝ってしまうのは仕様がないですヨネ☆ 今は割と両方兼ね備えてるものもあると思いますが、でもそれはオシャレ優先なワケで……。結局、実用性のある可愛くもオシャレでもないものが勝つんですよねぇ。身についてしまっている感覚・価値観はどーしようもないです☆★☆ だって、日本海の荒波吹きすさぶ雪国育ちだもん☆ 健康損ねるよりマシです。

【 2013/01/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL